« 助手席に愛を | トップページ | 城山町の合併について町民の意思を問う住民投票 »

迷いのデザイン

【ホンダ ゼスト 発表】最大の魅力はスタイル

‥とはおっしゃるが、第一印象のエクステリア・デザインの忙しさは、いったいなんだろう?

ボディー・サイド顔つきテール・エンド
どの線も、途中で流れを断ち切られる。
なんと言うか、「すぅ~~・ドン!」という感じ。

内装もごちゃごちゃした印象。
特にグローブ・ボックス。

こうなるだろうと思ったのに裏切られる感じともいえるか。

初代トゥディ(リンクはマイナー・チェンジ後だが、最初期の丸目モデル)の何も裏切らない美しさとは対照的だ。

四角いThat's はライフより買っていたけど、ゼストは欲張りすぎて現行ホンダ車の悪いとこ総決算というのが正直な印象だ。
このデザインを気に入る人もいるのだろうが、私にはちょっと‥。

|

« 助手席に愛を | トップページ | 城山町の合併について町民の意思を問う住民投票 »

コメント

僕にもあまり魅力的には思えません。旧型キューブにテイストが似ている感じです。内装のいやにかくかくしているところは低迷期の日産のインパネを想起させます。

ウイングロードのサイドウインドウ上端のラインも不自然だと感じましたが、この車のサイドウインドウ下端のフロントドア後ろ側のラインはそれに輪をかけて不自然な気がします。

Primera

投稿: Primera | 2006/02/24 00:45

メーカー・サイドは、コンビーフ缶に茶筒を通したようなと表現していますが、コンビーフ缶はあんなにでこぼこしていません。
機能に裏打ちされた、コンビーフ缶の形状に対して失礼です。

もう一度コンビーフの缶を見て、勉強しなおした方がいいと思います。

投稿: くるまこのみ | 2006/02/27 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷いのデザイン:

» 憲さんHONDA・ゼスト【ZEST】のCMに出演! [チェキ☆らっちょ!!→→レッツらゴーぉ]
■2006年発表の新型車 ゼスト【ZEST】 - NEW! 2006年最初の新型車は「ファミリーズベスト軽」と銘打って登場した新型軽ゼスト。 軽でありながら広い室内と納得のいく走りで家族の誰もが我慢することなく、喜ぶことの出来るクルマです。 ■ゼスト・本田技研工業公式サイト。 ■ゼスト オフィシャルページ ■ホンダネット ... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 13:47

» デザイン不況 [極楽三十路生活賛歌]
 ホンダから「ZEST(ゼスト)」という新しい軽自動車が出た。  昨日の日曜日(2/26)、外へ食事 [続きを読む]

受信: 2006/03/03 09:51

» ゼスト ZEST (ホンダ) [クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!]
「ゼスト ZEST (ホンダ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 《新車チェック→》 =試乗レポ... [続きを読む]

受信: 2006/07/31 16:36

« 助手席に愛を | トップページ | 城山町の合併について町民の意思を問う住民投票 »