« やる気があるのか? | トップページ | 東京モーターショー2005_2 »

東京モーターショー2005_1

東京モーターショーが開催される。
今年は隔年開催に戻っての1回目。

各社からコンセプト・モデルが事前に発表されているが、少しずつコメントを。

まずは日産。
コックピットが回転するPIVOばかり話題になっているが、採りあげるのはブルーバード・シルフィー・プレビュー

現在のシルフィーは海外に行くと日産セントラで、正確にはサニーの後継車にあたる。
今度のシルフィーは、北米でティーダ系を展開するという情報もあるので、国内専売(あるいは東南アジア限定?)となるのだろう。

内装の写真をどこで撮ったのか判らないが、いろいろ車が写っている。
細かいところが違うが、ティーダの流れを汲むインテリアは、写真を見る限り明るすぎる印象だ。
ショー・モデルだけかもしれないが、市販するときはもう少し落ち着いた色の方が良いのではないだろうか。
気をつけないと、現行カローラのように写真は良くても実車ではプラスチック的な安っぽさが目に付いてしまいかねない。

あと心配なのは、ロング・ホイール・ベースで後席足元は確保されているのかもしれないが、寝かせたCピラーでヘッド・ルームが確保されているかだ。
ティアナでも同じ処理をしているので、その辺のお手並み拝見と行きたい。

|

« やる気があるのか? | トップページ | 東京モーターショー2005_2 »

コメント

>現在のシルフィーは海外に行くと日産セントラで、正確にはサニーの後継車にあたる。

北米とかアジアではセントラみたいですけど、欧州版は「アルメーラ」になりますね。
http://www.nissan.ru/models/almera/(例:ルーマニア日産)
中米もアルメーラで売ってるようです。
シルフィ/セントラもモデルチェンジするとなると、アルメーラもそろそろでしょうか。

# "TSURU" はどうする、というツッコミはなしの方向で(笑)。
http://www.nissantsuru.com.mx/

>ティアナでも同じ処理をしているので、その辺のお手並み拝見と行きたい。

何となく「ミニ」ティアナの匂いがします>新型シルフィ。
日産のディーラーさんで聞いた話では、シルフィは地方の中高年のユーザーに人気の密かな重要車種だそうです。
現行車は極めて平凡ながら真っ当な造りが美点だと思っています。
それに加えて最近の日産の良さが出せれば、ティーダのような意外なヒットになるような気もします。

投稿: nan | 2005/10/14 01:44

コメントありがとうございます。

メキシコのTSURU拝見しました。
懐かしいモデルですね (^_^;

かつてメキシコ製ADバンが輸入されていたこともあると聞きますが、サニー系の生産が盛ん(?)なんですかね。

ちなみにトヨタにも、南アフリカ共和国製のTAZZというモデルがあります。
http://www.toyota.co.za/models/viewrange.aspx?id=4

投稿: くるまこのみ | 2005/10/17 09:53

> ちなみにトヨタにも、南アフリカ共和国製のTAZZというモデルがあります。

ありがとうございます。早速拝見致しました。
Tazzもアレですが、Carriってのもあるんですね。
フランス系メーカーの現地工場が本国ではとっくの昔に生産中止してしまった車に独自の手直しを加えて作り続けているという例がよくありますが、日本の兄弟達も負けてないようですね。がんばれ!!
#って、ナニを(^_^;)。

ところで、スバル・ジャスティが「現役」なのはご存じですか?
http://www.subaru.it/modelli_new/justyg3x/index.asp?z=intro

投稿: nan | 2005/10/20 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショー2005_1:

» 東京モーターショー [Inside of のりっく]
モーターショーに行ってきた。当日はちょっと行動開始が遅かったんで2時半頃から入っ [続きを読む]

受信: 2005/11/01 00:54

» 東京モーターショウ動画(日産編) [日々備忘録]
日産ブースの、と言うよりも今回のモーターショウ自体の目玉、GT-Rプロト。 全面 [続きを読む]

受信: 2005/11/11 01:24

» がんばっている日産 [Authentic=ホンモノ?]
一時期「がんばれ日産」という言葉がよく聞かれました。借金が増えてどうなるんだ?という頃の言葉ですね。結局はルノーの資本投入により生き延びた感じでしたが、ゴーン氏の登場以後は目覚しい回復振りです。 今回の東京モーターショーでも日産は頑張っていました。一番楽しいブースだったと思います。 ここでたまたまお話した方が日産本社のこの展示の責任者の方でした。全くの偶然でビックリしました。こちらの質問に答えていただいた後、逆にブースの印象について訊かれたので、正直に感想を伝えました。 そもそも今... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 11:30

« やる気があるのか? | トップページ | 東京モーターショー2005_2 »