« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

あとはキャブオールだ

【ハノーバーモーターショー06】日産、小型トラックとそのハイブリッド | Response.:

懐かしい名前シリーズ。
クリッパーが復活したと思ったら、次はキャブスターだって。

あとは、キャブオールか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国風麻婆豆腐

私の義理の妹は、中国四川省出身だ。

今年の2月に弟と共に日本に来て、いくつか料理を教わった。

そのうちひとつは、辛くない麻婆豆腐。
刻んだ長葱と針のように切った生姜を、香りが経つまで油で炒め、豚肉のミンチを投入。
炒めあがったら鶏がらスープを投入。
煮立ったら豆腐をいれ、最後に片栗粉でとじて出来上がり。
豆板醤が無かったのと子供もいたので、このようなレシピとなった。

これはこれでシンプルな割りに驚くほど美味しいのだが、辛くないのでいまいちという感じがしていた。

そこで、豆板醤の代わりに冷蔵庫にあったコチジャンを入れてみた。

邪道かもしれないが、コチジャンの甘みが結構いい感じ。
丸美屋食品工業の麻婆豆腐みたいな感じか。

一品足りないときに、試してみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーバード・シルフィーの作り方

NHK「日本とことん見聞録」小学5年社会●NHKデジタル教材:
NHK 番組表:日本とことん見聞録「クルマができるまで」

8月29日午前11時から15分間、ブルーバード・シルフィーの作り方が放送されるとの情報をいただいた。
調べてみたら、こちらでも視聴可能。
ブロードバンド環境の方は、こちらでどうぞ。

最新のクルマ作り。
しかもよく語られる設計者の苦労ではなく生産技術者の苦労がメイン。
ヴァーチャル空間の中での、ロボットのシュミレーション作業の風景もあります。

小学生向けと侮る無かれ。
一見の価値ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由じゃない自由研究

自分で自由研究ネタなんていう話題を書いておきながら、いきなり否定(笑)

自由研究のネタを、ネットから調べるやからが増えているという。

そのときのプロセスはこうなる。

「何をする」というタイトルを読む→自分の興味を持ったものを見る→気に入ればやってみる

‥なんか変だと思わないのだろうか?
自由研究だからテーマを選ぶのは自由。
言ってしまえばそうだが、結果が判りきっているテーマを選んでなんになるのだろう?

何かを観察‥そんな難しい言葉ではなくて、日ごろ不思議に思う事象‥を、なぜだろうと思う疑問からスタートするのが本筋なのではないだろうか?

疑問‥たとえば、

小学生の段階では、自由研究のレポートがきっちりまとまっていることよりもまずそのテーマをなぜ選んだのかが最も重視されなければいけない。
次に仮説を立て、それを検証するために実験・観察を行うプロセス。
最後にそれを系統だってまとめる力だ。

夏休み終了まであと4日しかないから今からテーマを見つけろというのは酷だが、来年の夏休みには間に合うだろう?
どこかにメモして、来年に備えときなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛と悲しみのボレロ

スズキ・エスクードのCM曲は、ラヴェルのボレロが使われている。

でもこの曲、ご存知の方も多いと思うが、2代目ホンダプレリュードのCM曲として、珍しくモデル存命中を通して使用されていた。

私はその印象が頭から離れないが、意外にも気にしている人は少ないようだ。

バブル絶頂の、もう20年前の話。
そのころを忘れたように、再びバブル経済の気配がみえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

充電式ラジオ

9月1日災害の日を前に、商店には防災グッズが並ぶ。

前から充電器付きラジオが気になっていたが、リンク先を見れば判るとおり値段から躊躇していた。
が、2000円を切る手ごろな値段で売っていたので購入した。

【備えて安心!】手回し充電ラジオライト JTL-20-アイリスプラザ:
今話題のアイリスオーヤマ製だ。

ハンディ・ライト、サイレン機能、AM/FMラジオ、おまけで携帯電話も充電できるということで、早速やってみた。

‥疲れた orz
充分に充電するためには小1時間ハンドルを回さなければいけないし、その抵抗も結構なものだ。

まあラジオ、ライトなら、せいぜい3分回せば、20分くらいは使えるとのこと。
これなら、充分実用的だろう。
単3電池での駆動も出来る(携帯充電は不可)

携帯電話充電については、やれば出来る程度の機能か。
それでも出来ないよりはいいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきたスーパーマン

スーパーマン リターンズを見た。
(ところでリンク先の日本語タイトルの情けなさは何とかならないものか?)

ストーリーについては書かないが、スーパーマンのスーパーたる所以が、これでもかとばかり描かれている。
先日TVで放送されたスーパーマンも、製作年次を考えればよく出来ているが、これのいいところをしっかりと受け止め、現在考えうる最高の技術で正統の続編を作ったイメージだ。

(劇中では)5年の沈黙を破って登場するスーパーマン。
自分が居なかった間の世界の変化に戸惑いながらも、父の教えに従い自分の使命を果たす。
そして最後に‥。

頭の中空っぽにして楽しめます。
前作ファンも、絶対に納得できるはず。
こんな噂もあるけど、あのエンディングで続編作らなきゃ、詐欺だわ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ちょっと修正

ココログにアクセス・カウンター機能が追加されたので、今まで使っていた@niftyホームページのものと入れ替えてみた。

これで、自分からのアクセスはカウントしないように出来る。

ただ、タイトルのところに入れられないのが難か。
見慣れたトップページが変わると、違和感がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだあるのね

最近徒歩で通勤する機会が多いが、その途中で、こんなものを見つけた。

ちなみに中には、BMWのM5が入っている。

昔、自動車雑誌の広告では知っていたが、北海道では積雪があるために見ることは無かった。
これに、25年ぶりの対面である。

折りたたみ式のガレージ。
直射日光や雨を遮るメリットはあると思うが、舗装路面で無い場合湿気への対策はいまいち疑問である。

しかも、台風のときは折りたたまなければいけない(写真23の解説より)となれば、本当に必要なときに使えないわけで、効果への疑問は募るばかり。

とは言え貸し駐車場に設置するとなれば、このタイプの需要も無くなりはしないのだろう。

これも海外には見られない、日本独自のものと思うがどうだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガソリン添加剤

ガソリン添加剤を売って儲けないかと言うTBスパムがあった。

成分や科学的根拠がまったくなく、以下のような売り文句である。
液体か固体かさえも書いていない。
ちなみに※以下は、私のコメント。

・元々、NASAや米軍の為に開発された、米国政府お墨付きの技術
※開発なら誰でもできるし、特許だって誰でも取れる(科学的な検証はしないから)
・シンプルな商品構成だが、通常のガソリンにもディーゼルにも対応
※もともとガソリン/ディーゼル用の2種類しかないのでは?
・車種や運転パターンにもよるが、平均10~30%の燃費向上
※10%~30%は、運転方法の改善で達成できる誤差範囲か。
・エンジン内もきれいになり、排気ガスも平均で約80%軽減でき、環境改善にも一役
※きれいになると言うことは、清浄剤が入っていると言うこと。排気ガス総量が減るわけではなかろうから、有害ガスが減ると言う意味か?
・ハイオク効果があるため、ガソリン自体がレギュラーでも良くなり、この点だけでも節約できる
※結局オクタン価を上げる成分と、清浄成分が入っているだけではないか。

字面から読むにこれはきっと、清浄作用とオクタン価を上げる作用があるエチル・アルコールを主成分とした添加剤‥ことによっては、ほとんどエチル・アルコール‥だろう。

エチル・アルコールの清浄作用は、高濃度アルコール燃料(主成分はもっと重たいアルコールだが)の副作用でもご存知の通り、脱脂による樹脂の劣化や親水性が高いこと(だから水抜き剤になるのだが)によるアルミニウムの侵食である。
これについては諸説あるが、E10(エチル・アルコール10%)までなら現在のクルマのまま用いてもほぼ問題ないとされている(USではE15までOKと言っているが、日本の環境省は、非対応車種に対してE3ガソリンを薦めるなど極めて慎重な態度を取っている)。
また、ガソリンへの添加はオクタン価を上げる効果がある。

高い金払ってこんなもの買うより、無水エチル・アルコールを適量レギュラー・ガソリンに混ぜて走る方がよほどいいと思う。
正し、あくまで自己責任でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

どうやって運転してるの?

帰省中に、函館へ行ったときのこと。

何気なく信号待ちで隣に停まったクルマを見たら、右足インパネの上に上がっていた!?

どうやって運転していたのだろう?
左足でアクセル&ブレーキか?

左足ブレーキは一時話題になったが、左アクセルは聞いたことが無い。
どう考えても左足でアクセル操作は無理があると思う。

こんなクルマには、後ろには付いてほしくないものだ。
いや、道路を走ってほしくないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊び場

子どもとの遊び場所にはいつも困るのが親の常。

今北海道に帰省中だが、函館の墓参りの帰りに、八雲町にいいところが出来たというので寄ってみた。

KFCの実験農場としてスタートしたハーベスター八雲(現在は、JCコムサという会社の傘下で、KFC色を薄めている)に隣接した形で作られた、噴火湾パノラマパークだ。

類似の施設は全国各地にあるが、ここは規模が半端ではない。
敷地がでかいのだ。
しかも、利用料金はタダ。

ここの、まきばの冒険広場‥本州の感覚なら、広場ではなくこれだけでひとつの公園だ‥と、パノラマ館内に最新の児童遊具が配置されている。
いずれもスペースにはゆとりがあるので、子どもたちを安心して遊ばせておける。

北海道立の施設で、公園内にはパークゴルフ場や五右衛門風呂も楽しめるオートキャンプ場まで併設されている。

現在交通アクセスは必ずしも便利とはいえないが、北海道縦貫自動車道が開通すれば、八雲PAが敷地に隣接してオープンする。
高速から降りずに、楽しむことも出来るのだ。

このようなよい施設は、今後もきちんと維持管理されて、末永く楽しめるようにしてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バター・ピーナッツ

久々の、業務スーパーネタ。

いつも、88円/300gのバター・ピーナッツをつまみにしているが、成分表示のところにバターピーナッツなのにバターがないので不思議だった。

今日帰省から帰ってきて久しぶりに店を覗き購入したら、成分にマーガリンが追加されていた。
また、アレルギー性物質の表記が追加されていた。

これで少し、謎が解けた。
‥こんなことに気づく人は、ほとんどいないだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家でも海外気分

昔は、海外の放送を聴こうと思ったら、短波ラジオを持ち出して聴くしかなかった。
B.C.L.(BroadCasting Listener)と言って、受信報告書を書いて放送局に送ると、べりカード(Verification Card)が発行され、これを集めるのが趣味だったこともある。

さて今は、Broad Band を利用して手軽に海外の放送を聴くことが出来る。
よく利用するのは、iTunesや、Radio Locatorだ。
当たり前とはいえ信じられないくらいクリアな音質なのには驚く。

私は、仕事で比較的長く滞在した台湾の放送局が好きだ。
嫁さんはハワイの放送局を好んで聴いている。

その日の気分で、聞く曲を変えるのも自由自在だ。
家に居ながら手軽に海外気分。

お金のかからない海外旅行といったところか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自動車運搬船のトラブル

Mazdaニュースリリース

CNN.co.jp : 米アラスカ州沖で自動車運搬船傾く、乗組員を救助 - ビジネス

積荷はMazda3CX7だったと言う。

CX-7は、4月に発売されたばかりの稼ぎ頭。
それが1000台以上お釈迦というのだから、これは痛い。

実際には、納期が遅れる程度で挽回は効くだろうが。

自動車輸送船の事故と言えば、かすかな記憶にあるのはフィアットX1/9の水没騒ぎである。
しかし調べてみるとこれには諸説あり、

1)カリフォルニアのディーラーで在庫車が水没し、それが日本に輸入された
2)輸送中の船が浸水し、海水に浸かったX1/9が乾かしただけで売られた
3)輸送中の船が沈没し、引き上げられたX1/9が乾かしただけで売られた
4)倉庫ごと塩漬けになったものが、日本の中古車販売店で新古車として売られた

‥いずれも水没と言う点で一致。
1)は、海水淡水かの区別が不明。
2)は乾かしただけではさすがに‥水で洗ったくらいでは、テキスタイル類に問題が出るだろうし。
3)の沈没については、船がまっすぐに沈没するとは思えないので、水没以外のダメージも多いだろうし、電気系が真水ならともかく海水なので完全にアウトにあると思われるので、全部品そう取替え‥は、まったく現実的でない。
4)は意味不明。

おそらく1)が一番正確なのではないか。
浸水状況は、ロッカー部(サイドシル部)あたりまでの浸水。
台数は1ディーラー規模であれば、数台程度なのではないか。

それがあることないこと継ぎ足されて、このような結果になったのではないだろうか。

さて今回の荷の状況はまだ不明との事だが、横転に近い状況になっているのでかなりのダメージがあると思われる。
ただけっこうきっちりとワイヤーで固定してあるので、車両の固縛フックの強度次第では外観のダメージは意外とないかもしれない。

さて今回の対象車、どうなることやら‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由研究ネタ

世は夏休み。

生徒諸君は、遊びに忙しいことと思うが、既に夏休みは半分過ぎている。
そろそろ気にしてみては?

ひとつ思いついたネタがあるのだが、ここに書いておこう。
理論立てて書ければ、短期間で済むと思うし。

氷を融かすと水になる。
融けても質量は変わらない‥ことになっている。

では実際にはどうか、はかりで計ってみよう。

結果の推測はついている。
多分融けた後のほうが重たくなっているはずだ。
それはなぜか?考えてみよう。

そして、教科書どおり同じ重さにするには、どういう工夫が必要か考えてみよう。

氷が融けるのを待つだけだから、時間はかからない。
ほかの宿題をやっている方手間でやれるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汽車旅

私の身内には、鉄道関係者が多い。

嫁さんのお父さんは、JR(国鉄時代から)の職員だった。

すでに故人だが、私の母方の祖父は国鉄マンで、駅長まで勤めあげた。
健在な祖母の妹も、国鉄職員だった。

その祖父が最後に駅長を勤めた駅のそばに、国鉄を退職した時に建てた家が、津軽海峡線(当時は江差松前線)の沿線に今でも残っている。

津軽海峡線に乗車する度に、祖父母が健在だった頃を思いだす。
夏は大体その家に遊びに行って、目の前の海で遊んだものだ。

いつか息子たちにその頃の話を電車の中で話してあげたいと思う。
二人とも小学生になった頃だろうか、今から楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省

この週末は帰省のピークになると言う。
そういう私も、明日は北海道に向かう予定だ。

東京から北海道に帰ろうとすると、いくつかの方法がある。
現実的な方法は、飛行機、鉄道、船、クルマだ。

飛行機は運賃が変動し、盆、暮れ、GWの料金が異常に高く設定されている。
普段儲からない分、この3つの時期で挽回するしかないからだろうか。

しかし、高額に設定された運賃の始まりと終わり‥比較的空いているタイミング‥では、高額な運賃のために客が乗らないという現象がおきる。
この時期は各種設定された事前割引が用意されるが、これは日によっても変動するので、ものすごく判りにくい。

時間から考えれば飛行機だが、費用の問題で躊躇する。
しかしそれ以外の方法では、最短でも10時間以上移動時間が必要になる。

幼児を連れてだと、飛行機以外の選択肢は考えにくい。

今回は一人なので、久しぶりに鉄路を利用しようと思っている。
幸い、指定席が最初から最後まで通しで取れた。
それでも特急だけで新幹線はやて⇒白鳥⇒北斗の乗換えが必要。
家からとなると、最低でも10時間が移動のために取られる。
普段は飛行機よりも高くなるが、この時期はむしろ割安だ。

クルマの選択肢は、海を渡らなければいけない以上必ず船とセットになる。
クルマ一台の渡航費用を考えると、二人ないし三人以上の同時移動でないと安くはならない。
太平洋航路より、日本海航路の方が割安になるが、新潟まで行く時間を考えると気が滅入ってしまう。
おまけに船は半日以上乗らなければならない。
合計すれば、24時間以上の拘束は覚悟しなければいけない。
寝て行けると言えばそうだが、人のたくさん乗った船の中はお世辞にも快適とはいえない。
こうなると、クルマ+船は家族が増えた際の最終手段か。

いずれにしても思うには、北海道は遠いと言うことだ。
こうやって書いてみると、ホントに遠いな‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイハツ、チャンスか?

スズキ苦渋の選択---軽自動車を減産して小型車を増産 | Response.:

軽を3万台/年減産で、ダイハツが軽一位の可能性が出てきた?とも取れる。
3万台といえば、一日100台強の減産‥と言っても、ピンとこないかもしれない。

実際の利益は小型車のほうが大きいだろうし、総生産台数が減少するわけではないのでスズキ全体の利益は上がる。
失うのは、軽NO1のタイトルのみ。

本当に必要なことに気づいたということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覇者の驕り4

デイビッド・ハルバースタムの名著覇者の驕りについて、以前書いたことがある。

なかなか古本屋で見つからずほとんどあきらめていたのだが、今日行ったBOOK OFFで、運命的な出会いが!

‥しかし下巻のみ (-_-;

とりあえず下巻を確保できた。

上巻は‥アマゾンかな?

‥って、最初からこっちで調べればよかった (-_-;
送料込みでも、ぜんぜん安いよ (T^T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画当たればタイヤ屋儲かる‥か?

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT:

人気シリーズワイルドスピードの3作目は、東京が舞台。
‥予告編見る限り、TOKYOという架空の街を舞台にしたとんでも映画が出来そうな気配。

ところでリンク先ページ、リンクバナーに、TOYO TIREがあった。

そういえば横浜ゴムも、似たようなことしてたっけ

映画が採りあげているのは、あくまで違法行為。
映画はフィクションだからそこまで神経質になる必要は無いといえば無いが、オフィシャルで協賛はどうかと思う。

上記アドバンのように、1ブランドとしてのみのタイアップならまだ逃げ道もあろうが、企業HPのトップ・ページはまずいんじゃないか?
ニュース・リリースにも堂々と書いてあるし‥。

ちなみに横浜ゴムのオフィシャルサイトからは、上記のニュースリリースはたどれなくなっている。
版権の関係もあるかも?

ところかまわずドリフトしてもらって、タイヤ減らして履き替えてくれれば、タイヤ屋は儲かるだろう。
でもそれでいいのか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

親にも厳罰を

子供が乗ったままのクルマ、駐車場から盗まれる | Response.:

家の近くにコンビニがあるが、エンジンをかけたまま買い物をしている人がいる。
しかも、ドアに鍵がかかっていないケースがほとんどだ。

まさに、持って行って下さい状態。
こんなDQNでも、車を盗まれたら文句を言うのだろう。

更に盗んだ先で事故や犯罪が起きたら?
これはもう立派な犯罪の幇助が成立すると思う。

今回の件、子供を屋外に放置したのと何が違うのだろう?

窃盗はもちろん罪だが、こんなケースは親も厳罰に処するべきだ。
そうしないと、DQNはどんどん増殖してゆく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析スタート

いままでアクセス解析は、無料のFC2のものを使用していた。
自分のブログを、誰がどういうキーワードで訪れてくれているかが判るのは、なかなか楽しいものだ。

新アクセス解析がスタートとあったが、ココログベーシックも対象だったのね。
よく読んでなかった。

ざっと見たところ、結構面白そう。
FC2は、出張所だけにしとこうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の東名高速

飛び降り自殺?東名高速に主婦の遺体 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞):

今日は出張で、東名高速を往復した。
往復600km。
時々やるとはいえ、なかなかきついものだ。

お盆前ということもあるのか、交通量が多かった。
高速に乗るまで、普段は30~40分というところだが、これに1時間半がかかり、高速もペースが上がらず途中で事故による渋滞があるなど普段より1時間以上余計にかかってしまった。

さてリンク先。
出発前に交通情報を見たら、上り線が通行止めという。
しかも、午前1時から朝6時半でもまだという。
上り線だから関係ないやと思っていたら、こういうことだったのね‥。

しかし、時速100kmで走っているときに上から人が振ってきたら、避けることは出来るのだろうか?
私にはとても避ける自信は無い。
しかも夜中ではねぇ‥何を踏んだかも良くわからないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついにと言うか、やっとと言うか

eiga.com [話題作超先取り]:DIE HARD 4「ダイ・ハード4」

ブルース・ウィリス主演の映画ダイ・ハード"は、初めて劇場で見なかったことを後悔した映画だ。

最初に家の14インチテレビで借りてきたビデオを見た時は、本当に悔しく思った。
それから、これはと決めた話題作は、必ず劇場で見ることにしている。
結局ダイ・ハードは、三軒茶屋の映画館で、2との並映で観ることになった。

話題の4作目は、前作よりなんと12年ぶりだという。
最初のものからは、実に18年。

‥それだけ自分も年をとったということか。
ブルース・ウィリスの髪も、充分に年月を感じさせるが。

2はちょっと外し、3は捻りすぎ。
何れも一言、ワンシーン、全てが伏線だったオリジナルを超えた印象は無い。

4は、どういった構成になるのか?
楽しみといえば楽しみ。
不安といえば不安だ。

ところで、最初のダイハード。
遠くのマンションの一人暮らしの女性の部屋を写したシーンは、何の伏線になっているのか?
ご存知の方がいたら教えて欲しい。
いまだに良くわからないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイオマス燃料の収支

NEDO研究がスタート…目指せバイオマス燃料のブレークスルー | Response.:

バイオマス燃料の代表といえばエチル・アルコール。
これを作るには、糖分やでんぷんから醗酵による製造となる。

糖、でんぷんを絞った絞りかすも、燃やすことによって燃料となる。

製造過程や燃料として使った場合に排出される二酸化炭素は、原料が育つ際に消費される二酸化炭素と等量で、バイオマス燃料を使用することによって発生する二酸化炭素は温暖化ガスの排出量に加えられない。

バイオマス燃料の収支は、エネルギー収支と既存燃料とのコスト比較である。
エチル・アルコールを作るのに、作られたエチル・アルコールよりかかったエネルギーが多くては意味が無い。

これはアメリカ合衆国2002年の調査で、トウモロシ由来のエチルアルコールのエネルギー総量100に対し25のエネルギーが得られるといわれ、更に効率の高い糖分由来&絞りかすを燃料とできるブラジルでは、もっと効率が高いとのことだ。

ただし高い効率は、ブラジルのように年間を通して温暖で広大な農地があり、更に2次的エネルギーも容易に活用できる場合に限られる。
アメリカは年間を通して温暖な気候は無いが、広大な農地はある。

では、日本はどうか?
年間を通して温暖な地域は極めて限られ、広大な農地も無い。
セルロース=木材を原料とする案もあるようだが、建築廃材の再利用が主となるようで、上限ははっきりしている。
更にコストの問題も考えると、国内で考えられるエチル・アルコール製造プラントは、構想段階で既にかなり高いハードルを持つ。

結果として技術的には画期的なものが開発できるかもしれないが、その技術は広大な農地を持つ国に展開されなければ意味は無いだろう。

それでも日本は、資源がない分技術で世界に貢献しなければならないのだろう。
研究開発費が、よくわからない研究結果で終わってしまわないように願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »