納期と買い方と購買層と‥値段以外の障害

REPORT: 15% of Tata Nano reservations being cancelled due to slow fill rate — Autoblog:

タタ・ナノの予約者の15%が予約をキャンセル。
まあ、そんなもんだろうとは思っていたけど。

1割5分引きでもすごい販売数には変わりはないので大勢に影響は無かろう。

タタ社の販売戦略が妥当で、インドに馴染んでゆくかどうか。
そこが問題だろう。

変な負の連鎖(供給不足でキャンセル続出→運転資金が捻出できない→倒産)なんてことが起きて、インドの自動車市場がガタガタに→インド市場狙いの各社の戦略ハズレまくり→なんてことになったりしなければ良いのだが‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナノの強気2

Leftlane - news, reviews, and info for the auto-industry:Tata planning to sell Nano city car in U.S.:

$2300のクルマ。
日本円で23万円。

マーケティング・リサーチではけして出ない結果。
国民の所得の幅が大きいインドならではの発想と言えるかも知れない。

今まで私たちは、クルマの価格に対しての固定観念にとらわれすぎていたのかもしれない。
そしてメーカーもいつの間にか市販価格から逆算された使えるお金の量に目がくらんでいたのかもしれない。

全てのクルマ製造に関わる人間が、クルマという固定概念を変えなければいけないときになっているのだろう。

そしてクルマが、真の白物家電化する時代が来るのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナノの強気1

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:REPORT: Tata may add diesel engine and three-door version to the Nano:

受注も好調なタタ社のナノ。
ナノのバリエーションとしてディーゼル・エンジンと3ドアモデルを追加するという。

‥バリエーションが結局大事‥日本でも価格オンリーで売り出したが泣かず飛ばずで、結局豪華仕様を出しててこ入れしたクルマがあったっけ‥。

勢いは違うけど、魅力を持ち続けるためには絶え間ない努力が必要と言うことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナノの値段が下がった

インドに1台19万円の車登場 - 速報:@niftyニュース:

現地価格10万ルピーでの販売を目指しているといわれるタタ社のナノ。
円に対するインドルピー安が響いて、円建ての値段がちょっと前は28万円位だったのが19万円まで落ち込んでいる‥。

海外メーカーから購入する部品は当然高くなるわけで、しかも車両価格は下がり苦しいビジネスが強いられることになりそう。

どうしてこうまですんなり行かせてくれないのか?行けないのか?

やっぱり予想外の破格値が、「市場の神」の逆鱗に触れてしまったのだろうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ予断を許さない

Tata Motors - Media Centre:Tata Motors announces the launch of Tata Nano

タタ ナノの発売日決定…インドから超低価格車 | Response.:

タタ ナノの発売日決定…インドから超低価格車 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

インド・タタ社が、ナノの出荷発表を行った。
今度は本当に何とかなるのだろうか?商品の供給には多分に問題があるようにも思う。

工場が建てられなくて別の建物を探して、そこに設備並べてクルマを作るのってそんなに簡単なことではないような‥。
品質がドーデモよければ別だけど。

暫くは、品質も供給(生産)も安定せず、苦戦するに違いない。
最初にオーダーした人は、いったいいつ手に入れることが出来るのだろう?

初期需要に応えられるか、そしてその評判次第で、世界に類を見ない低価格車の行く末が決まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見切り発車だったのか?

Tata Nano delayed, again, and this time there's no timetable for introduction - AutoblogGreen:
Wallpaper4_580

もう生産の見通しが立たなくなってしまった、インド・タタ社のナノ。

最初の工場が頓挫して、更にこの不景気で、もうどうしようもなくなってしまった模様。

ある意味歴史に残るクルマになった‥のか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

敵は身内?

asahi.com(朝日新聞社):世界最安車「ナノ」生産に暗雲 インド・タタ、工場撤退も - ビジネス:

ナノの最大の敵は、自分の国にいた‥。
地元の政治家が動いているということは、競合他社からの差し金かも?

マルチか、マヒンドラか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)