« 私信 | トップページ | マグネット・カップリング »

アルキメデス・ポンプ

アルキメデス・ポンプは、ギリシャの哲学者アルキメデスの考案したと言われるポンプ。

らせん状に組み合わせた樋を斜めにして、回転させることによって水を汲み上げるポンプだ。

なんでこんな話になるかと言うと、身近なところでこれを見つけたからだ。
それは、湯沸かしポットだ。
引っ越しを期に以前使っていた湯沸かしポットを引っ張り出して使ってみたが、お湯が出てこないので、一か八かで分解してみた。
モーターが空回りしているようだったので、モーターを探したのだか、ここでアルキメデス・ポンプを見つけた。

ボンプは残湯量を見るガラス管下に配置していた。
以前から真空式ポンプではないだろうと思ってはいたが、蓋を開けてみてなるほどと納得した。
これなら操作ボタンを離した瞬間にお湯は自重で下に落ちるので安全だ。

肝心のポットだが、もう一つ驚いた仕組みがあったが、これは次の機会に。

|

« 私信 | トップページ | マグネット・カップリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/7081063

この記事へのトラックバック一覧です: アルキメデス・ポンプ:

« 私信 | トップページ | マグネット・カップリング »