« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

ここで問題です

写真は三菱自動車のパジェロミニですが、ターン・シグナル・ランプはどっち?

01

灯火類の配置は、解かりやすいのが良いに決まっているが、時々なにをトチ狂ったかわけのわからない配置にしてくるクルマがある。
デザイナーとしては、無い知恵を振り絞って考えた末の結論なのかもしれないが、それが無用な事故を誘発するなら大問題だ。

しかも市場に出回ってしまっている以上、そのクルマを売っているメーカーには、そのデザインに疑問を持って歯止めをかけられる人間が居ないという結論になる。

上記の質問。答えは、Bだ。
以下、カタログより。
02

私はターン・シグナル・ランプを橙色ではなく白やスモークをかけて目立たなくするのすら嫌派なのだが、今回の例はかなり悪質だと思う。
一見光りそうなところはバックアップ・ライトで、バックアップ・ライト風のところがターン・シグナル・ランプだ。
キャッツアイを車両の下に配置することは距離感をつかませる上で重要なことだが、それが上になって、走行中ストップ・ランプの次に重要と思われるターン・シグナル・ランプを下に持って来る意図がわからない。
視認性を高めたリヤランプとは、一体どこのことを言うのだろう?

保安基準上、問題ないとしても、メーカーの安全に対する意識の低さが解かるというものだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ギリギリ駐車

Jターン世界新記録 8cmの隙間で | Response.

AGN  ルノーのトゥインゴ、余裕180mmの隙間でJターンを成功させ世界記録を樹立:

先日テレビ東京系TVチャンピオン2で、ギリギリ駐車選手権と言うのをやっていて、感心して視ていた。
車幅+2cmの車庫入れは凄かった。

どちらかというと静的な競技だったTVチャンピオンに対し、今回の記事は動的な(?)駐車。
入れても出られないだろうなんていうのはさておいて‥。
動画で視てみたいけど、どっかにあるのかなぁ‥。

これを視ると、駐車というより壁の隙間で1回転ですな。

ところで記事中、フォード・エステートとあるけど、フォード・エスコートの間違いではなかろうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日清 日清焼きそばU.F.O. お好み焼きトッピング

本来は出張所ネタなのだが、販売価格100円以下という限定から外れるので、こっちにした。
080128_120701


080128_121501

分類 焼きそば
味 ソース味
同胞 ソース1お好み焼き1マヨネーズ1ふりかけ1
購入価格 198円
コメント お好み焼きが邪魔で、麺とソースを混ぜるのが大変

お好み焼きは、どん兵衛のてんぷらみたいな感じかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F15のブレーキ

KYB株式会社 > KYBブランド > KYB史料館 > ギャラリーマップ:

KYB株式会社は、旧社名カヤバ工業。
国内の自動車用ショック・アブソーバーのトップ・メーカーだ。

製造する品目は、ショック・アブソーバーにとどまらず、油圧機器全般。
ポンプ、シリンダー、モーターなどだが、航空関係機材として、F15Jのブレーキが展示されている。

他にも、新幹線用のアクティブ・サスペンションとか、零戦の脚部(本物・1977年に海中からサルベージされたもの)が展示されていたりする。

硬い展示ばかりではないので、子供でも楽しめそう。

毎週木曜日は、予約無しで見学できる(しかも無料!)そうなので、興味のある方はこちらを参照願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若鯱家

080124_122401


昨日の昼食は、出張先で名古屋メシの一角をになう、若鯱家のカレーうどん(サイド・メニュー付き)。
カレーうどんは、可もなく不可もなく。こんなもんかと言う感じ。
辛い訳では内のだが、辛さの印象しか残らない。
サイドメニューのカツどんは、とじた卵が固まっていて、学校給食並み?
タレは美味しかったが。

ここは、屋号で結構もめていたところと思うが、現在はもともとの店が名前を変えて、本家鯱乃家として営業しているらしい。
商標登録してないからって、無理やり名前を登録して本家を追い出すなんて、いかにも広告代理店がやりそうなことだ(名古屋にはこういう事例が多いらしいが)
企業概要の頁には、どうでもいいような分析が載っているし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪

先々週末からひいた風邪が、未だに治らない。

熱は無いのだが、咳がとまらないのだ。
体力消耗するので、辛い‥。

週末で復帰できるかと思ったが、長男が嘔吐を伴った風邪をひいてその世話で自分どころではなかったし。

皆さんも気をつけて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

capless Direct Fill System

ガソリンキャップレスに動くフォード | Response.:

フォードが今後積極的に推し進めようとしているのが、この capless Direct Fill System。
給油口のキャップがなくて、フューエル・フィラー・リッドだけというものだ。

そもそも給油口のキャップはむき出しだったのに、そこにリッド(カバー)が着いて今に至るわけで、蓋に蓋がついているというよくわからない状況なのは確かだ。

これは、安全性という面でも、採用が拡大されるのが今後の動きのように思う。
あとは燃料の入れ間違いをなくすように、フューエルフィラーとノズルの形状が合わないと入らないようにするとかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が付いた??

日産:CMギャラリー:SERENA「さわろう」篇

以前、こんなことを書いたが、今回のCMでは、しっかりブースター・シートを使用している。

ここを見てた‥か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トール・ボーイは今

3172

このあいだ、街で初代シティを見かけた。

当時のキャッチフレーズは、「トールボーイ」
既に25年以上前のクルマになってしまった。

たしかに、全高1470mmは、当時主流の1400mm車高‥ホンダ車は特に低く、1350mm位だった‥に比べれば、背が高かったが、標準的なセダンでも1450mm以上の全高をもつ現在の水準では、普通?の全高になってしまった。

背を高くすれば室内が広くなるという当たり前のことも、実現するには長い時間がかかったということか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

確かに要らんわ

カーナビにEメールは不要…マイボイスコム調査 | Response.:

カーナビ利用アンケート、観光地の検索に便利だがEメール送受信は不要 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

e-mail端末として携帯電話が普及した現在、カーナビでもメールは出来るかもしれないが、無理にやろうという必要は無いのは確か。

ただ、携帯電話の運転中の使用は禁止だから、メールが来たことを告知するような機能はあってもいいかも。
機能として考えることは出来るが、実質使わないとは思うけど‥運転という行為に対する責任意識の欠如ということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか、視たい

ついに、実車版Speed Racer 予告編公開。
日本では8月公開だそうな。

キャストが、良くここまで似た人を連れてきたもんだという感じ。
今までリニューアルを図って散々失敗してきた「続編」の失敗を汲んで、原作のイメージを極力壊さずに造ろうという心意気がいい。

観に行ける‥かな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スマート 改めデブです

カテゴリ分けしなおさなくちゃ‥。

それはさておき、下の話題。

メルセデス・ベンツ スマート フォー・ツー 【 carview 】 フォトインプレッション:

装備はともかく、ボディーサイズがアップしている。
直接の競争相手がいないのだから、キープ・コンセプトも出来たはずなのに、日本の軽自動車枠のような箍が無いのが裏目に出て、全長で7%、幅で3%のアップ。
‥全長に比べて幅のアップは抑えましたという言い訳もあるのかもしれないが。

結局2シーターというコンセプトだけが残ることになったスマート for two。
次は幅が1700mmかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御乱心

NHKニュース: 道路財源見直しの法案提出へ

民主党は、道路特定財源の一般財源化を阻止して、廃止させる方向だったんじゃなかったっけ???
それを、全て一般財源化なんて訳解からん。

こないだの参議院選挙でも、あれこれ言っていたような‥。
もし本当なら、もう民主党終わったな。

今のところNHKだけの報道だけど、真偽や如何に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイドリング・ストップは有効か?

私の場合は、実行したら市街地燃費が5%以上良くなったので、端的に有効と判断している。
(交差点などで、30秒以上の停止の場合でアイドリングストップした場合・駐車場での駐車中は、当然エンジンは全停止だ)

しかし最近のクルマでは、バッテリーあがりの危険性があるものがある。
走行中の抵抗を極限まで減らすため、ひどいクルマでは減速時にしか充電しないというのだ。
そんなクルマでは、10・15モードを繰り返すだけでバッテリーが上がってしまうそうだから、アイドリング・ストップどころではない。

更に更に最近のクルマはバッテリー容量に応じて充電制御を行っており、この心配もなくなっているが。
(充電制御タイプのバッテリー装着を、指示されているクルマがこれにあたる)

最近クルマを買って、アイドリング・ストップをしようかしまいか迷っている人は、上を確認してからのほうが良いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TDLの秘密

先日東京ディズニーランドへ行ってきたが、ポップコーン待ちの列の中で発見してしまった。

ポップコーンは、園内のワゴンで売られている。
上に鍋があってポップコーンがあふれて出てくる光景はご存知の方も多いと思うが、ワゴンの下のほうにも秘密があった。

Kc3a0187

ワゴンのポップコーンを受ける面に穴が開いている。
これがふるいになっていて、はじけていないコーンや、細かなカスが下に落ちるようになっているのである。

ちょっとした工夫にも、人気を維持するための秘密が隠されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TDLトラブル多し2

NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース-内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで:見物客の目の前、山車の飾り落下・TDL、初の事故

NHKニュース:人気パレード 緊急点検で中止

行く前にも書いたが、何故か事故がおきてしまった。
けが人が出なかったのが幸い。

昨日聞いた「白線が見えるようにお座りください」の意味がわかった。
確かに近くに観客はいたが、落下した飾りは縁石のところで止まっている!
最悪の事態だけは起こさない危機管理。
キャストの対応も見事だったと思う。

ただ、我が家にとっては行った翌日というのが、白い恋人事件の様で微妙。

この二つにニアピンで遭遇した人はいるまい orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニー・リゾート・クルーザー2

Kc3a0200

冬休み最後はディズニーランドへ行ってきたのだが、ディズニー・リゾート・クルーザーに新型が導入されていた。

全体に角張って、コスト・ダウンされた感じ‥。
室内空間は、広めに取れそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役に立つ情報とは?

つるナビ | 秋田における路面凍結情報の提供による安全運転の支援プロジェクト:

富士重工業株式会社 ニュースリリース:富士重工業、積雪地域の路面凍結に対する情報提供「秋田つるナビ社会実験」に参画

主要 -日刊自動車新聞-:富士重、ネットで凍結路知らせる社会実験「秋田つるナビ社会実験」に参加

このプロジェクトは秋田大学主催による社会実験。
実際に走行しているクルマから情報を得て、タイムリーな路面凍結情報を提供しようとするのが趣旨。
最新の発生状況はこちら

北米で運転した際に、外気温計の威力を感じた。
マッド&スノー・タイヤでオール・シーズンクルマを使う北米では、路面の凍結状況を刻々把握しながら走る必要があるからだ。

今回のデータは、スリップ率という観点からトラクション・コントロールやABSが作動したポイントをマークしていくという考え方だ。
実際にクルマが滑りやすい状況は、氷がガチガチに凍り付いている状態ではなくそれが溶けかかっているときだから、確かに有効かもしれない。

ただ、これだけの情報を送れるのなら、外気温情報もくっつけておけばいいのに。
オートエアコンから引っ張ってくれば、手間もかかるまい。
大まかな外気温マップがあれば、ポイントではなくエリアでやばそうなところが判りそうなものだが。

あとは、効率的なサンプル数を見極めることと、情報を如何に発信するかの問題。
情報をいくら溜め込んでも、必要なところに必要なだけ発信できなければ意味がない。
今なら、ナビのVICS使うのが一番簡単かなぁ‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TDLトラブル多し

時事ドットコム:ディズニーランドでぼや=客100人が避難-千葉:

この冬休みの締めくくりは、TDLに行こうと思っている。
さてそのTDLだが、記事のような話があったようだ。

昨年末には、こんな事件もあったようだし、なんかトラブル多くないか!?

昨年のエキスポランド事件依頼、普通の設備故障的なトラブルでも報道の対象になってしまうのかもしれないが、九州スペースワールドの件もあり、一概に過剰報道とも言えそうにないし。

まあ、あんずるよりも生むが易しということでいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

2008年になりました。
今年が皆さんにとって、良い年でありますように。

我が家の予定は‥3人目の子供、新しい(?)中古車購入‥そのくらいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »