マツダの直噴ロータリー・エンジン

Autoblog Green — We Obsessively Cover The Green Scene:Is the next Mazda Renesis rotary set to get direct-injection?:

次期ロータリー・エンジンが、直噴化?という話。

逆に今さら特許?という感じがしないでもないが、マツダ以外の会社がロータリー・エンジンを作っていない以上、マツダ以外の人が特許を持っていたところで金にならない‥という事情もあろうが。

冷却面でもガソリンが必要な構造のロータリーでは、空燃比が低い状況ではあれこらやばそうな気もするし、本当に実用化するかは?だと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さらばシベリア鉄道

マツダ、完成車輸送にシベリア鉄道を利用 | Response.:

マツダ、完成車輸送にシベリア鉄道を利用 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

さらばシベリア鉄道といえば、思い出すのは大瀧詠一の楽曲。

今回は"さらば"ではなく、モーダルシフトとしての復権だ。

経済効率を追求してゆくと、鉄道輸送になる。
と、言うことは、やっぱり鉄道輸送が一番効率がよいと認めたということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全てはキティラーのため?

【古野電気】ハローキティの声で案内をするETC車載器を台数限定で発売 | AUTO GALLERY NET : ニュース - 車情報サイト:

【古野電気】ハローキティの声で案内をするETC車載器を台数限定で発売 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

ETCについたハローキティのキャラが、どこまで御威光があるのかはさておいて。

かつて、町田相模原あたりに、フードにでかでかとキティのステッカー、後席にはキティのぬいぐるみいっぱいのRX-7のカブリオレが出没していた。

元祖痛車というところか。

最近見かけないが、彼なら真っ先に購入するのだろうな‥。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

予想はハズレ

マツダ デミオ 新型、発売8か月で10万台を生産 | Response.:

ちょうど1年前にこんな記事を書いたが、予想は大きく外れ売れまくっている新型デミオ

結局、フェスティバの系列ではなくて、かつてのファミリア再来ということだったのかも。

このくらいのサイズは、バランス的に優れたものがあるのかもしれない。

それにしてもファミリア軽いわ。
800kg+アルファじゃ、いまのうちのクルマとたいして変わらないもん‥。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MX-5 ニセコ

Mazda - Mazda MX-5 Niseko:

ロードスター「ニセコ」限定販売…マツダ | Response.:

Mx5_niseko_practicality_hero


北海道ニセコの名前を持つロードスターが誕生。
ただし、UK限定のモデルだ。

マツダは最近、ショー・モデルの日本語名に凝っているから、その延長かもしれない。

日本でも、少数限定で売ればいいのに‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人のせいにする前に

【マツダ デミオ 新型発表】軽量化のためのプラットフォーム | Response.:

【マツダ デミオ 新型発表】軽量化のためのプラットフォーム 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

自動車関係諸税が高いと言われてずいぶんになる。
確かにそうだ。
しかし、だ。

自動車重量税は、自家車の場合、 6300円/0.5トン/年の割合で車検の際に納入する。
最近の小型車は、コンパクトは名ばかりのデブばかりで、1トン超えるのは当たり前。
1トンを超えれば、一度に払うのは3年分だから、18900円だ。

税金が高くなる原因を自分で作っておいて、売れないとか税金が高いとか文句ばっかり言ってるんじゃないって!!

そういう意味で、新しいデミオは偉い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な兆候

【ジュネーブモーターショー07】マツダ 2/デミオ 新型で Zoom-Zoom 2順目に 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

3代目デミオ。
2代目までとは打って変わってスタイリッシュなボディが与えられた。
でも、いやな予感が‥。

デミオの先代とも言えるフォード・フェスティバは、コンパクトなボディに使い勝手に優れるユーティリティ。そしてキャンバス・トップなど欧州車的な雰囲気でロング・セラーとなった。
その2代目はスタイリッシュなボディをまとったが、客は離れていった。
そして実に17年前のコンセプトにさかのぼり、デミオがマツダの救世主として登場する。

‥3代目デミオ。
フェスティバの末路をたどらなければ良いが‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自称900番目の男の弟子

CARMODE NEWS-BLOG: マツダ、4700台が水の泡?:

アクセス解析で、2ch のスレからこのページに来ている人がいたので、リンク元を見に行った。
そしたら、同じ発言中にリンクされていたのが上の記事。

発言の突っ込みの通り、20年前の、しかも噂を断言するのはどうかと‥。
あなた、コメントで飯食ってる人なんでしょ?

さすが自称900番目の男の弟子。
901番目か902番目か‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代的な解決

マツダ、航行不能の運搬船に積載していたクルマの処理方針を発表 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック:

例の傾いた船だが、そろそろ目的地に着いているようだ

修理可能なものは中古車で販売する可能性もあるそうだが、そのフレーム・ナンバーはHP上で公開するとのこと。
先に紹介したフィアットX1/9みたいな都市伝説を生まないためには、賢明な措置だろう。

60度傾いた船の中のクルマのダメージがどのくらいのものか。
そっちのほうが興味あるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自動車運搬船のトラブル

Mazdaニュースリリース

CNN.co.jp : 米アラスカ州沖で自動車運搬船傾く、乗組員を救助 - ビジネス

積荷はMazda3CX7だったと言う。

CX-7は、4月に発売されたばかりの稼ぎ頭。
それが1000台以上お釈迦というのだから、これは痛い。

実際には、納期が遅れる程度で挽回は効くだろうが。

自動車輸送船の事故と言えば、かすかな記憶にあるのはフィアットX1/9の水没騒ぎである。
しかし調べてみるとこれには諸説あり、

1)カリフォルニアのディーラーで在庫車が水没し、それが日本に輸入された
2)輸送中の船が浸水し、海水に浸かったX1/9が乾かしただけで売られた
3)輸送中の船が沈没し、引き上げられたX1/9が乾かしただけで売られた
4)倉庫ごと塩漬けになったものが、日本の中古車販売店で新古車として売られた

‥いずれも水没と言う点で一致。
1)は、海水淡水かの区別が不明。
2)は乾かしただけではさすがに‥水で洗ったくらいでは、テキスタイル類に問題が出るだろうし。
3)の沈没については、船がまっすぐに沈没するとは思えないので、水没以外のダメージも多いだろうし、電気系が真水ならともかく海水なので完全にアウトにあると思われるので、全部品そう取替え‥は、まったく現実的でない。
4)は意味不明。

おそらく1)が一番正確なのではないか。
浸水状況は、ロッカー部(サイドシル部)あたりまでの浸水。
台数は1ディーラー規模であれば、数台程度なのではないか。

それがあることないこと継ぎ足されて、このような結果になったのではないだろうか。

さて今回の荷の状況はまだ不明との事だが、横転に近い状況になっているのでかなりのダメージがあると思われる。
ただけっこうきっちりとワイヤーで固定してあるので、車両の固縛フックの強度次第では外観のダメージは意外とないかもしれない。

さて今回の対象車、どうなることやら‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧