« エボリューション・ワゴンの懐具合 | トップページ | スズキスイフト »

軽だけど軽くない

スズキの新型エブリィワゴンが発表された。
ちょっと前には、ダイハツアトレーワゴンが発表されている。

どちらも4輪駆動モデルは1tを超える。
ホンダバモスも1t超えるモデルがある。
スバルのサンバーディアスにもだ。

確か最初に1tを超えた軽は、ホンダZだったように記憶しているが、リンク先のスペックを見ると違うようだ。

自家用乗用自動車には、自動車重量税が課せられる。
500kg刻みで設定されているが、軽自動車は重量にかかわらず一律だ。

つまり、乗用車は1tを超える超えないで年間6300円も税金が違うのに、軽は1t超えても年間4300円のままだ。

闇雲に取られる税金に賛成するわけではないが、1t超える軽くない軽が存在するのは、この重量税の枠取りにも一因があるのではないだろうか。

税金はともかく、1tを超えて「軽」を名乗るのは気が引けないのだろうか?

|

« エボリューション・ワゴンの懐具合 | トップページ | スズキスイフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽だけど軽くない:

« エボリューション・ワゴンの懐具合 | トップページ | スズキスイフト »