« カルフール2 | トップページ | 携帯洗濯 »

手段のために目的を選ばず

旋回時のヨー・モーメント(回転方向のモーメント)をコントロールする技術について。

前回の話題は日産のアクティブ・リヤ・ステアであったが、ホンダのSH-AWDの話。

SH-AWDは、COTYの特別賞(MOST ADVANCED TECHNOLOGY)やRJCテクノロジー・オブ・ザ・イヤーを受賞したりしている、技術者的には興味の持てる技術ではある。

しかし、そもそもコストのかかりすぎる4輪操舵(4WS)に対すして、ABSとエンジン出力制御技術の組み合わせで、ソフトウェアの制御だけで実現できる駆動力制御によるヨー・コントロールをコストをかけずに実現したのに、それに4WS以上とも思える手間とコストをかけて駆動力を制御し、ヨー・コントロールを実現するところがいかにもホンダらしいところといえばホンダらしいところ。

CVCCのように飛びぬけた技術で目標を達成しながら、いつのまにか平凡な技術になってゆく。
それがホンダの真骨頂だろう。

|

« カルフール2 | トップページ | 携帯洗濯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手段のために目的を選ばず:

« カルフール2 | トップページ | 携帯洗濯 »