« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

給油口

今のクルマは、車両の右側あるいは左側後方に給油口がある場合が多い。

これは、リヤ・シート付近に燃料タンクが配置されているからに他ならないが、フィットなどセンター・タンク・レイアウトのホンダ車は長いホースを持っていることになる。
いや、マジ長そう。
燃料タンクの死量が多い分、ホースで稼いでいるということか?

それはともかく、かつて給油口が車両のナンバー・プレート付近(裏側とか)に、設けられていたものがあった。
ボディー・サイドに無粋に走るパーティション・ライン(分割線)を嫌ったためだろう。

しかしこれらは、追突時の安全性確保の為に駆逐された。

機能を伴わないものは無くなると言う好例だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チャイルドシート4

最新型のクルマのリヤ・シートにはさまざまなチャイルドシート取り付け用のデバイスが装備される。

シートベルトをロックするALR、ボディーそのものから生えているISO-FIXバー、そして最近はシート上部の転びを防止するためのベルトを固定するトップ・ティザー・アンカーだ。

ところがチャイルドシートの取り付けは、サード・パーティ製は自動車メーカー向け純正部品としてOEMしている会社までシートベルトによる固定方式のみだ。

これでは宝の持ち腐れ。
しかも、メーカー純正のチャイルドシートは、評価すらしてもらえない

これでは、ISO-FIXも、ティザー・アンカーも、その効果とメリットを理解されるには何年かかることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ナンバー・プレート

JAMA - 自動車の分類・基準認証:図3:自動車登録番号標・車両番号標(ナンバープレート)

5**番台のナンバー登場の前に、一時的に7*ナンバーが使われていた時期がある。

6/7番台ナンバーは、かつて小型3輪商用車/乗用車用に使用されていたものだが、5ナンバーが足りなくなったので暫定的に使われたものだと思っていた。

ただ今回の資料を読むと、3輪「以上」の商用車/乗用車に拡張されて使われていたのだと改めて知った。

と言うことは、希望ナンバーは更に700番台がこのあと使えることになる。
ナンバー・プレートは、まだまだ安泰なのだなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌煮込みうどん

出張所のほうでは、カップ麺を紹介し続けているが、あれはブランドを重ねずにどこまで続くかの防備録用。
だらだらと続けているが、既に48ブランド。
まだしばらくはダブり無く続けられそうだ。

060926_205101

今回紹介するのは、袋麺の変り種。
以前名古屋人のラーメンのベンチマークとして紹介した寿がきやみそ煮込だ。
中身は、名古屋名物の味噌煮込みうどんをインスタントにしたもの。

今回調べてみて、昭和41年発売というので驚いた。
ひょっとすると、本店総本店であほらしい争いをしている味噌煮込みうどんの火を灯し続けたのは、これなのではなかろうか?

店で出される味噌煮込みはけっこう癖があったりするが、こちらはあっさり目で、誰でも抵抗無く食べられる。
カップ麺タイプもあるので、手軽に楽しむことも出来る。

これから暖かい鍋焼きうどんの季節。
愛知県に行った際には、スーパーを覗いてみては如何だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必需品か眉唾か?

タイヤにスプレーするだけでグリップ力が向上するアイテム 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

効果が本当だとすれば、面白いと思わせる製品だ。

英文商品名(SURE DRIVE)でググッても正体不明。
そもそも本家?ノルウェーのサイトがひとつも引っかかってこない。
スペルが違うのか?

日本語でググると、それらしい商品がヒットしてきた。

製造元はNORSOL社となっているが、ノルウェーのスプレーを作る(詰める)会社で、本当にここで開発したのかどうか疑わしい。
パッケージに書いてあっただけで、勘違いしてないか?

こういうグッズの大好きなアメリカ人にあまり話題になっていないというのも不思議だ。
マッド&スノーで冬を乗り切る北米市場でこそ、よく使われそうな気もするのに。

結構な値段なので、購入を考えている方は熟考してからのほうが良いと思う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Bitacle 撃退方法?

TBいただいたインプレッションズさんに、効果的と思われるBitacle への対処方法が記述されていた。

なるほど効果的な方法だ。

この方法を広めるためにも、この記事を書いてきます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

バンコクは平穏

タイには知人が結構いる。
働いている会社の子会社もあるし、バンコクに住んでいる友人もいる。

今回のクーデター騒ぎで安否が心配だったが、特に街中は変わった様子も無く平穏だったとのこと。
まずは無事で何より。

会社のほうも情報収集でおおわらわだったが、こちらも特に何もなしだった。

字面では大げさだが、上以外はたいしたことが無かったというのが本当のところか。

しかし、クーデター以外の政権交代方法がないというのは、問題なのだろう。
民主主義が機能していないということか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Bitacle ってなに!?

TBに、Bitacle Blog Search Archive からのものが合った。

‥Bitacle Blog Search Archive って、なに!?

リンク先に飛んだら、自分のブログがキャッシュされていて、しかもそれにコメントまで出来るようになっている。
自分の幽霊にコメントがついているようで、なんか怖い。

日本語ではまだ解説も無く正体がわからないのだが、これは一体何なのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

芦ノ湖スカイライン

芦ノ湖スカイライン
一人身だったころは、「山羊さんコーナー」とか言って仲間とよく訪れたものだ。

そこに割引券があるとは知らなかった。

しばらく行っていなかったけど、久々に行ってみようか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

絵に描いた餅

ETC 関連技術の活用に関する 研究会

ETCの現状の車載機でも、各種決済が出来るようになるとの情報を前回のETCネタのコメントでP307HDiさんよりいただきました。
ありがとうございます。

システムを見ていると、サービス提供の各事業所ごとに登録が必要になる。
普段一番お世話になりそうな駐車場だって、事業者ごとだ。
たとえば、有料観光道路(芦ノ湖スカイラインなど)だって、都度登録が必要になる。
しかも、登録に時間がかかる。
明日ドライブに行こうか‥では、もう間に合わないのだ。

インフラ整備には、設置する事業者にも負担を強いる。
かなり金がかかりそうな構成である。

電子マネーのように、加盟店ならどこでもというわけにはいかないのだ。

これではまともに普及するとは到底思えない。

これでは絵に描いた餅だ。
さすがお役所仕事。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は世間ではおやすみだったらしいが、お仕事。
午前中、東名高速を名古屋方面へ移動だった。

由比の海岸に差し掛かった時、まさにバケツをひっくり返したような雨に遭った。
視界はほとんどない。
台風の影響が多少はあるかと思ったが、距離はかなりある。
油断してたらこの有様だ。

70km/h程で巡航。
なんとか乗り切った。

ところでそんな中、ライトを点けないで走っている奴がいる。
日中だから、点けなくていいと思っているのだろう。
ライトは、夜道を照らすだけのものと勘違いしてる。

ライトは、周りに自分をアピールする機能もある。
悪天候時は、迷わず点灯だ。
わずかでも、自分が起因の事故を減らすことができる。
と言っても、用もない高い光度の大光量が必要な訳ではない。
白色以上の光度では、霧や雨の中では散乱するだけで効果がない。

アクセサリーの機能しかないHIDではなくて、真に視認性と認識度が高いライトを研究するメーカーは無いのだろうか?
ASVの研究項目にも無いみたいだし、誰も重要性を認識していないということか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに?やっと?

ETCを導入した。

現在のETCはDSRC導入までの第1世代(つなぎ)モデルで、いずれ第2世代に買い換えなければいけないというのなら余計な出費はしまいと購入を断念していたのだが、セブンドリーム・ドットコムこんな案内を見つけたので、コミコミ0円なら‥ということで購入(リース?)することにした。

商品到着まで、申し込みから10日間。
土曜日に自分で取り付けてみた。

取り付けは成功!‥と思ったが、デッキ・レシーバー以降のCDプレーヤーや(死んでいるが)カーナビまで動かなくなってしまったorz

今週末は時間切れ。
来週末も用事があるので、その他の機能が回復するのはいつのことになるやら‥。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

催眠商法?

うちの田舎に、ひっきりなしに電話がかかってくると父から電話があった。

いわく、住んでいる地域に光ファイバー回線が引かれるので、乗り換えないか?と。

うちの田舎はADSLを引くのこそ早かったが、父の退職記念で引いたというきっかけ程度であり、ヘビー・ユーザーというわけではない。
単に顧客リストを元に、電話をかけまくっているだけなのだろう。

帰省で帰っているときにも一度電話があり、そのときは私が受けた。
ストリーミングもしてないので、いいとはっきり断ったはずなのに、電話をしてくる。

不特定多数への電話勧誘は、これで決め手になるのだが、自分の顧客なら問題ないという理論だろう。
しかし、電話をされるほうにしてはたまったものではない。

特に予備知識を持たない老人に対しての、いい、いいという宣伝文句は「いい、いい詐欺」といってもいいレベルだ。

はっきり言って迷惑。

NTT東日本は、即刻電話勧誘を止めろ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

追突しない距離は?

社会 : 阿智の中央道で17台衝突4人死亡 長野日報 (Nagano Nippo Web) - ニュース -

まずは、この事故でなくなられた方のご冥福と、お怪我をされた方の一日でも早い快復をお祈りいたします。

日本の高速道路での多重衝突は、後を絶たない。
中央高速道路の場合、設計速度に対して自動車の性能が上がっており、自動車ではなく道路の限界付近で走る人が増えているのもその大きな原因だろう。

道路に即効の対策を求められない限り、自衛するしかない。
それでは自分が追突することを、効果的に回避することはできるのだろうか?

いちばん効果的な追突回避方法は、とにかく車間距離を取ることだ。
停止までの距離を確保する意味もあるし、前方視界を確保する意味もある。
特に前方視界に関しては、ブレーキを踏むまでの空走距離を劇的に短縮する効果がある(前の車がアクションを起こす以前に自分が対処できる可能性が高くなる)

しかし、車間距離の目安は非常に立てにくい。
高速道路上の100mと言われる車間距離も、体感と実際では大きく食い違っているのは、時々あるレーン・マークを見れば一目瞭然だろう。

ここで一つの目安として、距離ではなく時間で車間距離を決めると言うものがある。
前の車両の位置に自分が到達するまで3秒と言うものである。

これなら一律100mとするよりも、速度が上がれば距離が長くなるわけだから合理的だ。

実際に車間距離を取ろうと意識するのは難しいことだが、あとちょっとぐらいならできるのではないだろうか。

もっとも、携帯を使ったりテレビを見ながらの漫然運転ではいくら車間距離を取ったところで意味がないが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自称900番目の男の弟子

CARMODE NEWS-BLOG: マツダ、4700台が水の泡?:

アクセス解析で、2ch のスレからこのページに来ている人がいたので、リンク元を見に行った。
そしたら、同じ発言中にリンクされていたのが上の記事。

発言の突っ込みの通り、20年前の、しかも噂を断言するのはどうかと‥。
あなた、コメントで飯食ってる人なんでしょ?

さすが自称900番目の男の弟子。
901番目か902番目か‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だから安全と言う訳ではない

A Comparison of the Cell Phone Driver and the Drunk Driver

訳すると、携帯使用運転と飲酒運転の比較。
アメリカ合衆国ユタ大学の論文。

高解像度のドライビング・シュミレーターを利用して、携帯電話を使用しながらの運転と、血中アルコール濃度0.08%(運動の協調性の低下、反射の遅れが出る状態)の状態の運転を比較したもの。

結果は、
When drivers were conversing on either a handheld or hands-free cell phone, their braking reactions were delayed and they were involved in more traffic accidents than when they were not conversing on a cell phone. By contrast, when drivers were intoxicated from ethanol they exhibited a more aggressive driving style, following closer to the vehicle immediately in front of them and applying more force while braking.

つまり携帯電話使用の運転は、手持ち、ハンズフリーに関わらずブレーキの反応が遅れ、飲酒運転と比較しても交通事故への因果関係が強い。
対照的に飲酒運転は乱暴な運転になり、車間距離が縮まり、ブレーキも強く踏むようになる。

とあり、

結論として、
When driving conditions and time on task were controlled for, the impairments associated with using a cell phone while driving can be as profound as those associated with driving while drunk.

携帯電話の使用は明らかに自動車の運転に影響するが、飲酒による運転にはそれほどの影響は無かった。

となっている。
意外な気もするが、私はたぶんそうだろうと思っていた。

この実験結果では、飲酒時は運転が荒くなることが指摘されている。

日本でも同様の実験が行われたことがあったと記憶している。
プロのバス運転手に一定のコースを(もちろんクローズドだ)飲酒前と飲酒後で運転を比較するものだった。

たしか結果は、所要時間は飲酒運転後のほうが早かったが、運転動作が荒くなり、状況判断が甘くなっていると言うものだった。

ここでも運転動作が荒くなると言う結論は一致している。
ユタ大学の研究では、状況判断力の低下については言及していないが、アイ・モーション・カメラを使って周囲の状況をどれだけ見ているか調べれば、一目瞭然だろう。

飲酒運転の問題は、運転の技術的な問題ではなく、判断力が低下することだ。
飲酒していることさえも、判断力の低下で「これくらいなら‥」となってしまう。
それがいちばん危険だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代的な解決

マツダ、航行不能の運搬船に積載していたクルマの処理方針を発表 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

例の傾いた船だが、そろそろ目的地に着いているようだ

修理可能なものは中古車で販売する可能性もあるそうだが、そのフレーム・ナンバーはHP上で公開するとのこと。
先に紹介したフィアットX1/9みたいな都市伝説を生まないためには、賢明な措置だろう。

60度傾いた船の中のクルマのダメージがどのくらいのものか。
そっちのほうが興味あるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

911

今日は9月11日。

5年前の今日。私は台湾にいた。

仕事の為に入国したのは前日。
羽田発の中華航空機は、台風のため出発できず、普段なら午前中に到着する台湾に着いたのは夕方だった。

あけて翌日、仕事から帰ってホテルのCATVを点けた途端に飛び込んできた映像は、WTCが黒煙を吐いているものだった。
最初はなんだか判らなかったが、次第に事態が飲み込めるにつけ、背筋がぞっとした。

このときほど、海外にいる自分を心細く思ったことは無い。
ここは異国の地。自分は外国人なのだ。
それと同時に非常事態に自分達はどうすればいいかを冷静に考える、妙に醒めた自分がそこにいた。

3年前、悲劇の現場グラウンド・ゼロを訪れた。
WTCの残骸で作られた十字架。
あの重さは、一生忘れることは無いだろう。

海外では治安の良い国でさえ、最後は自分の身は自分で守らなければならない。
大げさではない。
それが真実だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

統計とってはみたものの‥

J.D. Power Asia Pacific, Inc.:2006年日本サービスステーション顧客満足度調査(PDF)

皆さんは、ガソリン・スタンドをどうやって決めていますか?
値段は気になるものの、いつも行ってる所で‥という人がほとんどでは?

自分は、会社の系列会社で入れています。
社員割引価格ですから。

J.D.POWER社(リンク先は、アジアパシフィック)は、顧客満足度調査の権威として知られる調査会社だ。
レクサスが北米市場顧客満足度調査で1位となってから、日本でも有名になり、注目されている指標だ。

しかし、ガソリン・スタンド‥J.D.POWER社の表記では、サービスステーション‥の顧客満足度指数が、1000点満点で示されている。
これが総合でトップが625点、ボトムが599点の集計なんて、読む意味があるのだろうか?
優位差のある数字とは到底思えないのだが。

系列店ごとの評価よりは、その中身のほうが重要性はあろうが、「セルフ店のスタッフ対応」って、フル・サービスの店ではいちいち店員とやり取りしなければならないのがセルフ店ではそれが無いからすっきりしているとか、そういう意味だろうと思うのだが。
前年度よりも重要視する人の割合が増えたというが、セルフスタンドに慣れないうちは「やり方分からんのに、何で店員がいないんだ」が慣れてきて「店員がいないほうが気楽でいい」に変わっただけだと思う。

それにしても有意差が無い統計結果から無理やり結論出すのは、ある意味大変な仕事だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニカはイタル・デザイン?

ニュースリリース | DAIHATSU @ WEB:2006年パリモーターショーに新型コンパクトカー「マテリア」、世界初公開のコンセプトカーなどを出展

リンク先は、ダイハツのパリモーターショーへの出展リリース。

マテリアは、D-compact WAGONとして、先のジュネーブモーターショーに出品済みの、coo=bB市販モデル。
来年早々に発売とのこと。

さて問題の、D-Compact X-Overは‥なんとなくソニカに似てる?

‥と言うより、ソニカ・ワイドなのだろうか?

これをクロスオーバー・カーのコンセプトで発表。
デザインは、ジウジアーロ。

そうか、ソニカはイタルデザインの血を引いてたんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賢くない選択

【今が売り時の車】ダイハツ コペン…賢い選択 | Response.:

どうしても日本人のイメージは、夏にオープン・カーとなっている。
中古車価格も、夏前に高くなる。

しかし実際に乗ったことがある人はわかると思うが、真夏の炎天下でオープンで乗れば、エアコンはまったく期待できない。
走り続けているなら少しは風も期待できるが、渋滞時は最悪だ。

真冬の寒さは結構きついが、服を着れば天気さえ良ければ、真夏の暑さよりは耐えられないことも無い?
秋から春先にかけてが、オープンの季節といえるだろう。

一番美味しい時期に乗らないで、何が賢い選択か?
初春まで楽しんで、値段の上がる初夏に売る‥のが、正解だと思うのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

僕は好きなんだけど

サッポロビール/サッポロの商品詳細 ドラフトワン夏色缶:

リンク先を見ると、製造は終了しているそうだ。
ところが夏季限定にもかかわらずいまだ店頭には山積みになっている。

普通のドラフトワンよりもライトな感じで、ニュージーランド産ホップ「ネルソンソーヴィン」とやらを使った独特の風味も夏らしく爽やかだ。

自分的には好きなのだが、一回飲めば充分というのが大方の評価なのだろう。
今のうちにもう少し買っておこうかなぁ‥でも、ビールは時間を置くとまずくなるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドクター・ヘリ

■JAF、2010年度にもドクターヘリ配備へ

ロード・サービスのお世話になったことは今まで無いが、これからはちょっと考えが変わるかも?

国土の狭い日本では、最近までドクター・ヘリという概念は遅れていたが、災害時や広大なエリアを持つ北海道などその必要性がある領域も少なくは無い。

採用については予算の問題が最大のハードルだったが、JAFが動き始めるとなると話は違ってくる。
特に高速道路上は、発着スペースが確保しやすいことからドクター・ヘリの最大の活躍の場となろう。

でも、輸送中の機上で入会を薦められたりしたらやだなぁ‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報操作し放題

【新聞ウォッチ】消費者が選ぶ「 カー・オブ・ザ・イヤー」創設 | Response.:

オフィシャルはこっち

まず個人的な感想だが、私はネコパブリッシングが大嫌いだ。
今までボロクソの評価記事が、人気があると判った瞬間に手のひらを返したようなベタボメ記事。
そんな出版社は、とても信用できない。

加盟媒体の中で出版系は、リクルートとネコパブリッシングだけだ。
バックには、ネット関係が付いてるんだぞという大義名分。
これだけでも、自動車業界に対するプレッシャー=広告くれ!という態度が見え見えだ。

ネットを見てる人口の中で車の購入の参考にする人はウン%だから‥見たいな奇麗事ばかり書いた資料をちらつかせて、自分とこ弱小一出版社では到底与えられない影響力を牛耳ろうとしている。

「消費者が選ぶ」カー・オブ・ザ・イヤーなんて、一票の匿名性が増徴されるだけで、結果には何の信頼もおけない。
結果だって検証しようが無い。

止めようよ、こんな茶番。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »