« コメントをいただいた方々へ | トップページ | 大型トラックと大径ハンドル »

刈られない稲と水不足

自宅から離れて愛知県で仕事をはじめてそろそろ一ヶ月になる。
通勤も、健康のため?自転車だ。

自転車で走ると、周りの風景も目にとまる。
そんな通勤途中、田んぼの真中の道路を走る。
とはいっても、畦道ではなく立派な県道だ。

不思議なことにこの田んぼ、いまだに稲が刈られていないところがちらほらあるの
だ。
稲穂は垂れているものの、たわわに実っているというイメージからは程遠い痩せた稲
だ。

思うにこれらは、土地税対策の為の水田なのではなかろうか?

一方で愛知県は、慢性的な水不足に悩む県でもある。
毎年夏には取水制限がかかる。

水は、人はもちろんだが、農作物‥とりわけ稲‥も消費する。
そして、その稲が刈られていない。

刈られない稲のための水は必要だったのだろうか?

一部の農家の税金逃れのために、貴重な水が消費されている。
もっとも、愛知県に限ったことではないだろうが‥。

|

« コメントをいただいた方々へ | トップページ | 大型トラックと大径ハンドル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/7525626

この記事へのトラックバック一覧です: 刈られない稲と水不足:

« コメントをいただいた方々へ | トップページ | 大型トラックと大径ハンドル »