« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

ナノの強気1

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:REPORT: Tata may add diesel engine and three-door version to the Nano:

受注も好調なタタ社のナノ。
ナノのバリエーションとしてディーゼル・エンジンと3ドアモデルを追加するという。

‥バリエーションが結局大事‥日本でも価格オンリーで売り出したが泣かず飛ばずで、結局豪華仕様を出しててこ入れしたクルマがあったっけ‥。

勢いは違うけど、魅力を持ち続けるためには絶え間ない努力が必要と言うことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハナマサを食った業務スーパー

神戸物産/子会社2社設立、ハナマサの子会社から食肉加工事業を譲受 - 流通ニュース:

一時は関東への大規模出店でその存在を示したハナマサだったが、急激に店舗を縮小。

あれっ?と思っていたが、食品製造、食肉加工事業を扱う子会社を業務スーパーに買われてしまった。

業務スーパーで、生肉を扱うようになるということか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何でこんなに時間がかかる?

行政・団体 -日刊自動車新聞-:国土交通省、ナンバープレートカバーの装着全面禁止へ

何年間検討を続けてるんだか、やっとでた結論は当然かつ当たり前のもの。

これぞお役所仕事‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リコールの原因は‥

Safercar.gov:Recall Results : ODI - Office of Defects Investigation:

Autoblog — We Obsessively Cover The Auto Industry:Hyundai recalling over 91,000 Sonata sedans due to... sharp chrome door handles?!:

クルマの内外装は、様々な規制に沿って作られている。
昔のクルマにはトグル・スイッチなんかが平気で使われていたが、衝突時の安全性が問題になるため淘汰された。
T406k01p2

今回は、室内のドア・レギュレーター・ハンドルが問題になった。
ハンドルのメッキ面が薄すぎて容易に剥がれ、剥がれたメッキのフチで指を怪我するというものだ。

‥日ごろから品質管理は手を抜かずしっかりやっておこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

老兵は死なず、消え去りもしない

Boeing: Boeing B-52 With Combat Network Communications Upgrade Makes 1st Flight:

ボーイング社のB52は、初飛行から50年を超える戦略爆撃機。

これを、最新のCombat Network Communications Technology (CONECT)を搭載した1号機がロールアウトしたという。

‥一番新しい機体でも40歳以上。

耐久消費財としては、ものすごい延命だと思う。
1964年製のクルマって、そうは見かけるものだろうか?

それだけ大事にされているということか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フェラーリのハイブリッド特許

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:Ferrari files patents for all-wheel drive hybrid!:

フェラーリが、複数の総輪駆動ハイブリッド車の特許を持っているという話。

まあ、どこのメーカーも色々な特許を持っているだろし、考え付いた順でとりあえず特許をとっておこうというのも世の流れ。

私も、今いる部署の特許推進委員だかに選ばれてるけど、会社の将来の利益を優先するならそれ専用の部署を設けて一刻一秒でも早くそれを出願する態勢をとるべきだと思うのだが。
ベルとイライシャ・グレイの電話特許の例もあるのだから。

片手間に係長クラスにやらせてたんじゃ、日常の業務に忙殺されて出願が遅れました‥なんて事態は目に見えているだろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダの直噴ロータリー・エンジン

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:Is the next Mazda Renesis rotary set to get direct-injection?:

次期ロータリー・エンジンが、直噴化?という話。

逆に今さら特許?という感じがしないでもないが、マツダ以外の会社がロータリー・エンジンを作っていない以上、マツダ以外の人が特許を持っていたところで金にならない‥という事情もあろうが。

冷却面でもガソリンが必要な構造のロータリーでは、空燃比が低い状況ではあれこらやばそうな気もするし、本当に実用化するかは?だと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

意図せぬイメチェン

会社帰りに暇だったので、携帯からブログを操作していた。

携帯用のスキン・チェンジだと思って実行したら、本体が変わっていた(-_-;

3年くらい続いていたトップ・ページの意図せぬイメージ・チェンジとなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPSが使用できなくなる!?

Autoblog — We Obsessively Cover The Auto Industry:Gov't warns GPS system could begin to fail in 2010:

十数年前は007の最高機密ネタだったがいまやすっかり日常と化したGPS。
それが来年から、衛星の落下によりシステムが使用できなくなる可能性があるという‥。

代わりの衛星を打ち上げるとかそういう話はないようだが、本来別目的の為に用意されたインフラを借りているだけのシステムにもかかわらず、ここまで日常に入り込んでしまった以上利益を感受している民間でこれを補うのが筋なのではなかろうか?と言う気もする。

最終的には、GPS機器につき1台何円とかそういった話に最終的になってゆくのではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

齢30歳

Autoblog — We Obsessively Cover The Auto Industry:Oye Como Va! After nearly 30-year Chinese run, VW's Quantum Santana to expire in 2012?:

フォルクスワーゲン・サンタナと言えば、本国では不本意な販売に終わり、日本では日産がCKD生産していた車種。

それが中国では生産が続き、もうすぐ30年を迎えようかというそうな。

総生産数320万台。
今でも年間6万台弱の生産数。
ピンポイントで、中国市場にマッチしたということか。

開発者はけしてそんな結果は意図していなかったろうけど‥。
これが第一線で売れ続けるということは、中国車の性能は、欧米(日)の30年前のレベルということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お先真っ暗

最近疲れている。

なぜ疲れるかというと、仕事のモチベーションが上がらないからだ。

何故かというと、目標が今ひとつはっきりしない仕事ばかりだからだ。
「やるかもしれないからやっておいてくれ」そんな案件ばかり。

パワー出してやった結果が「いや実は情勢が変わったんで」ばかりでは、そのたびにやる気がそがれてしまう。

多少忙しくてもかまわないから目標をはっきりしてくれと言いたい物だが、目標をはっきり出来ないところが今のうちの会社である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れ去られたハッチバック・ベスト10

Top 10 Forgotten Hatchbacks:Autoblog — We Obsessively Cover The Auto Industry:

‥表題の記事。
忘れ去られたという割には、結構思い出せるところが、ベスト10のミソか?

本当に忘れられたなら、思い出すことが出来ないはず(w

コルディア、レオーネ・クーペの2台が日本車で挙げられている。
もう一台は三菱ブランドだけど、現代のポニーだから日本車にはカウントしないでおこう。

北米で売られたという前提を外せば、もっとマイナーなクルマも出てくるだろう。

日本に限定したら?
筆頭はアプローズかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロックしましょう

昔のホンダ車には、ドアロック・ノブのところに「ロックしましょう」と書かれたステッカーが貼ってあった。

今のドアロックは、アウター・ハンドルとレギュレーター・ノブによる解錠が出来ないようにするためのものので、半ドアの状態でも事故時にドアが勝手に開くことはない。

それでもあえて書いてあったと言うことは、書かなければいけない事情があったのだろうか?
子供のイタズラ防止のチャイルド・プロテクションが装備される前の、親切だったのか?
でも、助手席のドアには、今もチャイルド・プロテクションは設定されていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格始動

aiインターナショナル、格安レンタカー事業に参入|GAZOO.com:

5月16日から営業開始という割には、ネット検索しても何もでてこないが?

中古車を利用したレンタカーは、以前にも採りあげた
が、あくまでマイナーなもの。

今回は、中古車買取のガリバーが参入。
来年末には300店を目指すというからすごい。

後は料金がどのくらい差がついているかだが、資料がそろってからの議論か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経営者の素質

うちの会社。

1200人の現場の人間を生かすために、200人の技術職の人間に死ねと宣言する模様。
通常残業目一杯で半年はかかる業務を、2ヶ月間で、残業無しでこなせと。

それを言えるのが、有能な経営者らしい。
冬のボーナスははずんで貰わないと、割に合わん。
もっとも、それまで命があればの話だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私も知りませんでした

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:Who knew? May is National EcoDriving Month:

Alliance of Automobile Manufacturers は、北米の自動車販売者連合?みたいなものらしい。
日本からは3社が参加している。

5月はそこが提唱している全国(北米?)エコドライブ月間?にあたるのだそうな。

ところがAlliance of Automobile ManufacturersのHPにはそれが書いていない‥。

やる気があるんだか無いんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲み水かクルマか?

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:50 gallons per mile?!? That's the water cost of corn-based ethanol:

コーン・ベースのバイオ・エタノール燃料を使った場合に、1マイル走るごとに50ガロン=190Lの水が消費される‥という話。

使った水が消えてなくなるわけではないが、計算するとこうなるということ。
「食料かクルマか?」ではなく「飲み水かクルマか?」と言い換えるべきと語っている。
つまり、アルコールの生産効率としては澱粉質が多いコーンのほうがいいのだろうが、リスクが大きすぎるということ。

その上で、それでもバイオ燃料の生きる道は、本来捨てられるはずだったものを利用するバイオ・ディーゼル燃料しかなかろうという結論。
日本では、廃材パルプを利用したバイオ・エタノールの開発も進んでいるから、これなら生き残れるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じモチーフ

800pxford_fiesta_mk7_2008_trend_rea
上は7代目フォードフィエスタ。

Img02
こっちは、5代目スズキセルボ。

同じベースデザイン‥だよなぁ‥。

タイミング的には、フォードのほうが後になるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェーパー・フリー・ガス・ノズル

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:CA gas stations could get reprieve in vapor-free new nozzle fight:

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:Half of California gas stations could be forced to close for failing to install new nozzles:

世界一自動車の排出ガスに神経質な米国カルフォルニア州では、来年4月までにガソリンスタンドの給油ノズルを、ガソリン気化ガスが外に漏れない構造のものに改めなければいけないという。
その根拠は、日当たり45000台相当に匹敵するスモッグ発生源となるからという。

その対策の為にポンプ1台あたり11000ドル=110万円くらい?のコストをかけなければならないため、スタンド側は導入したくても導入できないという事態が生じているらしい。

期限が間近に迫っているため、導入のための基金を設立するとか。

ノズルの概観は、二つ目のリンク先にある。
日本でもいずれ導入されるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロスト・テクノロジー‥いずれはオーパーツ?

Autoblog — We Obsessively Cover The Auto Industry:Top Ten features vanishing from modern-day automobiles:

Crank_window

最近のクルマで、失われたモノのベスト・テンとな。
写真のウィンドゥ・レギュレーター・ノブ(クランク)は、ホントなくなっちゃったよなぁ‥。

キーと灰皿、シガー・ライターは、まさしく今が移行期。
スチール・ホイールは、キャップは樹脂になっちゃったという意味か。
リーディング・トレーリング式のドラム・ブレーキは、まだ無くなってないだろ!?

個人的には、筆頭はチョーク・ノブ(レバー)のような気もするけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

メルセデスベンツの野望

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:Mercedes-Benz plans to have stop/start on all engines by 2011:

こっちは消極的な方。
Eクラスのターボ・ディーゼル・モデルにアイドリングをストップするシステムを取り付けるというもの。

で、こっちは積極的なほう。
Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:Mercedes-Benz plans to drop drag below .20 Cd within 5 years:

cd値(空気抵抗係数(抗力係数))を下げることを目標にしているのではなかろうかという話。

cdが0.3を切るようになったのが20年ほど前。
0.25は10年前くらいだから、10年で0.5ずつ下がっている計算になる??

まあ、どんなに頑張ってもcd値は"0"にはならないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »