« ティザー・キャンペーン2 | トップページ | エボリューション・ワゴンの懐具合 »

Daytime Running Lights 2

Daytime Running Lightsでも書いたが、最近装着車が増えてきている。

わずかな燃料代の節約を名目にわざわざ高い金を払うのはどうかと思う。
そんなことを気にするのなら、駐車時や停車時のアイドリング・ストップを励行する程度で十分ペイできると思うのだが(特にタクシー!)。

ヘッドライトではなぜいけないのか?
光量300cd以下なら、車幅灯と同じ光量。
なら、車幅灯ではだめなのか?
目的を達するためなら、わざわざ別にデイライトを装着しなくてもことは足りるのである。

結局、ファッションでしかないのではないかというのが私の見解。
それは、夜点けてるやつが多いから。
目的が昼間灯なら、夜に点ける必要は無いのである。

前照灯と独立したスイッチさえ持っていれば、保安基準上の「その他灯火類」扱いになり、夜間に点けても問題ないという見解なのだそうだ。
赤以外なら、色も問題なし(だから青もOK)。
連動していると、前照灯の扱いになり、問題が生じる場合がある(総光量)。
法律の解釈はともかく、私は結果のほうが問題だと思うのだが。

それでもわずかでも視認性の向上に寄与しているのなら良しとしておきたいが、なんだかすっきりしない。
消費電力うんぬんを言うのなら、2輪車にこそLEDのDRLを採用すべきだろう。

点けるのならヘッドランプです。
私は後付DRLは着けませんとだけ宣言しておこう。

|

« ティザー・キャンペーン2 | トップページ | エボリューション・ワゴンの懐具合 »

コメント

おっしゃるように、多分にファッションだと思います。やはり白昼の視認性を高めるためには、輝度が絶対的に不足していると思います。

それなら、みんなが、薄暮時に早め点灯してくれたほうが助かります。

Primera

投稿: Primera | 2005/09/08 00:43

クルマにとっての灯火と言うのは、共通の言語のようなものだとおもいます。

それを違う色にしたり勝手に追加するということは、観光地で外国人が現地語を話すようなもので、意味不明になってしまうというのに気がつかないのかと。
目立つけど、周りから引いて見られているのを注目されていると感じている幸せな人たちなのかもしれません。

投稿: くるまこのみ | 2005/09/09 23:47

初めまして、いつも拝読しております。
ファッションで買うようなアホは夕暮れの視認性の悪いときでも見えてるやんって点けない可能性もあるので点けっぱなしにしていただいた方が安全かもしれませんぜ。

投稿: hjm | 2006/06/15 14:25

ごもっとも。

投稿: くるまこのみ | 2006/06/16 08:05

私も「ヘッドライトでいいではないか」派ですが、ただスピードメーターやカーナビの輝度が夜モードになってしまうのが困ります。

投稿: 転身転身 | 2006/09/17 18:42

コメントありがとうございます。

前照灯信号に連動しているカーナビや、インパネ類は確かに問題ですね。
でもうちのクルマの場合は、自発光式メーターでもないし、ナビも外部照度と時間のハイブリッドで照度が切り替わるタイプだったので不便を感じたことはありませんでした(^_^;

投稿: くるまこのみ | 2006/09/17 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Daytime Running Lights 2:

« ティザー・キャンペーン2 | トップページ | エボリューション・ワゴンの懐具合 »