« ベンツはブランドになったのかも? | トップページ | スバル的まじめさ »

危険な街?トミカタウン

製品が危険というわけではないので念のため。

長男は、4歳。
おもちゃへの興味も、トミカやプラレールなどに移り、トミカ・エイジと言ってもいい年代だ。
1年周期で強制陳腐化されるキャラ物に走っていないのが、親として今のところ救いだ。

さてそのトミカ。
ハイパーシリーズというラインナップがある。

最初に出たのは、実在の東京消防庁ハイパーレスキュー・チームを題材にした、トミカハイパーレスキューシリーズ。
これはまあ、既存のトミカに加え、トミカ遊び兼収納用にデザイン(一部旧型から転用)された派生製品を出している。
商品を買わせようとしているのは見え見えだが、まあ納得できる商品展開。

そして最近出たのが、ハイパーブルーポリスシリーズ。
今回は実在ではなく架空の警察だ。
大人的にはコンセプトがちょっと納得いかないが、子供的にはまあ許せるのかもしれない。

それにしても、このトミカタウン。
その大規模災害は、特殊専用車両を開発しなければならないほど深刻で、一方、特殊開発した車両を使わなければ町の治安を維持出来ないという極めて住みにくい街のようだ。

そんな街には住みたくないなぁ‥。

最後に繰り返すが、製品が危険というわけではないので念のため。

|

« ベンツはブランドになったのかも? | トップページ | スバル的まじめさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/15182140

この記事へのトラックバック一覧です: 危険な街?トミカタウン:

« ベンツはブランドになったのかも? | トップページ | スバル的まじめさ »