« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

カテゴリー「車」について

ココログのトップページのカテゴリに、やっと「車」が追加された(設定内には無いが)

それ以前は、オフィシャルにはカテゴリが設定されておらず、「車」「自動車」「クルマ」と3つの大きなカテゴリを自分で立てて、分かれていていた。
このブログ開始当初もどれにしようか迷ったが、結局「クルマ」とした。

この3つのカテゴリにそれぞれいる人たちはなんとなくコミュニティが出来上がってしまい、使い慣れてしまってそれを崩したくはないだろう。

とはいえ、これからカテゴリを設定しようとする人は「車」選ぶだろうから、それ以外のカテゴリは徐々に寂れてゆくだろう。

何とか統合のための救済措置は取れないものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hatchbacks Footware

Hatchback といえば、クルマのボディー・タイプのひとつで、3ドアあるいは5ドアのレイアウトのひとつで、短めのリヤ・オーバーハングのボディーにバックドアを持つもののことを言う。

でも、今回紹介するのはこれ
一見ただの子供向けの靴だが、土踏まずあたりで折れ曲がり、二つに折ってつま先→かかとの順で履かせることが出来る。
慣れれば片手で履かせることも出来るので、とても便利だ。

かつてアメリカに滞在した際に、大騒ぎして通販で購入したものがこれだ。
三足かって、おまけで一足‥ただしジッパータイプですぐ壊れたけど‥の計4足持っている。
長男用に買ったのだが、今は次男がはいている。

あまりにマイナーで日本で紹介している人がいないので‥と思って調べたら、売ってました
元の値段知ってるので、無理に買おうとは思いませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余計なお世話

アイシンG、レクサス用電動Pブレーキ開発 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

私はせっかちなのか、何かしようとしたときに人に先にそれをやられてしまうのはいやだと思う。
この装置は、その代表みたいなものだ。

解除ショックとか、その辺の感触にこだわった結果かもしれないが、一言。

「余計なお世話だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションというもの

探し始めたマンションだが、あちこち見ても決まらないものは決まらないものだ。
まだ心の奥底で、購入に関する気構えが出来ていないのかもしれない。
まあ、一生一度の買い物だから、気持ちが決まらないのも無理は無いと思うが。

でも、他人事じゃないんだよね‥ orz

新築3件、中古10件程度を見たが、やはりどこかが気に入らないという気持ちがある。
自分は良くても、嫁さん的にNGというものもある。

その原因は、建物としてのハードウェアであったり、周辺環境としてのソフトウェアだったりする。

クルマなら、車両としてのハードの部分がほとんどの決定条件を担い、しかもそれなりに大量生産されているものでもあるので、代替えを購入するのも容易といえば容易だ。
ソフト部分は例えば車庫が小さいとか路地裏が狭いとかソフトウェア的な要件も、絶対的な拘束力を持つ為にこれも購入すすかしないかを決定する指標となりうる。
選択肢は、おのずと収束の方向に向かう。

しかし、住環境の場合はハードはほとんど一品モノ。
ソフトも、極端な田舎で無い限りそれなりに何とか出来てしまう。
選択肢はどんどん放散してゆくのである。

その割には、金銭的に一生に一度の買い物だという理由で、プレッシャーばかりかかる。

もっと合理的なシステムは無いもんだろうか‥って、それが賃貸か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢物語

週の半分は、徒歩で通勤している。

職場までは4km程の道のり。
おかげで去年より、体重が1割ほど落ちている。

ただ、最近気温が下がってきたので、昨年悩まされた腰痛がぶり返しつつあるのが心配だ。

それはそうと、通勤途中に自動車学校がある。
早朝のこの時間だと、自動車学校も通勤の時間だ。
教官と思しき人物の乗るプリメーラが、方向指示を出さずに駐車場に入っていった‥ orz

交通マナーが悪いことでも知られるこの街だが、教官がこのレベルならマナー向上なんて夢物語だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃げたら飲酒扱い=>いいかも!

死亡ひき逃げ、酒気帯び状態だったという推定で追送検 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

証拠無しに推定で罪を問うのはどうかとも思う。

が、本人が事故直後にきちんと届け出ればば済むだけの話だし、飲酒あるいは酒気帯びで運転してたから逃げたのではない(逃げること事態が犯罪なのだが)ことを証明する必要が生じるのは、被害者を置き去りにする逃げ得を防ぐ意味では好ましい。

なにしろ被害者が一番の被害者なのだという原点に立ち返れば、加害者を執拗に追求するのは当然だろう。

これも、マナーの悪い運転者が自ら呼んだ足枷だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついにこの日がきた

警察庁、認知症の疑いがあるドライバーは免停や免許取り消し 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

高齢のドライバーが増えているとは言うが、実感が湧かなかった。
でも気がつけばうちの両親もとうに60歳超。
うちの田舎なんか住んでいる人たちの年齢層も一律だから、回りもみんな同じようなものだろう。

高齢者に関しては、もみじマークの提示や、自主的な免許返納の例はあるが、強制的に免許停止や免許取り消しが行われる模様だ。

考えてみれば免許更新の際に視力の確認はあるのだから、認識力の確認が今まで無かったことのほうが不思議だ。
なんなら全年齢に‥とすると、高齢者なら高齢という言い訳が効くけど、免許取り消しになった人=認識力の低下している人となり、言い訳がつかなくなるからやりはしないのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メーカー別カテゴリー追加

ブログ開設2周年を前に、記事数が多くなりすぎたので、記事の内容に登場する自動車メーカー別カテゴリーを追加します。

カテゴリー分けは暇を見て進行しますので、遅々として進まないかもしれませんが(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この設計はありか?

061021_104501

写真はエルグランドのサード・シート。
リヤシート・リクライニングのノブだ。

シートベルトをまともにつけると、シート・ベルトがノブにかぶさり、リクライニング操作が出来ない。

サード・シート住人は、シート・ベルトなんて着けないからいい‥なんてアホな割り切では無いだろうな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日プレゼント5

まもなく長男の満4歳の誕生日だ。

今回のプレゼントは、自転車と、きかんしゃトーマスの歌のDVDか。

最近長男は、まだまともに字は読めないのに、耳コピーでよく歌を歌っている。

英語も日本語も関係ない。
子供の記憶力はたいしたもんだと、感心している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bitacleから広告が消えた!

ボッタクリサイトbitacleに動きがあった。

こちらを見てもらうと判るが、Google ADsence が消えたのだ。

Googleから警告でも受けたのだろうか?
地道な抗議が功をそうしたと思いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お買い得感

急に思い立って、マンションを探している。

今は社宅住まいの身で持ち家は当分先かと思っていたが、タイミングと言うのか虫の知らせというのか、中古をメインに探し始めている。

最初は今すんでいる地域に近いところでお手ごろなものと選んでいたのだが、その地域はいっせいに開発が進んだ地域で、60m2前後の物件で値段も築年次も間取りもほぼ横ばいの物件ばかり。
しかも高めで、ちょっと無理すれば新築の価格と大して変わらないという印象だ。

中古マンションのガイドブックなどを読むと、中古マンションは安さが魅力などと書いてあるのだが、イマイチピンとこない。

親戚のアドバイスもあって、検索条件を変えてみた。
そうすると、面白い世界が見えてきた。

確かに予算外ではあるのだが、開き直って条件を上げてやると、フロア面積倍で間取りも余裕のある物件が結構引っ掛かってくるのである。
値段も、新築でそんな物件は無理に決まっていると思われるものが、ちょっと無理すれば届きそうな範囲に入ってくる。
これがお買い得感なのかと改めて思った。

これはクルマの値段付けにもあてはまると思う。
クルマの価値は、3年経てば大体半額。

中古で大き目のクルマに乗り継ぐのは、予算範囲で2クラス上くらいのモデルに乗れる。
そこがメリットだ。

転じて新車の場合、特別装備の限定仕様でも半額などと言う値段はつきっこない。
ましてやもともと単価の低い軽自動車など、100万円を10万円引くだけでも割合からするととんでもないが、あまりまけてもらったという感じがしない。
そして買えば、3年で半額である。
価値の目減りと言う点でも、なんとなく存したような感じがしてしまう。
あるのは、新車に乗っていると言う充実感だけだ。

こうなると、値段を超越した価値観を誇るクルマを出すか、中古車と競争力を持つくらいものすごいディスカウント車を出すか選択肢はどちらか一つだろう。

ものすごいディスカウント車‥20年くらいモデルチェンジをせずに設備投資を抑え、生産も労働コストの安い国で行い、利益もぎりぎりに絞って売る‥ようなクルマも、今後登場してくるのかもしれない。
例えばフランスで予想外のヒットとなったと言うルノー・ロガンのようなモデルだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落しどころ2

企業 | プレスリリース | 企業情報 | MITSUBISHI MOTORS JAPAN 三菱自動車、電気自動車の研究車両『i MiEV』を製作し、電力会社との共同研究を開始

電気自動車の実用実験は、既に何世代にもわたって行われている。
最近で有名なのは、GMのEV-1だろう。

リンク先にもあるとおり、1996年から4年間、1100台以上が市場に投入された(ほとんどはリース形式)。
しかしこのプロジェクトは2003年のリース期間満了に伴い終了している。

現在は皆さんご存知の通り、燃料電池車両の開発がメインだ。

日本でも、今回のi のように電力会社との共同研究の形で幾度もお目見えしている。
が、まともに市販している(た)のはダイハツハイゼットEVくらいな物だろう。

今回の売りは、シングル・モーター式EV。
‥って、イン・ホイール・モーターはどうなったんだ?かというと、リリース内に「なお,既に技術発表を行っているインホイールモーターについても、引き続き研究開発を継続していく。」と1行だけ触れられていた。

とは言っても内燃機関前提の既存プラットフォームを使用しているのなら、イン・ホイール・モーターのメリットは出にくいし、それなら通常のレイアウト‥モーターとガソリン・エンジンを置き換える‥のほうがいいと考えるのは至極妥当だろう。

結局イン・ホイール・モーターは、このまま絵に描いた餅になってしまうのではないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

新型ムーヴ

新型が発表されたのに、表ムーヴだけHPが更新されていない‥。

来週火曜日には治るかな?

P.S.もう治ってました(8日0時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり‥

今発売中のドライバー11/5号に、興味深いテストが載っていた。
題して、
「燃費向上グッズ」効くのはどれだ!?

見るまでもなかったが、結果を見てみた。
結果は予想通り‥とは言え、LSが4ページのところ、なんと12ページも割いた記事だから、結果は本誌をみてもらうことにしよう。

こんなものに金かけるくらいなら、省燃費走行法でも練習したほうがいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Support Stop bitacle.org

バナーがうまく貼れたので、報告。

方法は、まずStop bittacle.org のサイトに行き、趣旨に賛同できるなら、バナーを選びます

これを貼る訳ですが、貼る所は、
管理ページトップ > マイリストです。
私は「おすすめリンク」という項目を作って貼りました。

貼り方は右上の「URLを入力すると、新しいリンクを簡単に追加できます」の欄に「http://stopbitacleorg.wordpress.com/」を打ち込みます。
「追加ボタン」を押すと、リストがひとつ追加されます。
マイリストの表示設定をしている人は、これでとりあえずリンクが追加されますが、コメント欄に先ほど選んだボタンの下に書かれているhtmlタグを貼り付けます。
ここで黙ってコピーすると、バナーは表示されません。
それは、タグを表示させる為にダブル・クオーテーション・マークが全角になっているため。
一度メモ帳などに貼り付けて、ダブル・クオーテーション・マークを半角に直してから貼り付けてください。

マイリストの表示設定をしていない人は、ブログメニューの
管理ページトップ > ブログ一覧 > くるまこのみの雑記 > デザイン > くるまこのみの雑記 テンプレート > 表示項目
のマイリスト内の「おすすめリンク (リンク)」(自分がリンクを設定した項目)にチェックを入れます。

下の「変更を保存」ボタンを押し、次のページの「反映」ボタンを押し、ポップアップウィンドーの選択を「すべてのファイル」にして「反映」ボタンを押し、反映が完了したら出来上がり。

ダブルクオーテーションが全角には参りました。
テキストエディターで開くまで気が付かなかった orz

こういうお約束があるのでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Stop Bitacle.org

対ボッタクル対策で、有意義な情報を提供してくださっているインプレッションズさんのBlogで、Stop bitacle.org の存在を知った。

アンチ・ボッタクルの動きは世界各地で起きているようで、かのBlogでは反ボッタクル‘negative momentum’ を鮮明に打ち出し、バナーによるリンクを広めることと、著作権表示バナーの普及をはかっている。

サイドバーにバナーを貼ってみたいのだが、なかなか上手くいかない。
上手くいったら、こちらにもその方法をアップして、ストップ・ボッタクル活動を後押ししたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして権威が失われる

カービュー・カー・オブ・ザ・イヤーを開催 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

またもやカー・オブ・ザ・イヤーだ。

アワードもこれだけ乱立すると、ありがたみが薄れてどうでも良くなってしまう。

そもそもオリジナルのJCOTYが、賞の乱立を避ける意図で開催されたという基本理念がまったく忘れられている。
もっとも、JCOTYの選考委員の肩書き(人格ではない)に対して接待を続けたメーカーが結果的に引き起こした結末とも言える。

先日も書いたが、一般に広く門戸を広げると言う口実は、一票の匿名性を高くするだけで、どんどん意味のない統計になる。
それは、誰かが票数を操作してもわからなくなってしまうからだ。
一人一人の票数が発表されるJCOTYでは、その弊害はなくなる一方、特定の利害関係に左右されないはずの選考委員の間で独自の評価を貫くとなぜか選考委員を下ろされたりしたらしいが。

まあ、JCOTYのイヤーカーは、やるまでもなくレクサスLSで決まりでしょう。
どうでもいいけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Bitacle ぼったくり対策

[M]Music Save My Life さんの記事を参考に、ささやかながら対ボッタクルもといBitacle 対策を行った。

ココログ管理者ページから、メニューを「ブログ」→「設定」→「公開用設定」と進み、ブログの記事のRSS/Atom配信の設定をオンにしますか?のチェックを「はい(概要のみ配信する)」にしました。

地味でささやかな抵抗ですが、これからもいいアイデアがあれば、進めてゆきます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »