« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

世界一甘いクルマ

シュコダといえば、チェコの自動車メーカーで、現在はフォルクスワーゲングループの一員。

これは英国向けCMらしいが、全てケーキで作られた、まさに「世界で一番甘いクルマ」

映像を見て気付いたのは、外観だけの張りぼてではなくて中身もある程度しっかり作ってあること。
エンジンにいたっては、ご丁寧にエンジンオイルの代わりに蜂蜜まで入れている徹底ぶり。

バカもここまでやると芸術だ。
でもこのアイデア、どっかのメーカーがパクリそうな予感‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道模型チャンネル

鉄道模型ブームなのか?NHKの趣味悠々でのジオラマ作りが終わったかと思ったら、BSJで、鉄道模型チャンネルという番組が4月から始まった。

上の子もまだ4歳なのでまだまだ鉄道模型などは早いのだが、木製レールのセットで作る線路のパターンが、これらの番組を見てから明らかに複雑になった。
子供の知識吸収力とは凄いものである。

さてこの鉄道模型チャンネル。
番組の構成は、一部カーグラフィックTVを狙っているようなところがある。
監修が、ネコパブリッシングのRM MODELSというのもあるだろう。
(好きな会社じゃないけど)

模型を作る人のことを、レールゲージマイスターとかいう変な英語を勝手に作って持ち上げている。
登場する人物は、現役の鉄道運転士や車掌‥それに業界関係の人。
確かに作られている模型はすごいけど、内輪受けとも取れなくは無い。

鉄子こと豊岡真澄のコーナーもあり、車両基地に乗り込んで、メジャー片手に車両の寸法を測るという、なんともシュールなコーナーがある。

BSデジタル環境がある人は、一度ごらんになって見るといい。
ただ子供が鉄っちゃんになっても、当局は一切関知しない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル的まじめさ

スバルが「車載用小型空気砲」を開発、その真意に迫る 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

スバルという会社、端々にまじめさというか不器用さが見える。
この製品の名前もそうだが、衝突安全ボディーの「新環状力骨構造ボディ」と、横文字ではなく漢字表記を貫いている。

英語名の"Spot Scents"は、直訳すると「部分的芳香」となるか。
"Scent"は嗅ぎつけるという意味にもなるそうなので、記事中で言われている用途にはぴったりの名前だと思う。
漢字名ではなく、こっちを正式名称にすればよいのに。

ところでこの製品。
自動車部品として売り出すより、むしろ体感シアターのような目的のほうが需要がありそうな気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な街?トミカタウン

製品が危険というわけではないので念のため。

長男は、4歳。
おもちゃへの興味も、トミカやプラレールなどに移り、トミカ・エイジと言ってもいい年代だ。
1年周期で強制陳腐化されるキャラ物に走っていないのが、親として今のところ救いだ。

さてそのトミカ。
ハイパーシリーズというラインナップがある。

最初に出たのは、実在の東京消防庁ハイパーレスキュー・チームを題材にした、トミカハイパーレスキューシリーズ。
これはまあ、既存のトミカに加え、トミカ遊び兼収納用にデザイン(一部旧型から転用)された派生製品を出している。
商品を買わせようとしているのは見え見えだが、まあ納得できる商品展開。

そして最近出たのが、ハイパーブルーポリスシリーズ。
今回は実在ではなく架空の警察だ。
大人的にはコンセプトがちょっと納得いかないが、子供的にはまあ許せるのかもしれない。

それにしても、このトミカタウン。
その大規模災害は、特殊専用車両を開発しなければならないほど深刻で、一方、特殊開発した車両を使わなければ町の治安を維持出来ないという極めて住みにくい街のようだ。

そんな街には住みたくないなぁ‥。

最後に繰り返すが、製品が危険というわけではないので念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンツはブランドになったのかも?

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「ベンツ」の名前、社名に復活を=ゆかりの町が訴え-独:

ダイムラー・クライスラーは、合併前はダイムラー・ベンツ。
ベンツの名前は何で外したのだろう?と思っていたが、クライスラーを切り離した後の車名を、ダイムラーにするという。

ところでベンツの名前は乗用車のブランド、メルセデス・ベンツに残っている。
同社には、更に上のマイバッハのブランドがある。

と、言うことは、戦略としてベンツはブランドとして残るのかなぁ‥と。
残念ながらマンハイム市の願いは、おそらく叶わないだろう。

ところで、同じダイムラーを起源とする英国デイムラー社もあるけど、細々とながらまだ売り続けてたのね‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理由付けも大変

D-SPORT、コペン用ライトシールド発売 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

セラに乗っていたときも総だったが、車高の低いクルマにとって後続車のライトは、本当に気になる。

ところで、家のネイキッドもそうだが、登録車では義務付けられているルームミラーの防眩機能が軽自動車には装備されていない。
豪華アイテムとして、上級仕様に装備又はオプション扱いだ。
ちなみにコペンは、防眩機能付きが装備されている。

このアイテムの本来の目的は、シートの間に装備して風の巻き込みを防ぐウィンドシールドがスモーク処理されていてというのが本来の意味だろう。
スモークの透過率が適正で、ハードトップをクローズした状態で取付けOK。

スモーク処理の理由なんだろうね‥防眩機能

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪4

長引いた風邪だが、ようやく収束の方向だ。
濃い鼻水が出ているが、徐々に収まってきている。

足(膝)の痛みは、別の原因のようだ。
連休前から靴を替えたせいだろうか?
元の靴に戻したら、少し楽になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車を買わない理由

怪しい仲間のなにはともあれさんの記事、新車が売れないそうだの記事を見て思ったこと。

そもそも、「売れない売れない」という言葉には、売る側の理論しかない。
売る人間だって、スーパーに行けば日常品を買っている、つまり買う立場の人間のはず。

それを、売る立場でしか考えないから、売れるもの視点でしか商品が企画出来ない。

次に、買う立場の人間を絞りすぎていること。
「買う立場」の視点が、市場から遊離してしまっているんもではないだろうか。

雑誌などで紹介される商品を選ぶ視点は、結局売る立場から見た買ってほしい商品でしかなく、確かに理想かもしれないが買える商品ではない

自動車会社は、高額な調査料を結局なにを言っているか判らないような市場分析に費やすくらいなら、全社員対象に(当然メーカーの枠を外して)欲しい車と買えるクルマの調査でもしてみたらいい。

そうすれば、東京の特定地域にすむ日本の総人口の0.01%位のスーパー・マイノリティ市場に特化した特殊な調査結果ではなく、本当に消費者視線から見た買えるクルマが判るのではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

残りの売り物は何か

クライスラーをサーベラスに売却 | Response.

DC、クライスラー部門を投資会社へ売却 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

朝日1面でもこのニュース。

レガシィコストは、新会社(クライスラー)に負の遺産として持ち越し。
では、クライスラーに残る商品価値とは何か?

ブランド?工場?

投資会社はリストラは予定していないとしているが、それではぜんぜん再建策が見えない。
裏で何がしか狙っているところの目星が無ければ、慈善事業のような買収を引き受けるはずがない。

狙いは、クライスラーの持つAMC=ジープ・ブランド。
行き先は、中国と見た。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

風邪3

家族の協力で、土日を「寝て」曜日にしてもらい、かなり快復。
昨年末からの疲労の蓄積なのか、土日とも18時間くらいは寝ただろうか(寝すぎか?)
おかげで喉の痛みはまだあるものの、先週末までの脱力感は消えた。

あとは、風邪と同時に出た膝の痛みだが、別の原因なのかもしれない‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪2

この間も書き込んだが、その風邪が治らない。

下痢は止まったものの鼻水とくしゃみが。

中途半端に長引いて、たちが悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウコンの力

業務スーパーで、ダイドードリンコウコン茶を安売りしてきたので買ってきた。

飲んだあとボトルを見ると、ペットボトルが黄色に染まっている。

‥恐るべし、ウコンの力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪か

妻が熱を出し、次に下の子。

私も昨日あたりからからだがだるい。

風邪か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと違うのでは?

並走するクルマに弾き飛ばされ、路外に転落 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

並走するクルマに弾き飛ばされ、路外に転落 | Response.:

合衆国の車両追跡術で、前方を走行指定入るクルマを停止させるためにスピンを誘発する方法があるという。

それは、車両斜め後方からわざと追突し、前を走っているクルマにヨー・モーメント(コマのように回転する方向の力)を与え、スピンさせると言うものだ。
今回の事故状況は、これに近いと思われる。

記事中住所からすると、事故現場はこの辺か?
記事中「のり面」とはこういう面を言うそうで、のり面があってそのあと下に雑木林があるところといえば、ここか?
ほぼ直線の道路。

40m横転せずにのり面を走行しそのあとがけ下へ転落しているなんてかなり器用な状態と思う。
横転していないと言うことは、ステアリングはほぼまっすぐの状態で維持されていたのだろう。

仮に左車線から右車線へふらついたとすれば、ステアリングはわずかであっても右に切れているはずだから、右後方から追突された場合クルマは右方向に回転するのではなかろうか?
そうすると、追い越し車線側をふさぐ格好でスピンするはず。
しかし、そうはなっていない。

追突するかっこうになったワゴン車の挙動が怪しい。
追い越し車線で居眠りするなどして左にふらついて、左側を走っていた女性のクルマの右後方に追突したとするのが正解のような気がする。

写真も見ていないのでこれは憶測に過ぎないが、きちんとした検証が行われることを望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年の壁

ブログ始めて2年半になるが、記事を書くのがきついと思うことがある。

特に毎日書かなくてはと言う気持ちもないのだが、続ければ欲が出てくる。
それでもなかなか記事を続けてゆくのが大変だ。
ネタも切れてくるし。

このへんが、ブログを続けるか止めるかの瀬戸際なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

べこもち

べこもちとは、北海道で節句などに食される餅。

米粉を半分づつ黒砂糖と白砂糖で溶いたものをふかして半分ずつ合わせ、黒白の状態にし、葉の形にしたもの。
ホルスタインの皮に似ているから北海道方言の「べこ」もちと言う説や、米粉=べいこ餅と言う説など、名前には諸説ある。

長男が生まれてから、こどもの日には手作りで(本州では手に入らないからだが)作ることにしている。

米粉をふかすのは大変なので、団子用の粉を、白砂糖、黒砂糖を湯で溶いたもので溶いて、本来なら笹の葉だがオーブンペーパーを長方形に切ったものに載せ、葉の形に整え蒸す。

さて、これから仕込み。
失敗しないようにしないと‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪駅

Photo

大阪駅で見つけた立ち入り禁止のポスター。
言わずと知れたディック・ブルーナのイラスト。

妙に気に入ったのと、大阪の雰囲気とのギャップで写真とってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊ココログガイド

本ブログ左肩の『あやしい仲間たち』で紹介しているぽてち′s logが、日刊ココログガイドで紹介された。

どういう基準で選ばれるのか、なんらかの連絡があるのか、どのくらいアクセスに響くのか、興味がある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »