« ETCの実際 | トップページ | のってカンガルー »

全幅アンダー1600mmクラス

主要 -日刊自動車新聞-:三菱自 車体を11センチ拡幅したアイを2009年にも世界市場へ投入

コンパクトが全長以外ではぜんぜんコンパクトでなくなってしまった今、貴重なアンダー1600mm小型車の復活。
国内市場では本家iとの差別化の問題で苦戦が予想されるが、欧州ではいけそうな予感。

コレクターズ・アイテムとして三菱ファンは要チェック!?

|

« ETCの実際 | トップページ | のってカンガルー »

コメント

iの場合横幅拡大よりエンジン排気量アップの方が効きそうですね。 あの車重ではターボ付でも辛い物がありますから。1リッタークラスでいいエンジン積めたら、パッソあたりが喰われそうな気がしますが、果してどうなりますか。

投稿: フックランナー | 2007/08/20 23:13

欧州では、小型車にコストかけても消費者が納得してくれますから、その意味でもiはいけそうに思います。
それに現行サイズだと、元ネタのスマートとかぶっちゃうでしょうし。
小型車は値段も安くなければというフィルターがある限り、日本での善戦は期待出来ないと思います。

投稿: くるまこのみ | 2007/08/21 07:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全幅アンダー1600mmクラス:

« ETCの実際 | トップページ | のってカンガルー »