« リコール選挙 | トップページ | 新聞宅配制度 »

引越騒動1

会社の都合で、社宅を引っ越さなければなくなった。

4月に引越しをすることになり、引越し業者の選定をしている。
18日夜にインターネットによる、引越し見積もりサイトからまずは見積もりをかけてみた。

そのサイトでは、地域より8社程度が選択され、いつの入力フォームでそこに見積もりをかけると言うシステムだ。
該当地域の業者が8社を超えている場合は、そのタイミングにより、ランダムに選定されているようだ。

選ばれたのは運送大手N通運、CMでよく見るアリの会社、アヒルの会社、中堅H社、横浜のS社、地元のP運輸、T運輸‥だ。

すぐに返事が来たのが、地元のT運輸。
その後も毎日メールが来るが、値段表は来るものの肝心の見積もりがこない。

アリは、近くに営業所が無いけど、都合がつけば連絡するので待ってくれと言う良くわからない返事。

H社、S社は営業区域外なのでと言う理由でお断りされた。

N通運は、自動返答メールでは翌日再連絡とあったが、いまだ返事なし。

アヒルは、翌日電話があり、見積もりの予約を取った。

P運輸からは昨日連絡があり、メールによる概算見積もりと詳細見積もりをしたい旨連絡があり、メールにてこちらの希望を返した状態。

さらに、猫、ドラえもん、パンダに昨日ネットで見積もり依頼し、ドラえもんとパンダは先ほど電話があって見積もりの依頼をした。

猫は昨日の今日なのでともかく、N通運の連絡が無いのはなぜだろう?

ところで、営業範囲外と解答してきた会社だが、郡のつく現住所で断ったのではなかろうか?
見積もりの際に出した現住所と引越し先の距離は、住所の字面ではものすごい遠距離のようだが、直線でわずか1.5kmしかない。

実際は美味しい仕事だと思うのだが、どんなもんだろう?

|

« リコール選挙 | トップページ | 新聞宅配制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/8767815

この記事へのトラックバック一覧です: 引越騒動1:

« リコール選挙 | トップページ | 新聞宅配制度 »