« 特別な日 | トップページ | 今さらtwitter »

ガソリンを抜く方法

今日、大役を果してくれたビスタ君から、残ガソリンを抜く作業を行った。
これで彼は、この混乱が一段落するまで休んでもらうことになる。

今のT社のクルマには、燃料タンクのドレン・プラグが設定されていないケースが多い。
ガソリンの質も上がり、水抜き、ごみ取りの必要がなくなったためらしいが、はっきり言ってコストダウンだろう。
ちなみに最もコストに厳しい軽自動車のミラ君にはドレンプラグがあった。
ダイハツにあってT社に無い。
同じグループでも、温度差があるものと感じた。

こうなると、タンク内からサイホンの原理でパイプを使って抜くしかない。
しかしここでも問題が発生する。

たとえタンクまでパイプが開通したとしても、給油口からのパイプが上向きに傾斜しており、最後のところでパイプが上を向いてしまうため、よほど柔軟で先端が重いパイプでなければタンク底に届かない。
つまりタンク底まで燃料を抜くことが出来ないのだ。

廃車にするクルマならいざ知らず、これからも使う大事な車だ。
タンクに穴を開けることなんて出来ない。

結局給油口の反対側をジャッキアップして車を左に傾斜させた上でサイホンの原理を試みるが、燃料残量が多いときならうまく行くのだろうがなかなかうまくいかない。

結局、パイプ途中のところまで吸い込んでパイプを引き抜き、燃料受けにいれると言う作業となってしまった。

そこでも確保できた量は3L程度。
ミラ君なら、50キロは走れる。

それにしてもまだ残っているはずなのになんとも歯がゆい。

P.S.こっちにやり方書きました。ご参考に。

|

« 特別な日 | トップページ | 今さらtwitter »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガソリンを抜く方法:

« 特別な日 | トップページ | 今さらtwitter »