« 書き込みが重たくない? | トップページ | 横浜線100周年 »

ビートルが消える日

Leftlane - news, reviews, and info for the auto-industry:Mexico City getting rid of VW Beetles:

 VWビートルは、ナチスドイツの奨励によって生まれたkdfをベースに最終的には2003年までなんと65年間に渡って生産された乗用車である。

 今後内燃機関を搭載した乗り物でこの生産期間の記録を破るのは、1958年から販売されているホンダのスーパーカブしかないだろう(あと15年生産されればの話だが)

 さて、メキシコ連邦区政府は1500ドルの奨励金を元にタクシーとして使用されているビートルの一掃を図りたい模様である。

 タクシー・ドライバーだけで15,000人も就労人口がいるというのも驚きだが、ビートルに置き換われるクルマがあるのかというのも大いなる疑問ではある。

 タクシー用のクルマというのは、日本でもそうだが部品流用が前提でロング・ライフのモデルが多い。
 日産のクルーは1993年生まれ、セドリック営業車に至っては、1987年生まれということで、なんと20年以上のロング・セラーとなっている。

 ビートルのサイズで代用に耐えうる耐久性を持ったクルマ‥って、あるのだろうか?

|

« 書き込みが重たくない? | トップページ | 横浜線100周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルが消える日:

« 書き込みが重たくない? | トップページ | 横浜線100周年 »