« あけましておめでとうございます | トップページ | トラバント・マニア »

女王陛下のエコ対策

The Queen's Bentleys go biodiesel - AutoblogGreen:
Queen_bentley

英国エリザベス2世女王陛下の公用車ベントレーが、エタノールをベースとしたバイオ・フューエルに切り替えるという(配合率不明‥)
タイトルはバイオ・ディーゼルとなっているが、中身は「アルコール燃料に切り替える」だった。

論評の最後に、もっと小型の車に代えたほうがよほどいいとあるが、全くその通りかと。
しかし複数の国の女王という立場では、威厳のためにも大きなクルマに乗っているのは止むを得ないかとも思う。

ところで日本の皇室にはまだこういった動きは無いようだが、センチュリーロイヤルはこのようなアップデートができるのだろうか?
E10くらいまでなら何もしなくても良さそうだけど、何より信頼性が保証されなければやらないだろうな‥。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | トラバント・マニア »

コメント

サイズ的にこれ以上小さくすると、テロ対策がやりにくいんでしょう。
なんせあっちこっちで恨まれて、「アラビアのロレンス」以降中東を弄んでましたから、狙われる相手には事欠きませんから(笑)
ただ、今回のアルコール燃料に変更ってのは、北海油田を持っている国としてどうかなぁと。
燃やせる石油があるのに、食べられる小麦かトウモロコシを燃やして車を走らせるって、ある意味贅沢な話しではないかと。

投稿: フックランナー | 2009/01/07 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/43609331

この記事へのトラックバック一覧です: 女王陛下のエコ対策:

« あけましておめでとうございます | トップページ | トラバント・マニア »