« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

新赤旗法・それなら自転車はどうなる?

HV車に疑似エンジン音を付与 ココログニュース:@nifty:

高齋正氏の小説、パリ~北京ラリーの華では、最後に2台だけ完走するダイハツ・アプローズEVがあまりに静か過ぎるので北京の町をホーンを鳴らしながら走行すると言う描写があった。

この作品が発表されたのが今から20年前。
それは現実となった。
この事態を予言していた貴重な資料といえるかもしれない。

ただ思うに、静かなことが問題になるなら、自転車による事故の問題に具体的な解決策が見出せない今、擬似走行音や警告音を付与すると言う結論になるべきではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい気味?

WorldCarFans:Dodge Viper Car Crash Video:

高速道路などを走っていて、傍若無人に追い越しをかけてゆく奴に腹が立った思いはないだろうか?

そういう時は、このビデオを見て気を紛らわせて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今風な事故風景

Not good: Tesla Roadster, Toyota Prius and VW Touareg meet with disastrous results — Autoblog Green:

Tesla_crash620

今話題の3台が絡む事故風景。

EV、HV、ガソリンそれぞれの安全性が実証された!?奇跡の風景かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ

不整脈が出たその日、熱っぽかった次男が39度を超える高熱に。
夜間の小児救急センターに向かった。

ちなみにこのショックで、不整脈は治ってしまった。

連休最終日とあって?救急センターは大混雑。
3時間以上待って診察を受けたが、インフルの疑いはあるもののまだ抗体反応は出ないだろうと言う判断で、対処療法薬をもらって帰宅。

翌日行きつけの小児科に行ったが、こちらも大混雑で朝開院後すぐに行ったにもかかわらず診察を受けられたのが午後2時(-_-;

お陰で?しっかり陽性反応が出て、タミフル(ドライシロップ)が処方された。

幸い翌日には熱も下がった。
一度熱がぶり返し焦ったが、風邪の症状と診察され、翌日には熱も下がった。

今日現在、家族には伝染していない。

これだけ濃密に接触していたら、うちの家族は新型用のワクチン打たなくても大丈夫なんではなかろうか‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップ・ホルダーより大事なもの

Survey Says: Fuel economy now more important than cup holders — Autoblog Green:

車を購入する際に、カップ・ホルダーより燃料消費量が重視されていると言う結果が出たと言う。

‥そのくらい今まで、アメリカ人は燃料消費量を気にしてなかったと言うことなのね。

そのくらい着実に、時代は変わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不整脈

朝出勤後、胸が苦しくなった。
脈を取ると、数回に一回の割合で脈が取れなくなる。

まさかと思って診療所に出向き心電図をとったら、見事に心房細動(f波)による不整脈が出ていた。

数年前に同じ症状が出たが、そのときは心電図では捕まえられなかった。
が、今回はバッチリだ。

とりあえず心臓エコー検査では血栓などは見られず、来週予定のホルター心電図検査の結果を待って今後の対応を考えることになった。

まあ、もう無理は出来ない歳と言うことか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

(男なら)誰でもオイル交換したくなる‥

フレンチ・メイドがオイル交換の仕方を教えてくれるビデオ。
基本的にはお色気ビデオなのだが、手順に抜かりなくしっかり教えてくれる!?

日本でも萌え系でやれば、HOW TO ビデオとして市場は大いにあるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーター・ショーでの組合活動

自動車総連は「東京モーターショー」へ出展します:

海外主要メーカー全滅の東京モーター・ショー。
出店企業数もお寒い限りだが、そんな中出店する日本自動車総連

主要各社の中核労働組合の団体だ。
そこが史上初の東京モーター・ショー出展となる。

そのコンセプトは、「親子で手軽にできる工作を通して、自動車の魅力を知ってもらう」
クルマ造りをする人たちがその楽しさを伝えると言うのがその趣旨だ。

労働組合がモーター・ショーに出展すること自体が、世界的には珍しいことなのではないだろうか。

そのくらい切羽詰っているのが日本の自動車業界といえるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原点回帰‥

4年前に、こんな記事を書いた。

C20355a

それに気付いたのが、新型ステップワゴン。

New_stepwgn

気付くのが遅いって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナショナル乾電池で走るスーパーカー

REPORT: Panasonic will supply batteries for the Tesla Model S — Autoblog Green:

Teslamodelslarge620

米国カルフォルニア州にあるテスラ・モーターズ
完全な電気自動車のスーパーカー・ブランドである。

魅力的なスタイルを持ち環境性能に際立った(多分プリウスに乗るようなセレブリティ市場を狙った)モデルは、静かな注目を集めている。

ここがナショナル乾電池を採用する!?と言う噂。

パナソニックEVエナジーは、どっかの会社にハイブリッド用に大量のバッテリーを供給している会社。
廉価に安定したバッテリーを供給するのはお手の物だろう。

あり得ない話ではないのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何色が好きですか?

PPG study says silver continues nine-year reign as most popular auto paint color — Autoblog:

全世界のクルマひっくるめて、一番売れている色は何色と言うお話。
その答えは、シルバー(あるいはグレー系)で、25%だそうな。

かく言う我が家も、今までの3台のクルマのうち2台はシルバー。

記事によると次点は白、そして黒、赤と続く。
グレー系が特に多いのはアジア圏で、全体の34%に及ぶと言う。

日本では昔6割が白といわれた時代もあったが、今はどうなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルの記録

REPORT: Subaru's Lafayette Indiana plant produces three millionth car — Autoblog:

スバルの北米現地生産工場であるSIAが、20年の歳月をかけて30万台の生産を達成したと言うお話。

この工場は当初いすゞとの合弁工場で、提携解消後にスバルの筆頭株主になった会社のクルマを生産する工場として現在に至る。
もちろん本家スバルの車種は、通期で生産されている。

そういう意味では、少し変わった工場と言えるかもしれない。

今後も相互生産が続くのかは興味があるところではあるが、現状では続くのだろうな‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »