« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

すし屋

まだniftyが、niftyserveだったころ、クルマ好きの集まった某patio のOFF 会で静岡県三島にある回転すし屋に良く行ったものだ。

それなりにお金もかかるが、その値段以上のものを食べさせる店だったのを記憶している。
その後、羽田空港第2ターミナルをはじめ、御殿場のアウトレットなどあちこちにその看板を見かけるようになったが、久しく行っていなかった。

昨日、横浜に出来たららぽーと横浜に行った。
その中に、久しぶりにその店の名前を見つけたので入ってみた。

寿司は回っていなかった。
注文はタッチパネル式になっている。
このへんは、最近のすし屋では良くあること。
それはいいのだが、注文に対するレスポンスがあまりにも悪い。
5分10分平気で待たされる。
混んでいるならいざ知らず、八割程度の客でだ。

回転寿司ならこの間を流れてくる寿司で適当に埋められるのだが、オーダーなのでそうもいかない。
ねたも大きいが、鮮度はどうだろう‥。

結局、子供たちに食べさせただけで、自分たちはほとんど食べずに帰ってきた。
あれでレスポンスがよければ、倍とは行かないまでもそこそこ食べて帰ったのではないだろうか。

なんだか悲しかったし、あれでは店の将来も怪しいのではなかろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

ETC渋滞

ますます便利に、中部地区でETCレーン増設 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

3年ほど前あるインターチェンジで見かけた光景だが、IN側にトラックが列を成している。
その先にはIN3レーンのうち中央にETCレーンが1本。

このレイアウトの為に、左側の一般レーンがETCレーン待ちの車に阻まれ実質死んでしまい、ICの入り待ち渋滞が発生しているのである。
そのインターのIN側の先は、右側が比較的混む進行方向で左側は空いている。
右側の進行方向から渋滞が発生すると、右の一般レーンから左側の進行方向へ行くこともままならず、ますます渋滞を助長することになる。
ちなみに現在は、左側のレーンがETC/一般併用レーンとなっている。

ETCがあってもなくても結局は渋滞が発生するのかもしれないが、ETCレーンの配置を工夫すれば余計な渋滞‥このケースから言えば左側に行きたくてもいけないクルマによる渋滞‥を招く事はなかったのではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MEDIA SKINの弱点

使用開始から、3日。

まだまだ使いこなしてはいないが、一つ重大な弱点があることに気付いた。

それは、受話器に耳をあてるのが辛いのである。
具体的には、上端の縁が耳にあたり痛いのである。

受話音量を上げて、耳から離せば良いのだろうが。

これはもともとスピーカーが、別の素子(ガラス面全体がスピーカーになる?)を前提としてデザインされているためではなかろうか?

もともと電話だけに、電話としての機能面で問題があるのはちょっと辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MEDIA SKIN ついに2

まだまだ機能はいっぱいあるが、使った範囲でのレポート。

サイズ
ちょうどいい(笑)
特に適度な薄さがいい。

デザイン
余計なギミックがないのはいい。
見たまんまだが、一昔前の携帯をリフレッシュした感じ。
私の携帯遍歴を見てもらえれば、納得していただけると思う。
欧州系の妙にエルゴっぽいデザインよりは、障子の格子の様な直線デザインは、日本人にマッチするように思う。
私は、余計な機能は要らない派なので、それが気に入って購入を決めたようなもんだ。

キーの操作性
私は、男性としては手が小さいほうだと思う。
また、メールのヘビーユーザーではない。
そもそもブラインドタッチは期待していない。
それを鑑みた上で、キーの操作性についてだが、最下段のキーが、フラップのヒンジに邪魔されて押しにくい以外は、たいした不満はない。
押し間違いもありそうで意外とない。

とりあえず、そんあところだろうか。
ワンセグ機能は、他のと比べたことがないのでよくわからない( ^ _ ^ ;
アンテナが後付なのは、確かに邪魔くさいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MEDIA SKIN

待ちに待ったMEDIA SKINが、明日23日発売とauから発表された。
されど2週間ほど前に予約をしたショップからは、何の連絡もない‥。

人気機種への機種変更は、新規加入者を優先にして後回しにされると言う噂も聞くが、その辺はどうなんだろう?

そもそもそんなに人気があるのか?>MEDIA SKIN

顧客満足度No.1がこの程度の対応と言うことは、2位以下はどんな対応をしているのだろうか?>この業界

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本当に本物なのか?2

史上最高額のオークション、成立せず…アウトウニオン | Response.:

今回のオークション。
書類不備により、入札そのものがなかったとのこと。

そもそも高額の落札価格が予想されているにもかかわらず、事後に書類不備とはお粗末。

欧州では、幻のクラッシックカーが「偶然に」発見されて世に返り咲くと言うことが度々あるという。
全てがフェイクとは言えまいが、スクラップのリビルドなんて、そのスクラップに名前が書いてあったわけではなかろうに‥と言う気持ちがぬぐえない。

前回の予想が当たってなければいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつか来た道

【ニューヨークモーターショー07】ヒュンダイ ジェネシス コンセプト | Response.:

ヒュンデのソナタをばらしたら、一世代前のカムリとおんなじだった‥と言う笑えない話がある。
イメージスケッチも、どこかで見たような‥。

まあ、日本車もいろいろ過去があるから。
追われる立場になったと言うことか。

1位になったら、どうするつもりなんだろう?

数と言う指標は一番判りやすい指標ではあるけど、それを達成した瞬間にその先がわからなくなる。
その先の目標は、見つけることが出来るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧車は対象外

燃費向上に効果のあるバッテリー GSユアサ子会社が開発 | Response.:

ヘタな燃費グッズより明らかに効果があると思われる製品が登場。
アフター・マーケットより、ライン装着の需要が主かもしれない。

ただ、負荷に応じて充電量を制御するタイプのクルマでなくてはいけないわけで、つまりQ車は対象外となる。
バッテリーを交換するときは、自分の車が充電制御タイプかどうかを確認してからと言う時代が来るのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スムーズに走れる車間距離

車間距離をとって走ると、後ろにぴったりと付いてくる輩がいる。
気ばかり焦って、実はスムーズに走れていないことに気が付いていないのだ。

周囲の流れについていないほどゆっくり走っているならともかく、適度な車間距離にはスムーズに走るための意味がある。

まず、前の車の加減速に対して寛容に走れること。
細かな加減速は、燃費の悪化につながる。
車間距離をとっておけば、余計なアクセル/ブレーキ動作が要らなくなる。
不意の事態に対するリカバーも取れる時間が長くなり、事故に巻き込まれる要因が減らせる。

次に視界が確保できること。
大型トラックの後ろに付いた際には、少しでも車間距離をとることによって前方の視界が確保できるようになる。

そして、スムーズに追い越せること。
高速道路で、特にパワーのないクルマで巡航している際には有効なテクニック。
追い越し車線の混み具合を確認してから、車間距離を加速区間として使用し一気に追い抜くことが出来る。
充分な加速がされていないと速度が遅いまま追い越し車線に合流することになり、流れを乱すだけでなく時として重大な事故につながる。

適度な車間距離はどのくらい?と言うのも難しいが、前の車の位置に到達するのに3秒と言われている。
速度に比例して車間距離が長くなることになり、とても合理的な見方だ。
ただ日本では、この車間では距離をとりすぎと見られてしまうから、実質2秒程度になるのかなぁ‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰のための資格?

自動車文化検定を実施 日本初の“CAR検” 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

元締めは日販で、公式HPは、ふざけてるのかおちょくっているのか不明なのがなんとも
日販のプレスリリースとかみ合っていない感じ。
検定と言うからには級性なのか?それともTOEICのようなスコア式?
その辺がぜんぜんわからないのだけど。

HPの例題を見る限り、4者択一で回答するようだが、これ、200問くらいあるのかなぁ‥。

第一回の受験者は、どんな面子なのだろう?
出版流通業が旗振りなのだから、雑誌関係者はサクラとして当然受けるのだろうけど。

自動車雑誌の編集後記欄に、自動車検定○級とか明示して欲しいもんである。
(東販に遠慮して載せないとか言って、逃げるなよ)

レベルの低さを露呈して、自分の首を絞めることにならなきゃいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パネトーネ2

新聞のチラシに、近くにある現金卸問屋(小売もOK)のものがあった。

そこに、パネトーネの大特価の文字が!?
それも、大特価通り越してむちゃくちゃ安い。

こないだコストコで買ったのは、1kgで\1,000.-。
これでも充分以上に安い。
ところが今回は、500gで\198.-1kgで\398.-!!!!

製品は、イタリアではなくブラジルのBaunducco社のもの。
値段が安いのはそのためもあろうが、どっかがクリスマス向けに大量に仕入れたものがデッドストックになったに違いない。

まあ定番のモノではなかろうが、下には下があると言うことで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

軽自動車の限界

うちのクルマはネイキッド。
通勤も電車になったし、家族が4人のうちは過不足無く使えるのかと思っている。

ところで軽自動車は、短い全長の中でデザインのバランスを取るためと後ろの乗降性を確保するため、フロントのドアが極端に前後方向に短く設定されている。
センターピラーが小型車と比較して前席側から見ると前になるので、シートベルト・アンカーの位置もおのずと前になる。

これによって生じる不都合が、シートを後ろにスライドしたときのシートベルトの位置だ。

小柄な人なら、シートが前にあるので問題はないが、シートを目いっぱい下げて更に倒して乗るような乗車姿勢では、シートベルトが肩から浮いてしまいかねない。

これではいくらプリテンショナーがついていたって、体を拘束出来ない。

これを防ぐには、シートベルト・アンカーを、ルーフサイド・レールに持ってくるしかないのだろうが、リヤ・サイド・ウィンドゥをベルトが塞ぐことになるので、後席の開放感がスポイルされるだろう。

小型車以上の室内空間を実現したダイハツに、こんどはこれで頑張ってもらいたい?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

時代の終わり

自動車部品・装置の開発製造アペクセラ株式会社民事再生法の適用を申請負債53億円 大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]:

国道129号線を北上すると、相模川を渡ってすぐ左側に会社があるのは知ってたけど、倒産してたのは知らなかった。
社外品マフラーの規制強化の動きもあるし、本業だけでは建て直しは難しいだろう。

この業界も厳しいのねと思いつつ、違法すれすれの商品で稼いでいたなら自業自得と言う見方もあるか。
これからは交換マフラーも、新型車発売時に並行して開発できる純正系メーカーが台頭するのだろう。

でも爆音を出す目的が絶たれた以上、マフラーを変える意味が判るほど敏感な感覚の持ち主はほとんどいないと思うのだが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花粉症&風邪

‥のダブルパンチでへろへろです。

熱は出てないけど、仕事が押してる関係で疲労も溜まっているせいもあるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルのCVT

富士重、水平対向エンジン用CVTを開発 主要 -日刊自動車新聞-

日刊自動車新聞だけがこのネタに触れているので、詳細はよく判らない。
ベルト型なのか、日産でFR用に一時使っていたエクストロイド型なのか?

いずれにしても、エンジンから見て縦置きのレイアウト上にCVTを収めるのはなかなか大変だと思う。
当然AWDにも対応しなければいけないだろうし、水平対向エンジン専用で、スバルでしか使えないとなるとコストの問題もあろう。

それでも、金属ベルト型CVTの草分けとしての意地もあるだろうから、ここは頑張ってほしいものだ。
エンジン/トランスミッション統合制御のSIドライブも、やっと真価を発揮できるだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インパルス消火システム

消防博物館がらみが続く。

火は水をかければ消えると言うのは子供でも知っているかとは思うが、どういう原理で消えるのかはあまり知られていない。

結局、水が気化するときに気化熱を奪い、温度を下げることによって燃焼するものの温度を発火点以下に下げることで火が起きないようにすることだ。

これを突き詰めたのが、インパルス消火システム。

高圧で少量の水を噴射することにより水を極限まで微細化し、その表面積を拡げ、一気に気化させることによって水の気化熱を最大限に利用する。
しかし微細化した水は同時に質量を失い、運動エネルギーが保持できない。
これを保持するために、一回り大きい水の塊を先に放出し、その陰に隠して微細な水を消化点に到達させると言ういかにも理詰めなシステムが、開発元のドイツ国民性を物語っていると言えようか。

高圧の空気で水を噴射するため、ガラス程度ならぶち破って消火点に到達する。
日本では主に人が一人で使用できるバックパックタイプしかないが、戦車みたいな大型タイプもある。
高層ビルの高層階での火災時に、最初にガラスをぶち破って消火すことも出来るらしい。
しかも水をばら撒かないので、下層階への水の被害を最小限に出来る。

少量の水で済むため、ヘリコプターでの運用にも適している。

この破壊力を買われて、消防ではなくむしろ警察が暴動鎮圧用に装備しているそうな。

日本であまり普及しないのは、値段のせいなのかなぁ‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野坂上

中野坂上には、3ヶ月だけ住んでいた。
例の事務所が所在し、そこに居候していた期間だ。

そこを16年ぶりに訪れた。
消防博物館の帰りに、嫁さんと子供たちを連れて。
目的は、そこにある居酒屋に行くこと。
どちらもマネージャーのチャーリー米村氏とよく行った店だったのだが。

しかしリサーチ不足で、目的の店はどちらも日曜定休日だったと言う落ちになってしまった orz
そのうち一軒は結構お勧めなので、近くに行った際(行くのか?)には、ぜひよってみて欲しい(誰に言ってるの??)

それはともかく、町並みは再開発が入ったこともあり、大きく変わっていた。
青梅街道と山手通りの交差点は、高層ビルが建っている。
でも、一歩裏に回れば相変わらずの昭和40年代が息づいている。

次に行くのはいつのことか。
今回たどり着けなかった店に、また行けることはあるのだろうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消防博物館

東京消防庁<防災館・博物館><消防博物館>:

長男が、トミカのハイパー・レスキュー・シリーズにどっぷりはまっている。
どこで調べたのか、消防博物館に行きたいと騒いでいたので、東京消防庁の消防博物館に行ってきた。

現在特別展で、災害から学んだ消防展をやっており、先の新潟中越地震で、4日間土砂に閉じ込められた2歳の男の子を救ったハイパーレスキュー隊員の、実際にそのときに着ていた作業服が展示されていたりする(3月11日までなので、見たい人は急げ!?)

この消防博物館。
地下1階には、古の消防車両が展示してある。

消防車はきちんと整備され、長い間使われるので、クラッシック・カーとして見てもなかなか見ごたえがある。

絵本の名作しょうぼうじどうしゃじぷたに登場するのっぽくん(はしご車)のベースになったと思われるベンツのはしご車も堂々と展示してある。

5階テラスには、退役した消防ヘリコプター「かもめ」が展示してあり、実際に着席することが出来る。

展示スペースはこじんまりとしているが、飽きやすい子供にはちょうどいい規模かもしれない。
地下鉄丸の内線四谷3丁目駅から直接入場できる。
入館料はただ。

こどもの遊び場所に困ったあなた、
如何ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なつかしのブランド

【ケンウッド】創立60周年記念カーオーディオ「TRIOモデル第三弾」を期間限定で発売 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

トリオ(TRIO)のブランドを止めたのはいつだろうと思って調べたら、1986年だったのね。
アマチュア無線やってた身としては、懐かしいブランド名です。

本体+アンプ(モノラルだから、スピーカーの個数分必要)で、お値段アンプ2個モデルで\367,500.-‥。

これはすごいですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完全にやられた

“nav-u”NV-U1 -Sony Style:

うーん、VICS搭載のPNDが出てしまった (-_-;

定価は安め(\59,800.-)なので、実勢価格は更に安くなるだろう。
VICS付きで、5万前半くらいなのかなぁ‥。
ナビに特化しているのもいい。
ただちょっと重いかな?

売れ行き次第と思うが、ミニゴリラは値下げまたは機能アップで対向するしかないだろう。
バージョンアップなどの情報が無いのもマイナスだ。

これはちょっとやられたかも?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »