« ダイハツ、チャンスか? | トップページ | 汽車旅 »

帰省

この週末は帰省のピークになると言う。
そういう私も、明日は北海道に向かう予定だ。

東京から北海道に帰ろうとすると、いくつかの方法がある。
現実的な方法は、飛行機、鉄道、船、クルマだ。

飛行機は運賃が変動し、盆、暮れ、GWの料金が異常に高く設定されている。
普段儲からない分、この3つの時期で挽回するしかないからだろうか。

しかし、高額に設定された運賃の始まりと終わり‥比較的空いているタイミング‥では、高額な運賃のために客が乗らないという現象がおきる。
この時期は各種設定された事前割引が用意されるが、これは日によっても変動するので、ものすごく判りにくい。

時間から考えれば飛行機だが、費用の問題で躊躇する。
しかしそれ以外の方法では、最短でも10時間以上移動時間が必要になる。

幼児を連れてだと、飛行機以外の選択肢は考えにくい。

今回は一人なので、久しぶりに鉄路を利用しようと思っている。
幸い、指定席が最初から最後まで通しで取れた。
それでも特急だけで新幹線はやて⇒白鳥⇒北斗の乗換えが必要。
家からとなると、最低でも10時間が移動のために取られる。
普段は飛行機よりも高くなるが、この時期はむしろ割安だ。

クルマの選択肢は、海を渡らなければいけない以上必ず船とセットになる。
クルマ一台の渡航費用を考えると、二人ないし三人以上の同時移動でないと安くはならない。
太平洋航路より、日本海航路の方が割安になるが、新潟まで行く時間を考えると気が滅入ってしまう。
おまけに船は半日以上乗らなければならない。
合計すれば、24時間以上の拘束は覚悟しなければいけない。
寝て行けると言えばそうだが、人のたくさん乗った船の中はお世辞にも快適とはいえない。
こうなると、クルマ+船は家族が増えた際の最終手段か。

いずれにしても思うには、北海道は遠いと言うことだ。
こうやって書いてみると、ホントに遠いな‥。

|

« ダイハツ、チャンスか? | トップページ | 汽車旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/11380542

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省:

« ダイハツ、チャンスか? | トップページ | 汽車旅 »