« ソナタ×2 | トップページ | 水玉模様の脅威 »

HYUNDAI

現代自動車は、1967年に設立された。
光岡を除けば、日本のどの自動車メーカーよりも新しいことになる。

韓国の本格的自動車産業としては、歴史的にはセナラ自動車、新進自動車(後にGMK→セハン自動車→大宇)、亜細亜自動車(後の起亜→現代に合併)に続く3番目の、そして規模は最大の自動車会社だ。

フォードのノックダウンからスタートし、三菱自動車からエンジンを買い(後に総合的な技術提携に)、イタルデザイン設計のモデルを柱に海外に進出する。
それが1976年。
1983年より北米市場への進出。
1985年より現地法人を立ち上げ、北米市場への本格的な進出を行う。

ところでHYUNDAIと表記すると、北米では「ヒュンデ」よりは「ヒョンデ」と発音する人が多いそうだ。
これは、HONDAの「ホンダ」に似ており、実際に勘違いする人もいたのだそうな。

HONGDA以外にも敵がいたんですね‥。

|

« ソナタ×2 | トップページ | 水玉模様の脅威 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/5121992

この記事へのトラックバック一覧です: HYUNDAI:

« ソナタ×2 | トップページ | 水玉模様の脅威 »