« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

Judgment Day

報道発表資料:ナンバープレートカバー付きナンバープレートの視認性実験について - 国土交通省:

6月4日に、埼玉県熊谷市にある交通安全環境研究所自動車試験場で、ナンバープレート・カバーの視認性実験が行われる。
そんなことやるまでもないと思うが。

それにどうせ禁止で法制化するなら、数字面を覆うもの(透明も)NGとしてしまえばいいのに。

世界中でこんなアホなもん売ってるのは、多分日本だけだろう‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたのトミカが‥

【コマツ】トミカの売り上げの一部を地雷除去支援のために寄付 | AUTO GALLERY NET : ニュース - 車情報サイト:

【コマツ】トミカの売り上げの一部を地雷除去支援のために寄付 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

KOMATSU : 「コマツ対人地雷除去機D85MS」がミニカーの「トミカ」にラインアップ:

2008052818173006154


トミカは、うちの子供達も大好きなブランドだ。
ハイパーレスキューシリーズにはまっているのは以前も書いたような気がする。

そんなトミカに、対人地雷除去機がラインナップされるという。
今までも働くクルマはラインナップされていたが、ミニチュア・カーで対人地雷除去機なんかをラインナップしたのは間違いなく世界初だろう。

将来は、コレクターズ・アイテム間違いなし?

寄付ももちろん意義のあることだが、対人地雷って何ぞや?という子供心の疑問が、将来の世界平和のための大きな一歩となるような気はする。

うちでも1つ、買いますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おかしなカウント

セットアップ件数:ORSE|財団法人道路システム高度化推進機構:

リンク先の"http://www.orse.or.jp/news/setup/wnews_080501.pdf"後ろの日付をずらせば、過去に遡れる‥。

ETCセットアップ累計が2300万件を突破 | Response.:

この数はセットアップ累計であって、路上を走っているETC装着車の実数ではない。

カウントだけなら、うちの端末も2回している(w

ETC普及を見せ付けるための数値だろが、嘘はやめて欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水道工事

家の混合水栓の調子が悪くなった。
最初はレバーがキーキー音がする程度だったのが、完全なお湯側あるいは水側ではきちんと栓が閉まらなくなり、ぽたぽたと水漏れするようになってしまった。

マンションの説明書集にあった取扱説明書を見ると、混合水栓の要の部分(カートリッジ)が原因とにらんで、補修部品を買ってきて自分で取り替えた。

最初は工具が合わず、断念。
翌日ウォーター・プライヤーを購入し、再挑戦。

安物だったせいか、プライヤーの要のカシメが弱くうまく要が止まらない。
要の部分をまし締めして、何とか部品の取り外しに成功した。

カートリッジの交換で、水漏れの症状は治まった。
要領さえつかめば、ものの5分の作業である。
こんなことでも外に頼むと、5000円以上は取られるらしい。

新婚時にウォシュレットを購入し自分でつけてから、水道工事は自分でするようになった。
もっとも、水道管を切ったりは出来ないが。
腕に覚えのある人は、あるいは切羽詰っていない人は、自分でやってみるのもいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なまらおかしい

スミルノフ教授公式ウェッブサイト:

ネットサーフィン中にたまたま見つけたのがこのサイト。

各記事でもなかなか笑えるが、北海道人には笑えて笑えないのがここ
北海道弁講座・手術室版といったところか?

ディティールが伝わるだけに、手術室での多用は避けて欲しいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰がネコに鈴をつけるか?

自交総連のホームページ:タクシー減車による地球温暖化防止への貢献

当たり前といえば当たり前の結果が出た。

かつて訪れたベトナムでは、観光地のタクシー乗り場の運転手たちは、実際に客を乗せていない時には、一台分車を動かすのに自分で車を押していた。
もちろん危険を伴うから日本でもやれという気はないが、客待ちタクシーの無頓着さには呆れてしまう。
石油系燃料値上げに伴う料金値上げだって、もっと努力するべきところはあるのではなかろうか。

たとえば客待ちのあいだはエンジン切っておくとかね。

今回の統計は、走行距離で効果を試算しているが、客待ちのアイドリングをやめるだけでいったいどれだけの二酸化炭素を削減できるだろう?
その辺の試算もして欲しいものだ。

そういう状況を見ていると、まだ日本は切迫していないのだなぁ‥とつくづく思う。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

着々と実用に

日本SGIが国営公園でセグウェイの実証実験を開始|日本SGI株式会社:

日本SGI、セグウェイの実証実験を開始 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

昨年、国際ロボット展に行った際に、気になったのが日本SGIのブース。
ここは主に3Dシュミレーションソフトを扱う商社だが、セグウェイの日本代理店もしている。

セグウェイといえば、人が立って乗るタイプが良く知られているが、工業用途のプラットフォームも販売されている。

Rmp400


これなんか、4輪での走行だ。
オリジナルモデルとは、似ても似つかぬ形。
それでも、体重移動で動作を決定するという基本は変わらないのだろう。
プログラムして荷物の搬送などという用途をこなす。

セグウェイの一般用は、日本では法律の壁に阻まれ普及の見通しは立たないが、警備やゴルフ場など限られた空間での高速移動用用途に、意外な需要はあありそうな気はする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車の待ち方

今の通勤は電車。

たくさんの人と接するのだからいろいろ気になることもあるが、大きな害を及ぼさないことは気にしないことにしている。
いちいち気にしていたら、それだけで神経が持たない‥。

で、はけ口はここになってしまうのかもしれないが、ホームでの電車の待ち方編。

乗車口付近にマーキングがしてあって、整列乗車がマナーとなっている。
これはいい。
まだ人の身動きが取れる状態であれば、後から乗りたい人はホームの端で待つのもまだいいだろう。

一つ許せないが、誰もいないのに乗車マーキングから人にして三人目くらいに待っている人だ。
後から並ぶのに、その人は後から乗りたいのか先に乗りたいのか判別がつかない。
前に並ぶのもマナー違反に思えるし、後から乗る気なら後ろに並ぶのも悪いような気がする。

人それぞれだから、ホーム端に立つのに恐怖心や抵抗がある人もいるだろう。
ただ、外観からではそういう状態は判別がつかないので、立ち位置で明確に示して欲しいと思う今日この頃である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

原材料高騰の影響2

昨日は気がついたことだけ書いたが‥。

内容量削減で原価的なもとは取っているはずなのに、市場価格が上がったままなのは何でだろう?

原価で2割上がって、2割の内容量削減。こっちはほぼチャラ。

商品の儲けは、通常販売価格の4割程度。
ディスカウントショップや特売は、この分から更に削って販売価格を決める。
特売などでは、原価割れだってあるが。

以前のディスカウントショップでは100円前後の値段。
これが原価ギリギリだったとして、これに流通コストや燃料費とか細かくあるだろうから、そこが上がったとしても、現在の実勢価格は高すぎないだろうか?

原価高騰に便乗して値上げできるときに値上げして、今まで元取れなかった分を回収しているという事だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原材料高騰の影響

やっとカレーを作ることが出来た。

いつもルーは、安く売られている手ごろなハウスこくまろカレーS&B とろけるカレーグリコ2段熟カレーを使っている。

作っていて気付いたのだが、何れも最近内容量が減って、10皿分が8皿分になっている。
カレーすら庶民の味から遠のいてゆくのね‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当はメーカーが考えなければならないこと

株式会社ジーエム:Comfortclip

ジーエム、自動車後部座席用シートベルトクリップ「コンフォートクリップ」発売|GAZOO.com:

シートベルトを最適な位置に調整する『Comfortclip』-ジーエム 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

シートベルトの装着感と、機能を両立させるのは非常に困難だ。
それでも前席はアジャスターで上下が容易になっているが、6月より義務化される後席は(特にミニバン系は)とりあえず着いているだけというものが多い。

その装着間を向上させ、なおかつ機能を損なわないというのがこの製品。

後席も義務化で後ろに座る人もシートベルトから逃げられなくなったわけで、これからは当然後席シートベルトの装着感も問われることになるだろう。
その場合、こういった製品がOKなのかNGなのか、司法の判断が問われるわけだが、多分タクシー運転手が多用するテンション避けの洗濯バサミがOKだから問題ないんだろう‥。

でも、前席の場合はいざというときプリテンショナーで洗濯バサミなんてぶっとばすだろうからOKだが、後席にはそんなものは無い。
そういう意味では、効果は怪しいだろう(この製品の場合は、ベルトのテンションは維持されるので機能的にはOK)

それでも、していないよりは間違いなくいいだろうから、どうしても気になる人は使用をお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コモンズの悲劇

コモンズの悲劇という言葉を初めて聞いた。

要約すると、オープンアクセスの共有地においてみなが最大限の利益を得ようという行動を起こすと、最後に資源は使い尽くされて共倒れしてしまうということ。

一般的には農業や漁業などに当てはめて例えられることが多いようだが、どこかにも似たような事例があったなぁ‥と思い立った。

たとえば、日本における自動車市場なんかどうだろう?

自動車市場は、限られたパイ。
少しでも多くの利益を得ようとして、各社大量の新型車を導入する。
すると消費者は疲弊し、需要は枯渇して、メーカーは共倒れ‥。
それこそ現在の日本の自動車市場ではなかろうか?

そして市場を食い尽くすきっかけを作ったのは誰なのか、自ずと答えは出て来るのである。

日本以外の自動車市場でも、いずれは同じ結果になる。

それに気付かず、最大限の利益を求めて最後のひと欠けまでパイを食い尽くそうとしている奴がいる。
クルマは作れても、社会事象は学んでいない奴が‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これもコラボ?

JT Roots:奏さん編

同じく坂口憲二がCMに出演するエアウェイブがCM中に登場。
これもある意味コラボなのか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

粉ミルクの革命か

3人目の子供が生まれて、病院でもらったのが、このキューブタイプの粉(?)ミルクだった。
基本は母乳なのであまり登場の機会は無いが、嫁さんの外出時に使ってみたらなんとも使いやすく驚いた。

とにかく計量が楽。
スティックタイプのミルクは従来からあるが、量の調節が難しい。
その欠点を、完全に払拭している。

キューブタイプなので溶けにくいかと思ったがそういうことも無い。
お湯にさっと溶けてくれる。

なかなか優れものである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

水素燃料は使い物になるか?5

行政・団体 -日刊自動車新聞-:水素・燃料電池実証プロジェクト、FCVへの効率的水素充てん技術開発へ

最初に記事を書いたのは3年半前
このとき挙げた問題点は、3年半たってもひとつとして解決していない。

そんな牛歩のごとき歩みを続ける水素燃料の実用化。
まだこんな段階なのか?というお話。

各社ごと燃料タンクの耐圧性能に差があれば、入れる側で調整しなければならない道理だ。

確立しなければならない技術にもかかわらず、今になってやっとというのがこのプロジェクトの適当さを物語っているように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンク機構

リンク機構シミュレータ

リンク機構は、回転運動をリンクと呼ばれる棒などの組み合わせで、様々な方向の動きに変える。
クルマでは、主にサスペンションに使用されている。

これをシュミレートできるのがリンク先のソフト。
教育用なので単純な動きしか対応出来ず精度も悪いが、仕組みを知るには充分役割を果たしてくれる。
それにモデルの保存や、ムービーまで作成できる優れものである。

自分のクルマのサスペンションを再現してみる方、いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切り札になるか?

ガソリン 3年分…クライスラーのインセンティブ | Response.:

眼の付け所はいいが、継続できるのか微妙なインセンティブ(実質的な値引き)。

原油価格の上限が見えない現在、日本国内でも各社が追従するかもしれない。
特に会員数が日本一のTあたりが‥。

> アメリカの平均的ドライバーが運転する年間1万2000マイルを想定し、
> 総距離3万6000マイルまでがカバーされるという。

これを日本に置き換えれば、年間1万キロ合計3万キロというところか。
記事中に指摘されている全てのガソリンスタンドで使えるのかと同時に、給油時に走行距離がカウントできるかという単純な疑問も湧く。

日本国内では、オプションウン万円分という形が多いが、注目を浴びそうな試みではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜はカレーということで‥

「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』 | WIRED VISION:

カレーほどハズレが無い料理も珍しいが、それは日本人に共通した「カレーライス」のイメージがあるからだろう。
それに沿って作られる限り、よほどおかしなものは出来ない。
醤油を入れようが、和風出汁で溶こうが、それは日本式カレーだ。

ハウス食品工業が中国でカレールーを売り出した話をWBSでいつだかやっていたが、パッケージのレシピどおりに現地の人が作った食べ物は、日本式カレーとは似ても似つかぬものだった(見た目では味は判らないが)
過去に台湾で食べた日式カレーも、ご多分に漏れずただの変なソースがけご飯だった。

日本式カレーのベンチマークが体に作られてしまうと、一種の麻薬のように禁断症状が出てしまうのはうすうす感ずいていたが、それは日本人だからと言う訳ではないのね。

だから今夜はカレーにしようか‥と思ったけど、実は今日は出勤日でカレーを作る時間は無いのであった orz

| | コメント (0) | トラックバック (1)

全国化は何時?

高齢者にやさしい信号機の愛称募集中! :警視庁:

【警視庁】青信号の残り時間が見える、高齢者にやさしい信号機の愛称を募集 | AUTO GALLERY NET : ニュース - 車情報サイト:

【警視庁】青信号の残り時間が見える、高齢者にやさしい信号機の愛称を募集 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

警視庁管轄で、新型の歩行者用信号機との話題。
今までは別体で設置されていた待ち時間表示が、本体に内蔵されたもの。
LED化と同時に行えば、ほとんどコストアップ無しで設置できるのが強みだろうが、反面残時間表示が小さすぎて肝心の高齢者が判読できないような気もするが如何なものか。
LED信号はコントラストがはっきりしているため、判読がラクという判断なのかもしれない。

愛称募集は、どちらかというと新型信号の認知度を上げるための活動だと思うが、あまりに地味なため、こちらも効果があるのかどうか。

まあ、いずれは全国標準になるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遭いたくない事故2

オープンカー、ガードレールくぐり抜けて路外へ転落 | Response.:

オープンカー、ガードレールくぐり抜けて路外へ転落 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

関連でこんなの見つけました‥。


頭部強打ということで、おそらく倒れこんだAピラーに頭が当たってシートのほうに潜り込んだのだろう。

オープンカーのAピラーは、横転時の安全を考慮して相当強化してあるはずだが、今回のように潜り込むような方向の力には弱いのかもしれない。
ドアの外坂が剥がれているのは、ドアをこじ開けようとしたら樹脂の外坂だけ剥がれてきたのかも?

いずれにせよ、オープンカーに乗っているというシチュエーションでは勘弁願いたい事故である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人参

人参が嫌いという子供も多いが、それは調理方法の問題ではないかと時々考える。

人参は油と相性がいいと言われる。
故に、火の通りから考えても炒め物では肉の次、野菜では最初に入れるようにしている。

牛スジカレーでは、肉を煮ている中に最初に投入するのが人参だ。
最終的な味も、人参の味がカレーになじめば出来上がりとしている。
そうしないと、人参の生くささだけが前面に出てしまい、とても美味しくない‥。

料理の際意識してやってみると、ちょっと味が変わってくると思う。
騙されたと思ってお験しを?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラッシュアップされたローテク

バンドー化学株式会社 - 新着情報: 平ベルト駆動システム「HFDシステム」を販売開始

画期的な平ベルト駆動システム…バンドー化学が開発 | Response.:

ベルト駆動の基本であるが、欠点をカバーし切れなかった平ベルト駆動が、新たな発想の元復活というニュース。

元来基本性能を高めるために発展した他方式に置き去りにされていた技術が、長所を伸ばすという発想で復活しようとしている。
高トルクを伝えようとすると幅が広くなるのはやむをえないようだが、設置場所に問題がなければ用途もあろう。

これからは発想の転換で、歴史に埋もれたローテクが復活してくるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »