8月2日に産まれて

8月2日の誕生日の知り合いが二人いる。

一人は上海に住みゲームのプロデューサーをしている私の弟。
もう一人は、レモンエンジェルのプロデューサー、朝倉薫こと安達一幸氏(知り合いとは認めない可能性大)だ。

同日を誕生日とする有名人には、劇作家の鴻上尚史、声優の速水奨、歌手の山野さと子、プロレスラーであり、嫁さんの高校の先輩である(笑)飯塚高史、お笑いの友近、T2に出演した俳優のエドワード・ファーロングなどがいる。

だからどうした‥。

いや、劇的な人生の人だけが並んでると言いたかったのだが、結局は母数が大きくなればその度合いは薄まってゆくのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎美子

中学の頃=27年前から宮崎美子さんのファンである。

かつて芸能界に片足突っ込んでいた話は前にも書いたような気がするが、宮崎美子さんには今だ生で会ったことがない。

最接近したのは、友人が宮崎さんの元旦那の下(イースト)でADのバイトをしていたときで、直接の関係ではない。
彼は、宮崎美子名義の電話代を払いに行ったエピソードを持つ。

まあ、今となっては本人に会うのも不可能だろうとは思うが、なにかの機会にはと思い続けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショックだったこと

なんの脈略もなく恐縮だが、今までの人生で結構ショックだったこと。

日本ではネスレ=昔はネッスルのCM。

そのBGMの曲名が、"killing me softly"だったこと。

"kill"が比喩表現だったとしても、日本語の歌だったらあり得なかっただろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"目がテン!"の事情

所さんの目がテン!:

関東地方6月6日放送の所さんの目がテン!は、テーマがガス。

内容的には番組の趣旨にも合いいつもの放送。
しかし、おそらく放送が始まって以来のとんでもない出来事だろう。

理由は単純。
今まで電気事業連合会がスポンサーだったから、ガスの話題はタブーだったのだ。

ある意味記念日に、乾杯?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういうからくり?どういうからくり?

櫻井智が、アイムエンタープライズに正式所属
業務提携ではもちろんなし。
4月1日だから、エイプリル・フールのネタって言うのもなし。

フリーと言う名の裏マネージメントだったのか?

一方こっちは、こんなんなってる
もっとも、トップ・ページだけだけど。

こっちも何か理由があって混乱しているのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議なサウンド・トラック

春休み映画の宣伝が真っ盛りである。

その中で、ディズニーが持ってきたのが、ベッドタイム・ストーリー

テーマとかはまあ置いといて、不思議なのがその音楽。
バック・トゥ・ザ・フューチャーのテーマにしか聞こえない!?

作曲は、ルパート・グレグソン=ウィリアムズとなっており、同じウィリアムズだからいいのかとも思ったが、色々調べると別人のようだし、こんなのあり?と思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辞めて正解?

櫻井智がドラえもんの最新作に、準主役級の役で声をあてている。

エルスタッフを辞めて、実質引退かと思っていたが、そうでもないようだ。

むしろポケモンのシロナのような、地味ながら手堅い役が増えたような!?

今の仕事量じゃ、食べていくのは大変だろうが、地道にやろうとする分にはキャリアも充分だろうから、末永くやっていってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こっちはいただけない話

asahi.com(朝日新聞社):「TAXi」主演 サミー・ナセリ容疑者、男性刺し逮捕 - 国際:

TAXiシリーズも、初回は好きだったがだんだんフェード・アウトして、4作目は観ていない。
それでも今までなかった着想の映画で1・2はなかなか楽しめた。

さて本件。
劇中とプライベートは全く違うというのは当然といえば当然だが、それにしてもいただけないプライベートだ。

残念な話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画を観に行った

久しぶりに映画を観に行った。

真ん中の子(3歳)を連れて行ったのが、トミカヒーロー レスキューフォース爆裂MOVIEだ。

ホントはWALL-Eを観に行きたかったのだが3歳にはきつかろうということと16日で上映終了ということもあって観にいくことのなった。

感想は「なかなか面白かった」。
とくに同時上映の爆走!トミカヒーローグランプリショート・ムービーが、あまりにバカで良かった(w
本編でクルマ・メカの登場があまりないだけに、それをうまく補っている。

圧縮比を上げるとか、ギヤ比を下げるとか、そんな台詞が聞けるとは思わなんだ。

上映期間もあとわずかだが、子供を連れて行く口実で行ってみると、結構いいかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年ぶりに名前を聞いた

芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロック » Blog Archive » ついに“ビンボー作家”から脱却か!? 「朝倉薫」から「安達龍眞」に!! 改名第1弾演出舞台「幕末エンジェル」:

朝倉薫のほうじゃない(ちなみに安達姓は本名)
記事中の櫻井迦將氏のほうだ。

事務所居候時代‥創英新社からレモンエンジェルが切り離され、独立したアイドルとして売り出そうとしていた頃‥九州地区でカラオケボックスだかの経営者で、イベントに呼ばれたことから意気投合し、N社長‥現Nさん‥の名前を京乃子にすればいいとか言う話で京乃子にした人物だ。

私が聞いたのは話だけで、実際に会ったことはない。
この名前で検索かける人物も居るとは思えないが、確かそういう人だったということでネット上に履歴を残しておきたい。
この名前に反応する人間なんて、多分居ないだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)