« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

本領発揮

スバル レガシィ がパトカーに…危険運転取り締まり

日本では、東北北海道を中心に、スバルのパトカーは珍しくないとは思うが、ポリス・インター・セプター信仰が強いアメリカで、地元モデル以外のパトロール・カーは、かなり珍しいのではないだろうか?

しかし、大出力でFRのモデルは、乾燥状態の舗装道路ならいざ知らず、悪天候時にはかなり大変だろう。
それを乗りこなすのを自慢にするのが、ステータスなのかもしれないが。

今回の採用は白バイ隊の補佐的役割と言うから、まだまだ本格採用と言うには程遠そうだ。

しかし、マッド&スノー・タイヤで冬を乗り切るのがふつうのアメリカでは、一度AWD車に乗ったら止められなくなってしまうかもしれない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

風邪

潜伏期間から考えると先日の潮干狩りのタイミングなのか?
家族全員風邪である。

とりあえず熱が出てないのは私だけ。
長男も熱っぽいがダウンするほどではない。

でまた、こんなときに限って仕事が忙しい。

自分も辛いのに子供たちの世話をしなければならない嫁さんに頭が下がるばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍公用車両

富津潮干狩りに行った。

雨がちの天気だったが、潮干狩りをしているときにはなんとか雨はやんでいた。
終わった瞬間に雨‥ラッキーとしか言いようが無い。

さて帰りに、海ほたるで米軍公用車ナンバーをつけたヨコタツアーズ(YOKOTA TOURS)と書かれたバスが入ってきた。

かねてよりこの米軍公用車ナンバーが日本の行動を走れるのか疑問を持っていたが、日米地位協定第10条第2項に

合衆国軍隊及び軍属用の公用車両は、それを容易に識別させる明確な番号標又は個別の記号を付けていなければならない。

とあり、道路運送車両法等の適用は受けないのだそうだ。

公用車両は高速料金を免除されている。
米軍関係者は、ツアーの為に福利厚生部門が運営しているレンタカーとして公用車を使用することが出来るそうだ。

これで米軍公用車が公道を走れる疑問は解消した。
なるほどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここは聖地

060519_002001

一見何の変哲も無いテディ・ベア。
しかし彼(彼女?)は、胸にインディアナポリス・モーター・スピードウェィのシンボル・マークを身に着けている。

これはもう3年前になるが、モーター・スポーツにおける聖地インディアナポリス・モーター・スピードウェィに行った際にミュージアム・ショップで購入したものだ。
訪れたのは11月で、レースが開催されていない週末。
正門付近はきれいに整備されていたが、道に迷って行った裏側のほうは、ちょっと治安が悪そうな地域だったのを覚えている。

Tmmk031117001

この博物館は、入場料3ドル。
歴代の優勝車などが展示されている。
そしてレース開催日以外は、3ドルでトラック・ツアーでコース上をガイド(のおっさん)つきのバスで走ることが出来る。
これはインディ500で使用するオーバル・コースを通常のレース時とは逆方向に一周する。
コントロール・ラインのあたりでは一時停止して、有名なレンガで造られたそれを見ることが出来る。
Tmmk031117006

Tmmk031117003

写真もあったはずなのだが、どこかに行ってしまった (;_;)
もしあれば、追加アップします→しました

もう行くことは無いだろうな‥。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビデオ顛末記

我が家に新しい家電品が仲間入りした。

Video1

三菱電機HV-BS33
91年製のビデオ‥なんと15年前のものだ。

なぜかというと、うちのテレビ‥SONYKV-21GP3(97年型)‥のチューナーだけがいかれてしまい、HARD OFFでSHARPのVC-BF30
Video2
(93年型BSチューナー付きで、テープの録画・再生はどうでもいいという条件で1050円)を使っていたが、音声回路の不調(時々音声が途切れる)症状がひどくなってきたために、買い換えたのだ。

今回の購入価格‥210円(笑)
93年モデルから91年モデルへ‥2年も古くなってしまった。

しかしこう見るに、昔のモデルのほうが頑丈で、トラブルも単純なように思う。
今のモデルは、リモコンが無ければ操作すら出来ない。

なんとか地デジ完全切り替えギリギリまでは、テレビを持たせないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽自動車税

今年も自動車税納税の季節だ。

今回の引越しは4月に入って行い、軽自動車の住所変更手続きは5月に行った

てっきり転居先のほうから来るかと思った納税通知書は、前に住んでいた城山町から来た物で納付しなければいけないようだ。
それは、4月1日が賦課期日だからだ。

‥でも、勘違いして捨ててしまったかもしれない。

今日探さないと‥ (_ _;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは違反ですから!

気になっていうるダイハツエッセだが、アクセサリー・カタログに変なものを発見した。

005_02_01

元リンクはこちら

道路運送車両の保安基準第三十二条三項によると、
 走行用前照灯の灯光の色は、白色又は淡黄色であり、そのすべてが同一であること。

‥つまり、このアクセサリー・カタログのように青に着色していると明言しては、違反になるのではないだろうか?
 アクセサリー屋の常套文句競技用とも謳っていないし。

 後付けDRLと言い、グレー・ゾーンのアクセサリー。
 メーカー純正はまずいのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

役に立つ寸詰まり

スズキ、軽トラック「キャリイ」にショートホイールベース車を追加発売

スズキ・キャリィ、三菱ミニキャブ、ホンダ・アクティの3台は、現行軽自動車規格に移行した際に、衝突安全性能を高めるためにフロントのタイヤを運転席前へ移動したセミ・キャブ・オーバーのデザインを採用した3台だ。
これに対してダイハツ・ハイゼットとスバル・サンバーは、従来のフロント・タイヤ上に座席があるキャブ・オーバー・デザインのままフロント・オーバー・ハングを延長する作戦とした。

ダイハツは、2代目新規格ハイゼットも、キャブ・オーバーを継続する戦略をとった。
これに対するスズキの答えがこれだった。

発表されたのは、昨年の11月30日とあり、かなり前の話だ。

セミ・キャブ・オーバーのデザインは外観としてバランスが取れるもののホイールベースが長くなるため小回りが利きにくくなるとか、キャブの長さが長くなるため荷台長が短くなる(と言っても10mmとかのレベルまで努力しているが)など欠点を持つ。
スズキの答えは、これを不満に思うのは主に農家の需要だと言う結論からこのようなモデルが出たのだろう。

同じキャブデザインを踏襲した上で、ショート・ホイールベースと言うのはなかなかすごい形だ。
同じなのは、シルエットだけで、肩から下はフロント・タイヤの位置変更のため大改造を受けているだろう。
足を入れるスペースを確保するために、涙ぐましい努力の跡も見える。

全車をこれにしないのは、ロング・ホイール・ベースのデメリットは、都市部ではあまり無いと言うことなのだろうか。
しかし、販売店に無理やり数を引き取らせる売り方では、値段だけで他に目をつぶって買っている購買層も多いのではないだろうか?

トラックは割り切ってこれ一本に絞るのも手と思うのだが、どんなもんだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中華風焼きそば

この間、晩飯を作ることになった。

焼きそばの材料があるとのことで、焼きそばの支度。
ふと思い立って、味をソースではなく中華風にすることを思いついた。

麺や具は、とりあえずそのまま。
味付けだけで変身させられるか?

下のようなたれを用意してみた。

しょうゆ

砂糖
鶏がらスープ
みりん

これを同量混ぜて、具だけを炒めたものに半分、麺をいためて具にあわせてから残り半分を投入してみた。

最後にごま油を適量かけて出来上がり。

たれの量が少なく薄味になってしまったが、そこそこ中華風の味になった。

みりんを紹興酒にしてみるとか、具に木耳や袋茸などの中華風材料を入れてみるとかすれば、もっと中華風になるだろう。
麺だけ素で炒めて、具材を片栗粉であんかけにするという手もあるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある意味聖地

今日は、嫁さんが高校時代の同級生に会いに都心に行くというので、子供たちと3人で留守番だった。

留守番だけでは暇だし、子供たちの体力が有り余っていることもあり、どこか出かけることにした。
といっても金はなし、どこか金のかからないところで‥ということで、ドライブがてら近所にある城山湖に行ってみた。

ここは、カー・アンド・ドライバー誌のオーナーズ・クラブの取材が行われ、ここをごらんの方なら一度は記事を目にしたことはあるだろう。
これももう何年続くのか、かれこれ10年くらいになるのではなかろうか?

連休明け初めての日曜日とあり、運がよければ取材に出くわすなと思ったら、ビンゴだった。
今日見かけたのは、ラフェスタR2R1)の団体さんだ。

長男は「おんなじクルマがいっぱい!」と喜んでいた。

誌も、最初は穴埋めくらいのつもりでいたのだろうけど、気が付いたら部数確保の重要記事になっているようだ。
最初はオーナーズ・クラブの自薦だったのが、今では編集部から取材をさせてくれと申し入れるのだそうだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SSRI

リンク: @nifty:NEWS@nifty:抗うつ剤で自殺行動が増加(共同通信).

SSRIとは選択的セロトニン再吸収抑止物質の略で、効果はこんなもんらしい。

その代表的なものがパキシルだ。

パキシルには、一時期お世話になっていた。
といっても私には吐き気の副作用がきつく、10mg1錠が限界で、これでは薬効が出ないようで、ストレスの低い職場に移動したこともあり、自然に止めてしまった。
結局私は効果があったかどうかわからない。
少なくとも自殺していないということは、効果があったのかもしれないが。

精神をいじる薬故に、副作用も私のように身体的に出ればいいのだろうが、それが出ないとこういうことになるのかもしれない。
逆にそれだけ効果があるということにもなり、処方する医師には細心の注意が必要ということか。

ただ、これを使用しないことにより自殺する確率とこれを使用したことによる自殺の確率を、最終的には天秤にかけることになるのだろう。

薬を処方する医師は、大変微妙なセンスが要求されていると感じたこの一件だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そっちがその気なら

エクスプレス予約時の乗車券料金二重取りについてだが、JR東海側はそれについて払い戻す意向は無いとそうなので、それならばと自衛策を考えてみた。

コメントいただきありがとうございます > はいふんTさん

今回のケースは神奈川県の橋本起点である。

橋本から豊橋までの乗車料金は、通しで買うと4950円だ。
橋本駅からの最短区間を買って、エクスプレス予約発券機で通しで清算を行うと、この金額が適用されてしまう。

これを、横浜市内区間とそこから先と分けて買うと、30円安い4920円となる。

これをやるためには

橋本→長津田      290円
長津田→豊橋間   4630円

の乗車券を別に買えばよい。
出発前に、みどりの窓口で買えば問題ないだろう。

しかしこれを調べている途中で、横浜市内区間から一つ外れる成瀬→豊橋間の乗車券料金を調べたら、横浜市内→豊橋間の料金と同じだったのである。

まさかと思って、橋本→成瀬間の料金を調べたら、210円だったのだ!

と言うことは、どうせみどりの窓口に並ぶと言う前提なら、

橋本→成瀬    210円
成瀬→豊橋   4630円

となり、通しで乗車券を購入するより片道で110円安くなるのだ。

今度試してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LPGv.s.CNG

次世代自動車燃料として、天然ガスCNG(圧縮天然ガスcompressed Natural Gas LNGは液化天然ガスLiquefied Natural Gas)と液化石油ガスLPG(Liquified petroleum gas)の特製を比較する機会があった。

両者の特性を比較していくと、最初のイメージと違い、LPGにはネガティブな要素が少なく、常圧常温下での扱い易さを考えると、むしろCNGを上回っている印象を受けた。

LPGは既に供給インフラも整備されており、低い圧力で容易に液化することと、容積あたりに発生するエネルギーが多いため、容器が簡便で済み充填効率に優れ、出力も排出ガス性能もCNGとほとんど変わらない。

と言うより、むしろメリットの方が多いのだ。

Wikipediaでは、例によってLPGのメリットを熱く語っている人がいるが、冷まして評価してみてもCNG/LNG側に圧倒的なメリットがあるようには思えない。

では何故国は膨大な予算を使ってCNGの方を推すのか?
長期的なエネルギー政策の一環なのかもしれない。
あるいは単に業界間のバランスをとるだけなのかもしれない。

ちょっとやそっとじゃ使い物にならない水素燃料よりはどちらもよほど現実的だし、周辺技術は転用も利くから競いあわせるのは悪いこととは思わない。

ただ、両方を推進するためには、両方に別々に補助を行う必要がある。
そんな無駄な金だけは使わぬようにしてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二重取り?

二重取り?

JR東海の、エクスプレス予約サービスを使った。
エクスプレス予約は、会員になってクレジット・カード兼用の会員券が発行され、PCや携帯で予約しておくと、自由席特急料金より安く指定席が現金不要で利用できるサービスだ。
乗車券と特急券は、乗車前に新幹線改札前の端末で受け取る。

今回予約は、新横浜からの乗車券とセットで購入した。
横浜線沿線から乗車し、新横浜からの利用だったので長津田まで乗車券を購入した。
長津田から先は、新横浜からの乗車券‥横浜市内起点‥でカバーされるので、それ以上切符は買う必要がない。

‥はずなのに、エクスプレス予約の発券機は160円投入するように要求して来た。
?と思いながらも、割り引きに関わって特別な乗車券があるのかもしれないと思い、現金を投入して発券した。
そして出て来たのが写真である。

乗車券は、あたりまえだがしっかりと横浜市内起点となっている。

では、さっきの160円‥長津田⇔新横浜間の料金‥は、2重取りではないか!

後で規約を読み返して、白黒はっきりさせたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

携帯洗濯3

一度洗濯して乾燥したら復活した携帯だが、洗濯の際に生じた亀裂が進行し割れてしまい、蓋を正常に開くことが出来なくなった。

引越し荷物の整理で出てきたABS樹脂用接着剤で接着を試みるがNG。

いろいろ考えたが、どうせ樹脂。
溶かして固めるのなら、熱で溶かしてはどうかと?

一緒に出てきた半田ごてで、亀裂を溶かしてなでるように固めてみた。

結果。

復活!!\(^o^)/

2年は持ってもらわないと、買い替えが高いからね‥。
なんとかあと半年持てばいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

締めりゃいいってもんじゃない

国交省:大型車タイヤ、点検強化 脱落事故多発受け、省令の基準改正

以前もこの問題については書いたが、破断の原因はおそらくトルク・オーバーによる破断だろう。
これを100km毎に締めなおすなんてことをやったら、ますます事故が増えそうな気がする。

実際問題、走行50km~100kmごとにハブ・クリップ・ボルトとハブ・ナットを締めなおすことなんて可能なんだろうか?
比較的短距離の移動が主になるダンプならともかく、高速道路を移動する長距離トラックが100km毎であっても毎度停まらなければいけないなんて!!

しかも詩神さんに前回コメントいただいたように、大型車のハブ・クリップ・ボルトとハブ・ナットを締め付けるなんて、素手では出来ない。
高速のSAに、F1のピットよろしく締めなおし場を作るか?(爆)

始業点検(これはそもそも運転者の義務!)でハンマーによる打音検査を義務付けるとか、1ヶ月ごとに交換を義務付けるとか、実際に即した運用方法を規定するべきだ。

そうしなければ、有名無実の規制になってしまう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

セドリック

日産セドリックを運転する機会があった。
いつの頃のかというと、この頃のだ。

初期型なら既に23年前のモデル。
しかし実際は、99年‥平成11年‥まで生産されていた。

乗ったのは、10年位前の生産モデルである。
このクルマにありがちな、ドレス・アップ(ダウン?)されたモデルではなく、まったくのノーマル。
なぜなら、嫁さんの従姉妹の両親が乗っているものだからだ。

運転と言ってもクルマを駐車場へ移動するだけだったのだが、その取り回しのよさには驚いた。
これだけ角張った外観だと、フロントの量方の端が完璧に把握できる。
リヤは、ワゴンモデルなのでたかが知れているが。
幅も1690mm‥今となってはVitzの方が幅広だ!

当時でも古臭かった内装デザインには一瞬も郷愁のようなものを覚えたが、それはそれとして古の外装デザイン‥Aピラーが立ち、後ろにある・ノーズが最低限しかスラントしていない‥のメリットを再考する必要があるのでないかと感じたのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会社は法人・会長は個人

【株主無視】現代自動車 決算発表を「無期限延期」

現代自動車のHPはこちら
英語版では何も記述なし。
HYUNDAI MOTOR JAPANのHPにも、何の記述も無い。

鄭夢九会長の件で社内があたふたしているのは判るが、無期限延期の決定は株式会社としてあまりに無能ではないか。
一族経営だから会長なしでは何も出来ないなんていうのは、株式会社としてのシステムをなめているとしか思えない。

会長未満の取締役連中は、会長に司法の手が下る前に辞任させ、会長の罪と会社(および商品)は関係ないという毅然とした態度をとるべきだった。
これこそ企業の体質を世間に示し、投資家に与える安心感と商品の力を示す根拠となる。
「この商品は、会長がいなければなにも保障できません」って言っている状態では、そんな会社の商品誰が買う??

会社としての危機管理能力の無さ‥零細企業ならともかく‥で、世界生産5位以内を目指すなんておこがましい。

ヨン様に釣られてソナタを買った人は、すぐに売ったほうがいい。
アフター・サービスが受けられなくなってからでは後悔するから。

P.S.5月4日付で発表された

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽自動車検査協会

引越し後の住所変更のため、軽自動車検査協会へ行った。
今日はカレンダー上平日なので、手続きを行えるのだ。

検査協会へ行くのは3回目になる。
最初は岡崎、2回目、3回目は綾瀬だ。

いずれもそうだが、何でこんな判りにくい場所にあるのだろう?
主要道から外れてややしばらく。
ナビが壊れて地図だけで行くのは大変だった。

今回は管轄の変わらない住所変更だったので、手数料は不要。
OCR用紙の代金として40円払っただけだ。

これ、ディーラーに頼んだらいくらになるんだろう?
でも薄利の軽自動車ディーラーだから、これくらいの手数料は多めに見てやってもいいか。
気になるなら自分でやればいいのだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »