« ギリギリ駐車 | トップページ | ピンチ!業務スーパー »

ここで問題です

写真は三菱自動車のパジェロミニですが、ターン・シグナル・ランプはどっち?

01

灯火類の配置は、解かりやすいのが良いに決まっているが、時々なにをトチ狂ったかわけのわからない配置にしてくるクルマがある。
デザイナーとしては、無い知恵を振り絞って考えた末の結論なのかもしれないが、それが無用な事故を誘発するなら大問題だ。

しかも市場に出回ってしまっている以上、そのクルマを売っているメーカーには、そのデザインに疑問を持って歯止めをかけられる人間が居ないという結論になる。

上記の質問。答えは、Bだ。
以下、カタログより。
02

私はターン・シグナル・ランプを橙色ではなく白やスモークをかけて目立たなくするのすら嫌派なのだが、今回の例はかなり悪質だと思う。
一見光りそうなところはバックアップ・ライトで、バックアップ・ライト風のところがターン・シグナル・ランプだ。
キャッツアイを車両の下に配置することは距離感をつかませる上で重要なことだが、それが上になって、走行中ストップ・ランプの次に重要と思われるターン・シグナル・ランプを下に持って来る意図がわからない。
視認性を高めたリヤランプとは、一体どこのことを言うのだろう?

保安基準上、問題ないとしても、メーカーの安全に対する意識の低さが解かるというものだ。

|

« ギリギリ駐車 | トップページ | ピンチ!業務スーパー »

コメント

> ターン・シグナル・ランプを下に持って来る意図がわからない。

こういった灯火配置、EU・・・特にUK流儀とでも呼べばよいのでしょうか。大変違和感は感じますが、視認性自体には有意な差は無いのかなと。
軽では1Boxのホンダ・ダイハツ、トラックはほぼ全ての車種が、バンパーライン付近のコンビネーションランプにしていますね。

昔、評論家の三本氏が同様なRoverの灯火配置を嫌っておられたのを思い出します。

投稿: Assume | 2008/01/31 14:44

コメントありがとうございます。
ローバー系の灯火配置は、バンパー高さがあの程度あれば許されると思うのですが、パジェロミニの場合はもともと灯火があった場所を無視してデザインの差異を出すだけが目的で位置を変えたことが許せません。
スペアタイヤ配置によってバンパー高さが低いので、なおさらです。

投稿: くるまこのみ | 2008/03/01 23:35

>パジェロミニの場合はもともと灯火があった場所を無視してデザインの差異を出すだけが目的で位置を変えたことが許せません。

デザインの変更じゃなくて、保安基準が変わったからバンパーにブレーキランプを移動してますよ。
スペアタイヤが右よりに設置してるのが原因で左右45度(?)から見て両側のブレーキランプが見えないとダメになったらしいです。

投稿: 名無し | 2008/03/27 00:24

ご指摘の件、調べてみました。

http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokubetten/saibet_094_00.pdf

確かに、記事中リンク写真を見ても解かるとおり、左斜め45度から尾灯は確認できません。
三菱にとっては、苦肉の策であったわけですね。

当方の勉強不足でした。

投稿: くるまこのみ | 2008/03/27 14:17

他にも日産サファリの最終型なども同じように今までのランプの部分は思いっきりダミー&バンパーにランプを増設という不自然なライト配置になってしまっていました。
しかし三菱さんの様にこんなに堂々と説明はしてませんでしたけど・・・(笑)

投稿: | 2008/06/15 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここで問題です:

« ギリギリ駐車 | トップページ | ピンチ!業務スーパー »