« 複雑な気分 | トップページ | 攻撃は最大の防御 »

ADSLの引越し騒動

来月はじめに引越しをする

nifty serve 時代から12年。
ダイヤルアップから、ISDNへ。
長期の出張期間中は、ダイヤルアップに逆戻りし、ADSLを導入したのは、一昨年の7月。
現在のDELL4600cを購入したタイミングだ。

現在40Mのニュースタンダードプランである。
基地局から1.2kmで、実効12M出ているので、なかなか快適である。

ところが今度越すところは基地局から4km以上離れてしまい、同じプランで継続しても実効1M越すかどうか怪しいのである。

低速度だが低損失のプランに切り替えたいのだが、この場合一度現在のニュースタンダードコースを解約し、その後改めてライトコースかエントリーコースへの申し込みが必要になるのだ。

逆のパターン(高速コースへの切り替え)なら解約の必要は無いのに、なぜこんなことになるのだろうか?

今考えているのは、NiftyのIDを残したまま、他社のADSLプランへの乗換えることだ。

こんなこと‥みすみす顧客を逃がすようなこと‥を考える必要が無いよう、引越しプランの練り直しを強く要望する。

|

« 複雑な気分 | トップページ | 攻撃は最大の防御 »

コメント

他社の接続方式に変更する場合も@niftyは、一旦解約してダイヤルアップにしてからでないと、出来ないはず。下手すると、同一会社の接続変更より厄介な事になります。

投稿: 詩神 | 2006/03/17 20:02

やっぱり最低2週間くらいの空白期間は止むを得ないのでしょうか‥。

こうなったら、ADSL乗り換えプランで少しでもお金浮かす手を考えた方がいいのかもしれませんね。

投稿: くるまこのみ | 2006/03/20 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/9105001

この記事へのトラックバック一覧です: ADSLの引越し騒動:

« 複雑な気分 | トップページ | 攻撃は最大の防御 »