« ドライビング・グラス | トップページ | ハイ・マウント・ストップ・ランプ2 »

ハイ・マウント・ストップ・ランプ

ムーブに心は動いたか?でも少し触れたが、平然とハイ・マウント・ストップ・ランプの装備をしていないクルマがあるのはなぜだろう?

保安基準に無いからというのが一番の理由だろう。
しかしハイ・マウント・ストップ・ランプの効用を考えた場合、基本的に全車に装備されなければ意味の無いものであるように思う。

人間は、瞬間の判断を要求されるときには決まったパターンの中から行動を選択する。
車の運転で言えば、前の車がブレーキを踏んだという判断はどうするだろう?
やはりブレーキ・ランプの赤色灯がついたかどうかで判断するしかなかろう。

このとき灯火の色が白色だったら?
当然赤が点灯するものだと思っている頭には、瞬間に判断することは出来ない。
ちょっと間を置いてから、やっと理解できる。
その頃には追突だ。
クリア・テールがだめだというのはここから来ている。
平気でつけてる連中には、上の理屈は難しくて理解できないかもしれないが。

これで言うとハイ・マウント・ストップ・ランプの装着がばらばらな現在は、これを制動灯として判断出来ないので、せっかく視認性に優れた装備も効果半減だ。

各メーカーとも、廉価なモデルの更に低いグレードのものには装備されないケースが多い。
かく言う私のネイキッドも、標準では装備されていなかった為に、後付けで追加してもらったのだ。

これを付け分けることによって、どれだけコストが削れるというのか。
むしろ付け分けの手間が発生するのではなかろうか?

便利装備よりも重要な部品が削られるなんて、メーカーの良識を疑う。

|

« ドライビング・グラス | トップページ | ハイ・マウント・ストップ・ランプ2 »

コメント

ハイマウントストップランプは、現在は法改正されて定員10人未満のクルマは装着義務があります。ただし2006年までは猶予期間となっており、継続生産車は義務でないです。

投稿: 詩神 | 2005/01/26 15:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/2698915

この記事へのトラックバック一覧です: ハイ・マウント・ストップ・ランプ:

« ドライビング・グラス | トップページ | ハイ・マウント・ストップ・ランプ2 »