« 空を飛ぶクルマ‥それはクルマなのか? | トップページ | ナノの値段が下がった »

市町村合併の弊害

今後住むかもしれない町に行ってきた。
会社都合で転居時期が早まりそうな気配もあり、家族引き連れての旅行だ。

その町は、平成の大合併で町が合併して市になったところである。
そのため、この市には中核となる街がない。

人口規模から一応市庁舎は立てられているのだが、その周辺も歴史のある「市」としての面影が無い。
つまり、中心街といった公共施設、金融、商店、いずれもが何か物足りないような気がするのだ。

これらが形成されるには、10年単位の時間がかかるだろう。
しかし人口も旧町村区分に分散し、また少子高齢化が続いている状況では、それも叶わないのではなかろうか。

もう少し早く‥バブル期ぐらいに‥何とかしていたら、こんな状況は生まれなかったのではなかろうか。

|

« 空を飛ぶクルマ‥それはクルマなのか? | トップページ | ナノの値段が下がった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61356/44447747

この記事へのトラックバック一覧です: 市町村合併の弊害:

« 空を飛ぶクルマ‥それはクルマなのか? | トップページ | ナノの値段が下がった »