« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

フォード・フォーカスの作り方

昨日、子供とテレビを視ていた。

NHK教育テレビのニャンちゅうワールド放送局(HP無し)だが、この中に物を作る工程を子供向けに解説している、コーナーがある。

2月26日の放送は、自動車1。
そして照会されたのは、欧州フォードのフォーカス
取材を考えると、ドイツのザールルイ工場だろうか。

1回目は、コイル材のブランキング~プレス~ボディー溶接まで。
来週はそれ以降だから、フォーカスのファンは必見(?)である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実はゼリーだったプリン

ハウスプリンエルを、子供用にと久々に作ってみた。

本当のプリンは、言ってみれば茶碗蒸しのように玉子が熱で固まるのを利用する。
しかし、ハウスプリンシリーズは、熱で固まるのではなく冷やすと固まる。

成分を見て納得したが、ゼラチンに寒天‥つまり、これはプリン味のゼリーなのだ。
そう思って食べてみると、確かに食感はゼリーに近い。

だまされていたような、そうなのかと納得したような‥。

それならいっそ、寒天プリンとか造れば、昨今の寒天ブームでヒットするのではないだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

城山町の合併について町民の意思を問う住民投票

城山町の合併について町民の意思を問う住民投票~開票速報

合併派の市長を解職させた住民の意思は、結局というかその通りというか合併だった。

でも、市町村合併を軸にした一連のドタバタは、最終投票率51.65%‥50%に届かないと開票さえされない‥というギリギリの数字が、全てを物語っていないか?

解職請求の時は、投票当日まで解職支持、解職反対派の運動(演説や広報車)が繰り広げられていたので不思議に思っていた。
一般的な選挙では前日までが運動期間なのと、解職請求も公職選挙法が適用されるという判断もあり、やはり選挙違反のようだ。
ただし両陣営が行っていたので‥ただし解職推進派は町会議員が演説していたが‥裁かれたとしても最終的なジャッジは一緒だったのだろうが。

それに対して一番の争点のはずの合併問題に対しては、特に運動も行われず評価すれすれの得票数になってしまう。
このあいまいさが、慎重派と推進派の対立を長く続かせた今回の問題の根っこだったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷いのデザイン

【ホンダ ゼスト 発表】最大の魅力はスタイル

‥とはおっしゃるが、第一印象のエクステリア・デザインの忙しさは、いったいなんだろう?

ボディー・サイド顔つきテール・エンド
どの線も、途中で流れを断ち切られる。
なんと言うか、「すぅ~~・ドン!」という感じ。

内装もごちゃごちゃした印象。
特にグローブ・ボックス。

こうなるだろうと思ったのに裏切られる感じともいえるか。

初代トゥディ(リンクはマイナー・チェンジ後だが、最初期の丸目モデル)の何も裏切らない美しさとは対照的だ。

四角いThat's はライフより買っていたけど、ゼストは欲張りすぎて現行ホンダ車の悪いとこ総決算というのが正直な印象だ。
このデザインを気に入る人もいるのだろうが、私にはちょっと‥。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

助手席に愛を

最近のクルマは、衝突安全性能を高めてある。
とは言え、ありとあらゆる衝突の状況に対処するのはやはり難しい。

複数との比較の為、評価は定量化されている。
例えば正面衝突で代表的なのは、緩衝物をもたないコンクリート・バリアに車両前の全面があたるように衝突させるフル・ラップ試験と、アルミ・ハニカムのバリアに運転席側のみを衝突させるオフセット・ラップ試験だ。

一般的に後者は、小さいエリアにより多い入力が入るので、その対策は難しいと言われる。
しかし片側しか試験を行わないので、ボディーは片側(運転席側)だけ強化される場合が多い。

厳密にハンドル位置と通行方向が規制されているところならば何も問題ないが、たしか右左ハンドルごっちゃの国があったような気がする。
しかもその国では、左ハンドルでなければ輸入車ではないという風潮すらある。

わざわざそんな国のために台数の出ないモデル‥左ハンドル右強化仕様‥なんて酔狂なモデルを作るメーカーは無いだろうから(左右共強化したモデルはあるかもしれないが、いずれにせよ外観からはまったく区別できない)、左側通行の国で左ハンドル車の助手席に載せられる人は、運転席よりも衝突時の障害リスクが高いのを覚悟して乗ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞宅配制度

新聞の特殊指定「存続」84%望む…読売世論調査

同様の記事は、朝日新聞東京本社版朝刊13版にもあった。

不思議なのは、どちらも宅配を「今後も続けたほうが良い」と答えた人の比率が91%(笑)
同じ調査ではないはずなのに、なぜに同じ比率なのだろうか?
単なる偶然なのだろうが。

背景には、公正取引委員会の特殊指定見直しがある。

>特殊指定が廃止されると、過度の価格競争によって販売店の経営悪化などを招き、
>配達コストがかかる山間部、過疎地などでは新聞の値段が上がったり、戸別配達
>(宅配)が打ち切られたりする恐れがある。

‥郵政公社の民営化に反対した連中の主張と一緒(爆)

朝日のほうには、

>現在同じ新聞なら基本的に全国どこでも同じ値段で購読できるが‥

とあるが、名古屋で朝日の朝刊だけ一ヶ月取ると3000円なのに対し、関東で同じ取り方をすると3500円と既に差があるのはなぜだ?
(朝夕刊セットで取ると同じ料金なのだろうが)
名古屋は中京新聞が強いので、それと対抗という噂もあるが。

宅配制と価格の維持を主張するなら、主張の根拠に反する上のようなおかしなケースをなくすことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

引越騒動1

会社の都合で、社宅を引っ越さなければなくなった。

4月に引越しをすることになり、引越し業者の選定をしている。
18日夜にインターネットによる、引越し見積もりサイトからまずは見積もりをかけてみた。

そのサイトでは、地域より8社程度が選択され、いつの入力フォームでそこに見積もりをかけると言うシステムだ。
該当地域の業者が8社を超えている場合は、そのタイミングにより、ランダムに選定されているようだ。

選ばれたのは運送大手N通運、CMでよく見るアリの会社、アヒルの会社、中堅H社、横浜のS社、地元のP運輸、T運輸‥だ。

すぐに返事が来たのが、地元のT運輸。
その後も毎日メールが来るが、値段表は来るものの肝心の見積もりがこない。

アリは、近くに営業所が無いけど、都合がつけば連絡するので待ってくれと言う良くわからない返事。

H社、S社は営業区域外なのでと言う理由でお断りされた。

N通運は、自動返答メールでは翌日再連絡とあったが、いまだ返事なし。

アヒルは、翌日電話があり、見積もりの予約を取った。

P運輸からは昨日連絡があり、メールによる概算見積もりと詳細見積もりをしたい旨連絡があり、メールにてこちらの希望を返した状態。

さらに、猫、ドラえもん、パンダに昨日ネットで見積もり依頼し、ドラえもんとパンダは先ほど電話があって見積もりの依頼をした。

猫は昨日の今日なのでともかく、N通運の連絡が無いのはなぜだろう?

ところで、営業範囲外と解答してきた会社だが、郡のつく現住所で断ったのではなかろうか?
見積もりの際に出した現住所と引越し先の距離は、住所の字面ではものすごい遠距離のようだが、直線でわずか1.5kmしかない。

実際は美味しい仕事だと思うのだが、どんなもんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リコール選挙

今日、わが城山町町長解職の是非を問う住民投票(リコール選挙)が行われた

隣の相模原市との合併に慎重(反対?)な現職町長の解職を求める推進派住民が痺れを切らして起こした動きだ。
そして来週は、問題となった合併の是非を問う住民投票も行われる。

北海道出身の私は、もともとこの土地には縁も縁も無い放浪者なので、リコール選挙と合併の是非を問う住民投票が‥しかもわずか1週間の間で!‥やれる(?)なんて、一生一度だろうというお祭り気分である。
しかし、そもそも地元に長く住む人たちが多い土地柄、隣人同士でいがみあったりとかもあるのだろう。

実際ここ2年ばかり、1週間にいっぺんは合併推進派と慎重(反対)派の(ほとんど中傷の)ビラが投函されていた。
克明に時系列立てて記録して、Blogにでもしておけば貴重な記録として残ったかも?と思ったが、後の祭りだ。

ところでトリノ・オリンピックと滋賀県幼児殺害と、フィリピンの地すべり災害のニュースに潰されて、ぜんぜん結果がわからないのだけど、いったいどうなってしまったのだろうか?

P.S.結果は、町長は失職だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電池が持たない!2

W41CA電池騒動だが、あることをやったら電池が持つ(というより減ったことにならない)ことがわかった。

それは、カシオ独自の機能であるエマージェンシー・エクステンション・モードだ。
これの設定が敏感すぎるのではないだろうか?

これをOFFにしたら、5日目現在電池は2本立っている。

エクステンション・モードに学習機能はあるのだろうか?
無いとしたら、折角の機能も宝の持ち腐れだ。

いいアイデアなのに‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電池が持たない!

嫁さんの買ったW41CAだが、おかしなことになっている。

電池が持たないのだ。

EZ-WEBも使わない、アプリも使わない、メール何通かのやり取りだけなのに、わずか1日(すら持たず)で、エクステンションモード(バッテリーが減ったときに、電波の受発信をせずバッテリーをセーブするモード)になってしまう。

他でも話題になっているようで、こんなやりとりもあった。

電池の慣らしという話題もある。
電池の学習機能の慣らしが必要なのだろうか?

ちょっと様子を見ることにする。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

LISMO

嫁さんが、3年半ぶりに携帯を買い換えた。

今度の携帯は、W41CA
出たばかりの新型で、ワンセグ&TV受信機能を除けば、AUとしてはほぼフルスペックの仕様を持つ。

その前の携帯が、A5301T‥ムービーメール第1世代‥なので、その進歩には驚いている。

ただ不便なのは、タイマーによるOFF機能が無いことだ。
ONのほうは、スケジューラーの応用で出来るのだが、OFFは電源スイッチでしか出来ない。
携帯を開いた状態でカメラを構えると、私の場合人差し指がレンズをふさいでしまう。
最初何も写らず真っ黒なのであわててしまった。

また、LISMOサービスも、肝心の着うたフルのPCへの直接配信が始まっておらず、一曲ダウンロードするのに1000円以上かかるという状態は解消されていない。
iTunesでダウンロードし一度CD-Rに焼いてからもう一度取り込むという手もあるが‥通常の使用では現実的ではないだろう。
iTunesのデータがそのまま使えるようになればいいのに。

LISMO用au Music Portは、iTunesに良く似たアピアランスで、携帯内のデータ(写真、ムービー、アドレスほか)も並行管理できるようになっている。
サービスを開始したばかりなのに、既にバージョンアップされていた(2月12日現在V1.05)
W41CAは、USBクレードルにより充電とデータの同期もできるようになっている。
スケジュール管理や、タスクリストもPCで編集し同期できるようなので、使う人にとってはこっちのほうがメインの機能になるかも。
OutLookと連携できるとかすれば、もっとよいのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撤退するのに媚を売る?

三菱 コルト に「岡崎エディション」

三菱自動車名古屋製作所は、愛知県岡崎市にあり、コルトも生産している。

延命はしたようだが、いずれ撤退の予定は変わらない。

ご当地ナンバー発行に合わせてとのことだが‥実質撤退記念になるかも。

愛知県の人は地元意識が強いから、100台くらいならさばけるだろう。
三菱OBが買って、販売台数増やすことになるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニー・リゾート・クルーザー

ディズニー・リゾート・クルーザーは、エクステリアをはじめあちこちにミッキー・マウスのモチーフが散りばめられているのは有名だが、シフト・レバー・ノブにまであるなんて知らなかった‥。060204_213401.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のビール

弟が、中国から婚約者を連れて帰国してきた。

婚約者は観光でははじめての東京なので、あっちこっち(といっても時間が無いのでちょっとだが)案内してきた。

一日目は、彼女の希望で秋葉原(どうも中国で電車男を視たらしい‥orz)と渋谷。

2日目はさすがに靖国神社は抵抗があるらしくコースから外したが、皇居・日比谷公園・芝公園・そして金城武ゴールデンボールで視たから行きたいといっていたサンシャインシティのプラネタリウムというコースでめぐった。

日比谷公園で昼食をとった。
立ち寄ったのは、こんなカフェだった。

ぜんぜん意識していなかったのだがなんとこのカフェ、電車男のロケ地だった。

それはさておき、この店でこんなメニューを見つけた。060203_133101

黒ビールと普通のビールのハーフ&ハーフは既に一般的だが、これは黒ビールがクォーターだ。
しかも混ざっていない。
飲み進んでいっても比率が変わらず混ざり合わないのが不思議だった。

真冬の日比谷公園のオープン・カフェで、中国人の女性とランチのラーメン食べながら飲むビール‥。

むちゃくちゃミスマッチなシチュエーションであるが、楽しいひと時ではあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »