« ハヤシライス | トップページ | まだテストしなきゃいけないの? »

日本は自動車発展途上国?

ご存知のように、日本では右ハンドル車でも左ハンドル車でも走ることが出来る。

ところが、多くの国では右側通行は左ハンドル・左側通行は右ハンドルのクルマしか登録できないことになっている。
私が行った数少ない諸外国でも、たとえばフィリッピンは左ハンドル車オンリーで、日本から輸入されたと思われる中古車も、改造されて無理やり左ハンドルになっていた。
シャーシーベースのバスやトラックはいざ知らず、モノコックの乗用車までもだ。
中身がどうなってるのか確かめてみたかったが、ついにその機会には恵まれなかった。
私の知る限り右左ハンドルがぐちゃぐちゃなのは、日本製の中古車が大量に入っているロシアくらいのものだと思う。

なぜ日本だけが、右・左共存の変な状態になってしまったのか?

自動車創世記はどちらともつかなかったハンドル位置は、右側通行の国においても右ハンドルが主流だった。
それは自動車が貴族の趣味であったころ、主人はすぐに歩道側に降りられるように。
対向車線側は本来の意味の助手席であったからだ。

右側通行=左ハンドルを定着させたのは、T型フォードだと言われる。
左ハンドルになった理由は諸説あるが、右側通行の国で運転することに対して合理的だったからではなかろうか。
それが証拠に、T型フォードは左側通行の国(主にイギリス)のために右ハンドルモデルを用意していた。

日本に入ってきたT型フォードは、最初は米国製左ハンドル車であっただろう。
1925年から、フォード横浜工場にてT型フォードがCKD生産されるが、程なくT型フォードが生産終了。
これが左右どちらのハンドルなのかは、不明であるが、続いて生産されたA型は、右ハンドルモデルである。
GMもほぼ同時期にシボレーのCKD生産はじめるが、これも右ハンドルである。

このまま時代が進めば、日本で見る左ハンドル車は皆無か、皆無に近い状態だったのではないだろうか。
国内で生産されるものは海外資本、国内資本含めてすべて右ハンドルになっていたわけだから。

しかし、時代は第2次世界大戦を向かえ、やがて終戦。
日本の自動車はほとんど消滅し、それに代わって入ってきたのは大量の駐留米軍の左ハンドル車。
それらは米軍が日本から引き揚げた後もほとんどが日本に残され、それが大量に市場に出回る。
たぶんこの辺から、左・右ハンドル車の混生が始まるのではないだろうか?

金持ちはクルマを求め、高いが信頼性のある外車に飛びつく。
正規ディーラーがあればよいが、ほとんどは海外で買い付けた個人輸入業者で、当然現地仕様のまま左ハンドル。
それが高度経済成長で止まらなくなり、左ハンドル車の台数がどんどん増える。
台数がさばければ正規輸入も始まるだろうが、左ハンドルのまま売れるなら、(たとえ英国向け右ハンドル仕様があったとしても)無理して右ハンドルモデルを投入する必要はない。
よって左ハンドルは更に増えるという理屈。

外車=左ハンドルの固定概念のため、右ハンドルがオリジナルの英国車でまで、左ハンドルをありがたがるバカが出てくる。

それがそのままでいまだにズルズルと左右どちらのハンドルも認められているのではないだろうか?

まあ、右ハンドル車だけに制限すると「輸入障壁だ」と騒ぐ奴もいるかもしれないのでこの事態が変わる事はないだろうが、気持ちとしてはもうそろそろ右ハンドル車のみに統一しても良い頃なのではないだろうか。

|

« ハヤシライス | トップページ | まだテストしなきゃいけないの? »

コメント

確か、BMWとか、ベンツとか、右、左選べるモデルが未だに存在するんではなかったでしたっけ。

僕は、日本のような左側通行は、不利だと思います。右ハンドルはホイールハウスの出っ張りと、アクセルペダルが干渉するため、と聞いた覚えがあります。

Primera

投稿: Primera | 2005/02/15 00:10

毎度コメントありがとうございます。

右左混生販売ですが、客が求めて法的にも問題なければディーラーは売り続けるでしょうね。
本国から「日本は変な国だなぁ‥」と永遠に特殊市場扱いされるだけでしょうが。

右ハンドル車は、フロント・ホイール・ハウスの関係でペダル位置を後ろに下げざるを得ず、適切なシート・ポジションをとった場合にシートが後ろに下がってしまうという弱点を持っています。
NSXもそのためにホイールベースが長くなってしまっているとか。

ただこれは、スポーツ・カーのような限界設計をする場合の話であり、現在はロング・ホイールベースの設計が主流になっているのであまり弱点にはならないようにも思います。

また横置きFF車の場合、右側にエンジン、左側にトランスミッションがあるため、ステアリング・ギア・ボックスやペダル関係の配置レイアウトが苦しいのは確かですが、これも軽自動車などを見ている限り工夫で何とかなる範囲に思います。

以前書いたマニュアル・トランスミッション車のシフト・パターンは、もうどうしようもないですね。

右ハンドルの不利は、メカ的なものは充分カバーできる範囲と私は捉えています。

投稿: くるまこのみ | 2005/02/16 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本は自動車発展途上国?:

« ハヤシライス | トップページ | まだテストしなきゃいけないの? »